« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月31日 (月)

リスクにあう可能性

明日は博多に移動するということで、今日は早めに帰ってきていろいろと準備しています。ニュースを見ているとかわいそうな事故がありました。プールの吸水口に女の子が吸い込まれたということで、彼女の死のことを思うとほんと人の命ってなんなのと思ってしまいます。
この事故で思い出したのですが、プールの吸水口は、昔から自分もプールで泳いでいて、その近くに来ると妙に怖い感じがしていました。それ以来、できるだけ近づかないようにしていたし、娘とプールに行ったときでも、絶対に近くに行かないようにしていました。おそらく問題がない限り危険ではないと思うのですが、今回のような事故や、昔もこの手の事故があったと思いますが、万が一をどうしても考えてしまうのです。でも、日ごろの生活の中であまり万が一を考えて生活はしないと思います。
人が何らかの事故にあって死んでしまう確率って、おそらく宝くじが当たる確率よりも低いと思います。でも、日常のニュースを見ていると、どこかで誰かが事故や事件に遭遇します。あらかじめリスクを回避するようにできるものもあると思いますが、積極的にリスクばかり回避しようとして生きていたらおそらく、あまり楽しく生きれないかもしれません。プールや海とか山とか行って楽しみたいのは当然です。でも、もしかしたら、行ったがために事故にあうことがないとはいいきれません。結局、最終的には何が起こったにしても運命というしか仕方がないのでしょうか。
自分は車に乗って通勤しています。交通事故を起こすかもしれません。かといって、それをやめて、電車とバスで行ったとしましょう。それでも、事故が起こらないとは限りません。宝塚線で起こった事故を誰が予想したでしょうか。歩いて通勤したとしましょう。それでも、事故に巻き込まれないとは限らないのです。とすると結局、どんなリスクがあったとしても自分がやりたいようにやったほうがいいということになります。なんか今日のような悲しい事故があると、なんともむなしくなり、へんな話を書いてしまいました。

人気blogランキングへ:ここをクリックするとblogランキング上がります。応援よろしく

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年7月30日 (日)

オープンキャンパス

ようやく梅雨もあけ、これから本格的な夏です。でも、最近は、すでに5、6月くらいでも真夏のような時があるので、季節の移り変わりの感覚がなく、温帯というよりは亜熱帯のような感じです。
今日は、朝から大学のオープンキャンパスということで、自分の研究室が、ミニ講義や体験実験の担当だったので大忙しでした。内容としては、知って得する遺伝子の話と実験は最近どこでもやっている家庭にある道具でDNAをとるというものと、悪酔い遺伝子診断です。一挙に40-50人を対象にやったので大変でしたが、初日のオープンキャンパスに午前中から来る高校の生徒さんはかなり志望校として考えている人も多く、やる気満々でした。かなり好評だったようです。その後のラボツアーの説明も目を輝かせて聞いてくれたので、こちらとしてもやりやすかったです。最近のオープンキャンパスで来る生徒さんは、ほとんどが親ときており、親の目からも子供が行きたいと思っている大学のチェックが必要のようです。我々の時とは、時代はほんと変わっています。ある親御さん一人だけに、学部の設備を丁寧に説明したケースもあり、その方は別の大学も昨日みてきたらしく、比較しておりました。こちらのほうが良かったとは言っておりましたが、それは社交辞令だったかもしれません。
今年入ったうちの学生さんも今日はいろいろと手伝ってくれました。うちのゼミの子も二人いて、とてもがんばってくれました。やはり、今年入った彼らの声というものが一番真実味があるので、高校生のほうも彼らが生き生きと自分たちの学部のことを説明しているのを見れば、この学部の良さというものを直接感じてくれるでしょう。我々の言葉よりもはるかに言葉に重みがあるようです。まだ、9月にむけて4日あるので、これからが本番です。

中日強いですね。巨人は当分勝てないかも。野球の質が違います。

人気blogランキングへ:ここをクリックするとblogランキング上がります。応援よろしく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月29日 (土)

サイエンスに対するマスコミの対応

今日もお洗濯をして天気も大丈夫かと思って外に干しておいたのですが、昼すぎにまた急に洪水のような雨が降ってしまいました。さすがに帰って取り込むことができず、濡れてしまったので、帰ってから洗いなおしました。この時期の天気は不安定で嫌です。
明日オープンキャンパスがあるので、その準備を少しして、あとは自分の仕事していました。久しぶりにかなり集中してできました。
最近の行事を見ていると、理系離れや社会における理科系の理解を深めるためか、様々な子供向けや一般向けの催し物があります。こういった取り組みを研究者レベルで行うのは大切で、将来、理科系に進んでサイエンスの楽しさを体験してもらうためには、このような地道な取り組みは絶対に必要だと思います。ネタを考えるのも結構大変だと思いますが。ただ、一方で、もう少しマスコミなどがこういうのに対して協力的にやってもらいたいと思うのです。日本のテレビで、子供たちや社会の人たちに理科やサイエンスの楽しさやいろいろな問題について、積極的に放送し、例えばインパクトあるタレントなどを使って啓蒙活動でもすれば、もっと効果的に広めていけるのではないかと思います。僕の知り合いのマスコミ人も結構いますが、部署によるのでしょうが、あまり関心がありません。また、彼らの言い分として、例えばテレビだとサイエンスでは視聴率とれないんだよね。ということになります。だからNHKでしかサイエンスものはやらないのだというのはわかるのですが。そういう現状なので今後、理系とりわけ生命科学の分野に進む子供たちが多くはならないかと思います。特に高校訪問とかいくと、圧倒的に文系を希望する人が多いというのを感じます。バイオの分野って世間からするとマイナーのようです。将来、メジャーにするのはどうすればいいのか考えていきたいです。

人気blogランキングへ:ここをクリックするとblogランキング上がります。応援よろしく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月28日 (金)

中日ファンの自分

夜、急に雷雨になり、すんでのところで洗濯物の取り込みに成功しました。今日は、ふとんなどかなりの量の物を干していたので、濡れなくてほんとよかったです。いつもならまだ研究室にいるのですが、なんとなく嫌な感じがして早く家に戻りました。ほんとラッキーでした。
野球は中日が調子よく、今日も巨人に勝って5連勝です。阪神線に3連勝もしたので、今年はいける感じがします。春先にも書いたように、原巨人になって昔のように巨人への愛着が戻るかどうかだったのですが、やはり戻らず、中日が勝つとうれしくなっている自分がいます。ということで、なんとか落合中日に優勝してもらいたいです。今後は阪神とのデットヒートになると思います。昨年は、肝心なところで川上がダメだったので、今年は気合いれてやってくれるでしょう。私の周りには結構熱狂的な阪神ファンがたくさんいますし、昨年は阪神優勝の時に三宮でみんなと一緒にラジオを聴いていたくらいですので、阪神もきらいではないのです。この2,3年阪神も強くなり中日も強くなり、この2つがいつも優勝争いをしているという状況が好きで、それを楽しんでいる感じです。その結果として今年、中日が勝てば最高です。秋にはナゴヤドームで中日の試合見に行きたいな。

人気blogランキングへ:ここをクリックするとblogランキング上がります。応援よろしく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月27日 (木)

シンポジウムの準備

昨日は、前いた会社のほうから歓送迎会のお誘いを受けていましたが、いろいろと忙しくなることが分かっていたので断っていました。案の定、遅くまでバタバタしていたので、結局ブログのほうも書けませんでした。
学生のほうもテストが終わり学部内の建物はかなり静かになりました。あとは、夏季集中講義が来週あるようですが、ちょうどその時は、福岡でのシンポジウムに行っているのでしばらくは、学生さんとはご無沙汰になります。
今日は、そのシンポジウムでの講演用のスライドの準備をしておりました。既に他のセミナーなどで話していたものを少し修正して発表しようと思っていましたが、今回は時間が30分(実質は25分)しかないので、これまで用意していたものを半分にしなければならず、どこを削るかを苦慮しています。半分削るのはかなりきつく、いろいろなことをしゃべると流れがはちゃめちゃになるし、逆に、どこか焦点を決めて話すと少し物足りなくなるし、どうすべきか悩んでいます。とりあえず少し多めにスライドを用意しておいて、当日の様子をみて対応しようかと思います。でも、今回の私の前後に話す先生は、どちらもこの分野の権威の先生なので少し恐縮しております。自分的には、いい経験になりますし、自分の研究のアピールにもなるということなので、来週まで体調壊さないようにしようかと思います。でも、週末は、初めてのオープンキャンパスも控えており、どれくらい忙しくなるか分かりません。ただ、準備のほうは、教授の先生にほとんどやっていただいたということで大変申し訳なかったので、残りの準備はきっちりとやって、当日は気合入れてがんばるつもりです。

人気blogランキングへ:ここをクリックするとblogランキング上がります。応援よろしく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月25日 (火)

セミナーの依頼

ほぼ一日をかけて学生のレポートチェックをして、コメントを書きました。最近、字を書くことをしないせいか、久しぶりに字を書くとたまに漢字がすぐに出てこない時があります。また、もともと字はうまくないので、急いで書くと後で自分でも読めなかったり。これを学生が見たら読めないかも。ちょっと慎重にきれいに書かなければ。あとは、明日点数をつけておしまいにします。
メールでAB社の方から、11月にセミナーでしゃべってくれないかと連絡が入ってました。最近、立て続けにやっているし、期待されているリン酸化解析がらみの結果もすぐに出るとは限らないので、丁重にお断りメールをしたところ、すぐに電話がかかってきました。なんとかやっていただけないでしょうかと。よほどこの分野の研究者がいないのかなーと思ったのですが、いないようです。前向きに考えますとは言ったのですが、さすがに今回は遠慮したいです。AB社以外の学内にある質量分析計の実験もそろそろ根詰めてやらなければならないので、時間がいくらあっても足りないです。自分としては、この1年は、論文書き、研究費獲得のための申請、遅くなってもいいからクオリティーの高い実験データーというプライオリティでやる予定でいるので、そのあたり自分の首をしめないようにスケジュールの調整をしなければ。自分があと2,3人いてくれたらなーとほんと最近思います。実験する自分、デスクワークする自分、遊ぶ自分がいると最高なのですが。

人気blogランキングへ:ここをクリックするとblogランキング上がります。応援よろしく

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月24日 (月)

レポートチェック

今日は、朝早く起きて、名古屋から京都に行き、大学には直接行かず、途中病院に行きました。この前の大学の健康診断で、胃カメラをやらなくてはいけなくなったのですが、その事前検査ということで、病院に来てくださいと言われていたので、行ったわけです。BやC型肝炎などの感染症検査をするということで、血液をとり、ついでに診察もしてもらいました。最近、便秘と下痢を少し繰り返していて、どちらかというと過敏性症候群のような感じでしたので、少しお医者さんに相談して、薬をもらいました。お昼、夜と飲みましたが、少し気分的に良くなったかも。
11時頃大学に行き、自分が読まなければならない学生のレポートがあることが判明。前期のオムニバス形式でやった概論の授業で、興味をもった授業のレポートを書かせたようで、200人のうち、約30人が自分の授業に関してレポートを書いてきました。13人教員がいたので、平均よりは興味をもってもらったということですが、コメントをしなければならないので、じっくりと読まなければならず、結構大変です。ただ、レポートをばかにした学生がいて、ネットの情報をそのままコピー&ペーストしています。こういうのは、採点がつけれないというか、言葉が出ません。見るほうも、最近のレポートは、学生のほうがネットの情報を切り貼りしているだけで、自分の言葉で書いていないケースが考えられるので、チェックするのも工夫が必要です。まあ、だいたい文章を見れば分かるのですが。

昨日は、NHKスペシャルでワーキングプアという話題をやっていました。仕事をしても低賃金で、中にはホームレスの35歳の若者も取り上げられていました。これに関しては、いろいろなブログでも話題になっているので、あえて細かく書きませんが、研究者がらみで心配するとすれば、最近問題になっているポスドク後の就職問題などとも重なることがあり、せっかくドクターとってもホームレスという現状もあるのではと危惧してしまいます。
NHKスペシャルで、そのあたりの問題も今後やってほしいと思いました。

人気blogランキングへ:ここをクリックするとblogランキング上がります。応援よろしく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月23日 (日)

夏祭り

昨日、今日は夏祭りの予定でしたが、今日は雨で中止となり、昨日だけの開催となってしまいました。娘たち学童保育の子達は、ダンスやトーチの出し物を今日やる予定だったので出来なくてとても残念でした。
昨日は、学童保育でお店を出していて、私は、「じゃがもち」という、うちの学童保育特製のものをひたすら焼くという作業をしていました。実に2時間半くらい焼いていたので、とても疲れましたが、あまり時間を感じさせないくらい調子よく焼いていたので、とても楽しかったです。、「じゃがもち」は、じゃがいもをゆでてつぶして、そこに片栗粉をいれてこねて、かたまりにし、おもちのように切って、それにしょうゆをつけて焼いたもので、じゃがいもの味が少しするお餅のような歯ごたえのするもので、この夏祭りでは、かなり人気があります。大学の学園祭のお店でも出せるのではと思うくらいのものです。
夏祭り自体も昨日は久しぶりの晴れ間ということで、大盛況で、多くの人が来ていました。ビールなども飛ぶように売れていましたし、子供に人気のある光るおもちゃ系のものもかなり売れていました。毎年、夏祭りでお店を出して、学童保育の他のお父さんお母さんたちとも親睦を深められるので、とても重要な行事となっています。娘のほうも、夏休み最初の行事ということで、昨日は浴衣も着れたので満足げでした。
子供の世界では、夏休みモードとなりましたが、こちらは、これから、大学のオープンキャンパスや学会での講演の準備などこの2.3週間は忙しくなりそうです。

人気blogランキングへ:ここをクリックするとblogランキング上がります。応援よろしく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月21日 (金)

ドームでのイベント

今日は、ナゴヤドームで一日営業企画仕事でした。リクルートの進学わくわくライブという高校生などを対象としたイベントで、大学や短大、専門学校を中心にどのような学部、どのような仕事、どのような学問があるのかを知ってもらう試みのようです。対象はどちらかというと、3年生よりは、むしろ1,2年生が多く、中には岐阜や三重や静岡からもバスで連なって来ていたようです。6時間ぐらい、ブースで学問の説明をしていたのでかなり疲れました。ずっとしゃべり続けていたので、のども痛くなりました。
1年生とかは、やはり難しいことを言っても分からないので、バイオや環境だったら身近なことを例にして話すと効果的でした。となりのブースは、理学療法士関連のリハビリ系の専門学校でしたが、こういう分野はやはり最近の生徒さんには人気があるようです。
会場では、たまたま母校の大学の先生にも会いました。通常ならこのようなイベントには参加しない大学なのですが、今年から学長命令で参加しろといわれたそうで、国公立大学でもかなり高校生に対してアピールをしていく必要があるようです。
夜は、疲れていたのですが、「ハウルの城」のアニメ映画がやっていたので、ついつい見てしまいました。劇場でも見ていたのですが、何回見ても面白いです。音楽もかなりいいです。
さすがにもう限界なので寝ます。

人気blogランキングへ:ここをクリックするとblogランキング上がります。応援よろしく

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月20日 (木)

テスト週間

今日から学生のほうはテストが始まりました。多い人は、一日で3科目あったようです。テストが終わって出来なかったと報告しに来る学生さんもいましたが、まだ大学の初めてのテストなので、気にせずやっていって欲しいです。私が大学のころは、科目によって好き嫌いがあったので、どうしても肌に合わない科目は最初から勉強しなかった思い出があります。逆に好きな科目はとことん勉強して「優」をもらえるように努力したことも。今の学生さんも特に教職をとる人は、優が多いほうがいいようなので、単にテストをパスするだけでは駄目なので大変のようです。
夜は、学部の教職員の春学期の慰労会がありました。大学の近くの温泉宿で少し高級な料理をいただきました。学部が始まるころの時よりも、皆さんかなり打ち解けた感じでとてもいい会でした。特に、新しい学部での立ち上げということで、この3ヶ月はまっしぐらに皆さんやってこられたので、そういう意味でも同志ということで非常にまとまった感じでした。
その会が終わってから、足早に京都に行き、そこから最終のひとつ前の新幹線に乗り、名古屋に帰ってきました。明日は、名古屋ドームで入試関連の営業企画仕事があります。ちょうど週末なので自分的にはよかったです。帰ったら娘は既に寝ていました。今日は終業式で通知表をもらってきていましたが、さほど2年生のときと成績は変わっていませんでした。本人的にはもっと二重丸が増えていて欲しかったようです。もし成績が上がったら任天堂のDSのソフトのマリオブラザーズを買う予定で(既に買ってあるのですが)いたのですが、それをやらせるかは娘の今後次第かなと思っています。その前に自分もDSを買ったのでやってしまうかも。昔、大学生のころ、ファミコンでやっていたときに結構はまりましたから。

人気blogランキングへ:ここをクリックするとblogランキング上がります。応援よろしく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月19日 (水)

今どきの高校生

インドネシアではまた地震による津波があったり、日本でも大雨で各地で被害が出ていたりと自然は本当に怖いです。大学の近くの川もいつもはきれいな川なのですが、今日の朝は濁流で今にも決壊しそうな勢いでした。
今日は、会議日で昼からは教授会で、その後は、Faculty Development(FD)研究会という会があり、高校の先生が来られて今どきの高校生についてのお話を聞きました。FDというのは教員の授業内容や教育方法などの改善・向上を目的とした組織的な取組みの総称のことを言いますが、最近では特に私大を中心に熱心に取り組まれています。最近の学生の気質を勉強する上でも、その前の高校生がどのようなのかを知る必要があるということで、今回の企画があったようです。今の高校生は、昔の高校生の学年の2ないしは3年をひいた感覚で考えたほうがいいとある高校の先生は言っておりました。つまり、高校1年生だったら中学2年生、1年生ということになります。大学1年生でも、高校2年生くらいという感覚で見ないといけないのでしたら、これはかなりきついです。当然大学というところは、自主的に勉強するところですので、少なくとも自分の頃は、ほとんど大学の教員からとやかく言われることはなく、あくまでも自己責任で勉強しておりました。でも、今は、なかなかそのように進めるのは難しく、学生がついていけなくならないように責任をもって面倒を見なければなりません。学生の教育も高校と大学をつなぐような接続教育を国公立大学でもする時代です。今日もたまたまTK大の先生から電話がかかってきまして、いろいろと話しておりましたら、TK大のレベルの高い大学ですら教員はかなり大変なようです。
勉強以外にも倫理感も下がっているとのことで、そういう生徒さんらをどのようにうまくもっていくかということについても高校の先生から話を聞きました。昔なら議論にならなかったようなことでも、これからは大学で議論していかなくてはならないようです。いずれにしてもこれまで以上に高校と大学の連携というものが重要となってくるようです。

ニュース見ていたら、欽ちゃん球団解散のようですね。でも山本のあの行為によって解散ということだったらあまりにも虚しいですし、そんな理由だけで辞めてしまうのは他の部員にとってはほんとたまらないでしょう。せっかくいいものを企画しただけに、これで終わるのはもったいないです。

人気blogランキングへ:ここをクリックするとblogランキング上がります。応援よろしく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月18日 (火)

子供の教育

娘が通っている小学校は名古屋の中でも中学受験をする子が多いことで知られています。6年生の半分は受験をするそうです。昔、自分のいた小学校では、ほとんどいなかったことを考えると凄い数字です。そういう学区なので、3年生から既に塾とかに通っている子も多く入るようです。うちの娘はマイペースなので、塾にも通っておらず、最低限の学校での勉強をしているだけなので、やはり塾にいって先の勉強をやっている子よりは出来ないようです。また、水泳やピアノなどもかなり小さいときから習っている子も多く、3年生では、かなりレベルの高い子もいるようで、最近やり始めた娘とかなり差がついているようです。
昨日、お友達と遊んでから、プールに行く約束をしていたのですが、その時間になって送っていこうとすると、急に行きたくないと言い出しました。嫁さんが強引に水泳教室の駐車場まで連れて行ったのにも関わらず、ずっと駐車場で泣き続けて、結局行きませんでした。理由を聞くと、水泳教室でなかなか上達しないので級が上がらなく、一方、同じ学校から来ている知り合いの子達は、既に上級で、その子達から馬鹿にされたということのようです。こちらとしては、そんなこと気にせずにやればいいよということで励ましていたのですが、娘からするとかなりプライドを傷つけられたようです。ついでに学校でもある授業で手を挙げて答えた際に間違ってしまったことを、ある男の子からけなされ、更に勉強が出来ないと言われたらしく、そのことでも落ち込んでいたようで、それらが重なって昨日爆発したようです。我々親としては、まだ小学校3年生なので、勉強や習い事が出来る出来ないはあまり関係ないと思っていたのですが、子供達のほうは、それなりに競いはじめているようです。
たまたま、休み中に、「プレジデントファミリー」という雑誌を買って読んでいたら、プレジデント社の雑誌らしく、マッキンゼー方式による頭のいい親子の勉強法とやらが特集になっておりました。あまりロジカルに教育をしても仕方がないと思うのですが、世の中そのように考えて実行している親もいるのかと、半分さめた目で読んでいました。
その中には例えば、「どうしたら1万7500円の野球のバットを買うことができるか」という課題を子供にあたえてトレーニングさせ、順を追って子供と一緒に考えることで、人生を切り開くツールを手に入れさせるとのことです。これをまともに読んでやる親もいるのかなーと思ってしまいますが。現実問題として、子供の勉強に対してどんなことでもやろうと思っている親はたくさんいるようです。私自身はまだ、娘に対して、そんなことをやろうとはこれっぽちも思いません。ただ、娘自身が他の子よりも劣っていると自分で感じはじめているようなので、少しづつですが、自信をつけさせるような教育はしていく必要があるのかなと思いはじめました。人は人、自分は自分だよと納得させれればいいのですが、なかなかそういうわけにはいかないようです。

人気blogランキングへ:ここをクリックするとblogランキング上がります。応援よろしく

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月17日 (月)

名古屋とトヨタ

3日間のプチ連休で少しゆっくりしました。朝は、遅くまで寝ていたので明日からまともに起きれるか不安ですが。
いつも名古屋に週末帰ると、新聞をまとめてみます。朝刊、夕刊の1週間分を見るのでかなりの量になります。2週間ぶりのときなんかは相当な量になります。さすがに全ての記事は見れないので、興味のある記事を中心に読む事になるわけで、特に中日新聞ということなので、名古屋ネタも注意して読む事にしています。
最近の特集としては、「ナゴヤとトヨタ」という特集があって、興味深く読んでいます。ナゴヤ地区において、もしトヨタがなくなったら、失業率が20ポイントも上昇するそうです。関連企業を含めると82万人くらいが路頭に迷うことになるそうです。また、例えば名古屋大学においては、もちろんトヨタが人気企業一位で、その理由として安定だからだそうです。公務員よりも安定だという意見があり、他の地域からも名古屋周辺の大学に来てトヨタに入るのを夢見る学生もかなり多いらしいです。また、トヨタやデンソーの人との結婚を望む女性の方も多いとのことのようです。
確かに、私の昔からの名古屋の友人もトヨタ系にいる人はかなりいます。東京のほうの大学に行って、就職でトヨタという人もかなりいます。高校出てすぐにトヨタ系に入って、しっかり働き地元で家を建ててという友人も多くいますので、そういう意味ではトヨタの影響というのはすごいものがあります。今年の秋には、名駅前の高いビルにトヨタの海外部門が入るので、更に名古屋におけるトヨタの存在が大きくなり、トヨタと商売する外国企業も多く入ってくるようで、既に味噌カツや味噌煮込みを嗜む外国人の姿も見られているとのこと。今ぐらいの名古屋がちょうどいいと思っている私としては、あまりゴミゴミしてほしくないのですが。
帰りの新幹線で本を読んでいると携帯が鳴りました。学生さんからレポートの件で、なんともならないとのこと。こちらもさすがに新幹線の中からはいいコメントできないので、明日がんばろうということにしました。どうなるか明日次第です。

人気blogランキングへ:ここをクリックするとblogランキング上がります。応援よろしく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月16日 (日)

長時間テレビ番組の意味

家族といる休み中はついついテレビを長く見てしまいます。昨日の夜から、フジテレビ系で26時間テレビというのをやっているのですが、いつもなぜこんな番組をやるのかと思ってしまいます。はっきり言って、内輪で自分たちの企画を楽しんでいるだけのような気がします。日本テレビの24時間番組については、いろいろな意見もありますが、少なくともテーマ設定はされている部分もあるので、その部分については見て感動することもあります。最近よくやっているタレントを走らせることに関しては、あまり意味が無いように感じますが。
それに対して、フジテレビのほうは、あまりテーマ設定もないし、結局、有名芸能人の知名度で視聴率を稼ぎ、楽しくわいわいやってオシマイという感じです。フジテレビは一部プロデュサーなどもタレント気取りになっていてよく画面に出ていますが、何か違うなと思うのは私だけでしょうか?

大学のメールをチェックしていると学生からのヘルプメールが入っていました。レポートの書き方で行き詰っているとのこと。すぐさま電話して対応しましたが、ちゃんと書けているかどうか不安です。他の先生のレポートなので今ひとつ状況がつかめなかったのですが。明日あたりももう一回ヘルプメールはいりそうです。

人気blogランキングへ:ここをクリックするとblogランキング上がります。応援よろしく

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年7月15日 (土)

夏の行事いろいろ

とても暑いです。名古屋は35度近くで、近くの浜松では37度というから驚いてしまいます。更に蒸し暑さがあるので、外に出ていると息苦しいくらいです。
3日間の連休ということで名古屋に帰っています。これから夏休みにかけて土、日曜日は行事が多く、娘の学童保育がらみでも夏祭りやキャンプなど盛りだくさんです。娘のほうはそれにむけてダンスなど練習をしているようで、この暑い中大変です。顔が既に真っ黒けです。
昔は、私のところでは、いつも子供会が中心でいろいろな行事をやってました。近くのグランドでキャンプファイヤーもやった覚えがあります。また、夏休み中は、子供会主催のソフトボール大会の練習があり、かなりの日数を練習していました。今考えてみるとよくやっていたなーという感じです。子供同様、面倒を見る親のほうも大変だったと思います。今、親の立場になってつくづく感じます。
まずは、来週は夏祭りということで、毎年お店を出していろいろな物を売っているので、今年も気合いれようかと思っています。

人気blogランキングへ:ここをクリックするとblogランキング上がります。応援よろしく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月14日 (金)

500キロドライブ

 先ほど、ようやく出張から帰ってきました。昨日から今日にかけて約500キロの長距離ドライブでした。久しぶりにこんなに運転したので肩こりになっています。海岸線の急カーブが多い道で、かなり緊張しながらの運転が多かったので。最近は、京都ー名古屋のせいぜい150キロくらいでも車で帰ることはせず、もっぱら電車だったのですが、今回の場合は、はじめて行く場所ばかりなので、運転していても飽きませんし、地図をみては、名勝をチェックしながらドライブしていたので楽しかったです。
 3日間営業企画仕事をしていたので、来週からは、少しは研究に復活しなければ。学生さんのほうはテストやレポート書きで大変で、今日も大学戻ったら相談しにきた学生もちらほらと。学生さんにとってはこの2週間くらい正念場でしょう。終わったら、バーベキューパーティでもやるとのことなのでがんばってもらわなければ。

人気blogランキングへ:ここをクリックするとblogランキング上がります。応援よろしく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月13日 (木)

ココログ復活は温泉地から

ココログのメインテナンスがあって2日間ブログできませんでした。ほんとどうしてくれるって感じです。ようやくこれまでのアクセスの重さはなくなったので、まともにブログできるのでしょうか。様子見です。
12日から、高校訪問していて、今日も実は、兵庫の日本海側のあるところから発信しております。今日は、35度という超暑い中、京都の日本海側の高校を2校回りました。私立大学の場合、最近教員レベルで高校に回り、学部の説明をして感心をもってもらうことが多くなっています。特に、私の大学は新設ということもあるので、知名度を上げるために必要です。いわゆる営業・企画仕事ですが、私自身は結構好きです。企業の時も技術営業などで、営業の人に同行して回ったこともあるので、外へ出るのは面白いです。高校の先生ともこれまで接点はなかったので、今回、いろいろなお話ができていい経験になりました。
さすがに日帰りできないところに明日も行くので、温泉地に泊まって、温泉にたっぷりつかり、おいしい海の幸を食べてゆっくりしています。もちろんこの部分は自腹です。一人でというのが妙に寂しいですが、(結構アベックで温泉地歩いている人いますので、うらやましいですが)。あくまでもお仕事の一環ですので、明日も汗を流して営業します。

さすがに2、3日更新していないとアクセス減っています。復活したのでよろしく。

人気blogランキングへ:ここをクリックするとblogランキング上がります。応援よろしく

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年7月10日 (月)

ワールドカップ終わり

昨日の夜遅くに京都に戻り、テレビでウインブルドンの男子決勝を見て、その後、1時半くらいに寝ました。4時に目覚ましをかけて、ワールドカップのイタリアーフランス戦を後半から寝ぼけながら見ていました。肝心のジダンの退場のシーンは記憶がなく、PKのところだけしっかり見ていたという感じです。それにしても最後はイタリアということで、ジダンが途中でいなくなったフランスとしては仕方がない結果ということになるのでしょうか。この1ヶ月近く、ワールドカップで盛り上がっていましたが、その盛り上がり方は、ヨーロッパでは生活がかかるくらいのすさまじいものであると痛感しました。そういう意味では、まだまだ日本のワールドカップにおける思いは序の口という感じです。サッカー自体の質も、最後の決勝戦をみるにつけて、日本があのレベルには、永久に達することはできないのではと思ってしまいます。今後、オシム監督の下で、どれくらいレベルが上げれるか注目したいところです。
ウインブルドンのほうは、男子のフェデラーが4連覇ということで、昔のボルグを思い出してしまいます。あと、数年は勝ち続けるかも。まだ24歳なので、ウインブルドンでどこまで勝つかも興味深いです。
ということで、今日は、眠さとの戦いですが、午後からの作物栽培実習では、汗をかき、ミニトマトやキュウリ、カブなどたくさん収穫があったので、少し目がさえてきました。

人気blogランキングへ:ここをクリックするとblogランキング上がります。応援よろしく

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月 9日 (日)

同窓生との集まり

昨日、帰ってきてココログに投稿しようとしても、ほんとに重くてなんともなりません。ログインすらまともにできない状態で、結局ブログ書けなくて、一日空いてしまいました。ココログ使っている人たちからも、相当、niftyに批判があがっているようです。
昨日は、久しぶりに中学校の同級生らに会いました。今年の秋に、卒業25周年の同窓会を行うということで、2回目の打ち合わせでした。1回目は、仕事で行けなかったので、今回、久しぶりに会う人もいました。9年前にも同窓会をやりましたが、40代になり、また25周年ということで、みんながやりたいということで行うことになりました。一部の人は、正月の厄年会でも会っていたのですが、日頃会わない人たちと話すのも非常に楽しく、盛り上がりました。O君にはこのブログのことを伝えていたので、見ていてくれているようで、いろいろと意見をいってもらったりしました。研究者で無い人からにとっては、研究ネタはやはり少し難しいようですが、それ以外のことでは面白く見てくれているようでした。研究ネタでも少しづつ理解してもらえるように書いていかなくては。
同窓会のほうは、今回集まってくれているみんながほんとがんばってくれているし、特に同窓会の会長のUさんがきちっりとまとめてくれているので、名前だけ副会長の私としては、申し訳ないのですが、いい会になるのではと期待しています。9月17日が楽しみです。

人気blogランキングへ:ここをクリックするとblogランキング上がります。応援よろしく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 7日 (金)

オーサーシップについて

先月説明会のあったH社の質量分析計もこちらの要望で解析用のパソコンを入れてもらって、いよいよデーターを出していかなければなりません。ただ、この7月、8月は思った以上にスケジュールが詰まっているので、なかなか落ち着いてできないかも。でも実験の稼ぎ時ではあるのでなんとかしなければ。
めったに読まない日本薬学会の学会誌のファルマシアを見ていたら、オーサーシップに関することが書いてありました。最近の問題である科学論文の不正には、ほとんどの場合にオーサーシップの誤用が見られるとのこと。共著者にもかかわらず、実際のデーターを知らなかったり、結果に責任を持たなければならない人が、データーを十分に吟味していなかったりと、論文に名前が載るという責任を感じなくなってきているようです。研究の代表者というだけで載ったり、論文に関わらなくても、その組織での人間関係上入れておかなければならない場合(ギフト・オーサーシップと言うようですが)もあります。統計をとると年々、一論文中に関わる著者の数も増えているようです。昔は1か2人だけが著者になっている論文のほうが多かったようですが、今はさすがに著者の数は多いです。確かに実験が多様化してきたので、一人の技術だけではなかなか質の高い論文を書くのは難しくなってきており、様々な人の技術が必要でしょう。この場合は、まだまともな方向ですが、一方で、ギフト・オーサーシップ的になってしうと、いろいろな問題になってきます。もし、自分の関与している論文でも、代表著者のほうから、関係ない人の名前を入れてくれと言われた場合には納得しかねますし。このオーサーシップの問題ってとてもややこしいし、変なことをするとほんと人間関係が壊れてしまいます。でもかなりの研究者の方は、案外、経験している問題だと思います。

たまにファルマシアも読みたくなる話題があるのと、もともと薬学部出身ということで薬学会に入っている訳ですが、あまり薬学会にも参加していないので、ほんとならそろそろ退会したいです。

人気blogランキングへ:ここをクリックするとblogランキング上がります。応援よろしく

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年7月 6日 (木)

新科捜研の女で写っていました

今日は、久しぶりに神戸の前の会社に行っていました。1ヶ月ぶりに行ったら、新しい方が2人入っていたようで、会社のほうもいろいろと動きがあるようです。
家に帰ってきて、沢口靖子の「新科捜研の女」を見ました。(前半1時間は間に合わなかったので、ビデオで見ました) ちょうど5月に、うちの大学にロケに来ていたので、どのように写っているのかが楽しみでした。うちの学部の建物は、ドラマの中では「京都感染研究所」となっており、いい感じで全体の建物が出ていました。私の横にあるP2実験室や低温室はレベル4実験室となっており、ドラマの中では日本で初めてレベル4の許可が得られた施設ということになっていました。映像的にも、すごくかっこいい感じの部屋になっていて、そこで沢口靖子と豊田真帆が演技をしていました。アルタイラ出血熱というレベル4でしか扱えない感染症を取り扱うという設定になっていました。私の部屋の前の廊下で沢口靖子と豊田真帆が話しているシーンでそのバックには、私の部屋の紹介用でつくったポスターも見えていました。(さすがに細かい内容までは見えませんでしたが)  更に、うちの学部の図書館やある先生の研究室の部屋なども写っており、最後には撮影協力のテロップも出ていました。ドラマの内容も結構面白かったのでついつい最後まで見てしまったという訳です。うちの学生さんたちも見ていたでしょうか。明日のみんなの会話が楽しみです。

サッカーの決勝はイタリアーフランスということで、自分の予想であったドイツーブラジルとは全く異なってしまいました。途中までの予想はかなり当たっていたのですが。
最後は、イタリアが勝つような気がしますが、フランスのジダンにも最後の男の花道を飾って欲しいとも思います。

人気blogランキングへ:ここをクリックするとblogランキング上がります。応援よろしく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 5日 (水)

ミサイルなど

夜9時から12時くらいのココログへの投稿は、レスポンスが遅くてとてもストレスです。11日~13日にメインテナンスで止まるとのことで、@niftyさんきっちりやっていい環境にしてもらいたいです。
朝、起きてイタリアー対ドイツの結果をテレビで見ようとしたら、北朝鮮のミサイルのニュースでもちきりで、なかなか結果が見れませんでした。北朝鮮ほんといい加減にしてほしです。もう国として存在してはいけないと個人的には思います。とにかく今の金日成体制が崩壊して南北で統一してほしいです。今の状況では、それこそミサイルを本気で日本やアメリカに狙いうちしてくるかもしれません。そういう意味では怖いです。なんやかんやでアメリカに守ってもらわなければならないわけで、安全保障問題や軍事問題というのはそういう意味で難しいです。昔、訳もわからないまま、高校のゼミかなんかで防衛問題ゼミのようなところに入って(友人が入っていたのでついていっただけなのですが)、議論した覚えがありますが、そのころは何のことか全く分かりませんでしたが、今思うと、重要なこと議論していたんだなと感じます。
夜のニュースで王監督が、胃にがんが見つかったということで休養するそうです。自分も今日、健康診断の後の健康相談に行ったら、検査で引っかかったペプシノーゲン陽性について、胃カメラをやったほうがいいとアドバイスされました。今までやったことがないのでどうしようかと思っております。夏休みにもしかしてやらないといけないかも。いずれにしても少し不安です。
今日は、会議や機器の説明会で忙しかったです。頭が疲れました。さすがにポルトガルーフランス戦は見れません。ウインブルドンも後半に入ってきたのでじっくりと見たいのですが、我慢です。

人気blogランキングへ:ここをクリックするとblogランキング上がります。応援よろしく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 4日 (火)

29歳での引退

昨日から、中田の引退のニュースが全世界に広がっています。まだ引退するには早いという声から、中田らしい決断だという声までいろいろとあります。でも、結局は本人だけしか分からないことなので、外から言ってもどうしようもないことなのですが。
29歳という年を考えたときに、スポーツ選手の寿命は早いとはいえ、まだどちらかというと、脂の乗り切ったときですし、30歳半ばまではやれるでしょう。実際に中山やカズは、まだ30後半でもがんばっています。当然、中田自身も当然やれるとは思っているけど、おそらくこれまでのことを振り返ったとき、そして今後の目標や何のために今後やっていくのかを考えたときに、もう引き際と思ったのでしょう。私としては、彼が21歳のときに日本をワールドカップに初めて連れて行ってくれて、その後も、イタリアセリエAで日本人で初めて世界のレベルで通用するというのを見せてくれた。そして、その後のワールドカップでも中田がいるだけで世界になめられないで戦えることができたということで、よくこの10年近くがんばってくれたと言ってあげたいです。今後、彼が何になるのかはすごく興味がありますが、またでっかいことをやってくれそうな気がします。
29歳という年を我々の世界で考えてみると、特に生命科学の分野では、どうがんばってもまだまだ雛でしょう。私自身、Drをとってようやく助手に採用されたというところでした。アメリカでは、教授になる人もいるかもしれないけど、その段階で世界に誇れる研究者になっていることはほとんどないでしょう。スポーツの世界と比較しても仕方がないのですが、そういう意味で、我々の世界は大器晩成が普通の世界なのでしょう。そういう意味では、若いときから活躍できる世界というのはうらやましいです。生命科学の分野も20台で活躍できるようなことがあれば、もっと若い世代が興味を持てるようになるのかも。

昨日のキムタクのHEROは視聴率30%近くまでいったようです。さすがです。

人気blogランキングへ:ここをクリックするとblogランキング上がります。応援よろしく

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月 3日 (月)

HEROが始まりHEROが去る

今日は、朝、早く起きて、名古屋から京都へ出勤です。新幹線は始発の割にはかなり混んでいました。大学のほうには8時くらいにつき、午前中はデスクワークし、午後はいつものように作物実習で畑へと散じ、キュウリやミニトマトの収穫をしようとした矢先に、夕立に降られ、びしょびしょになってしまいました。学生さんも、ほとんどびしょぬれで、かわいそうでした。風邪を引かねばいいのですが。夕方は、学生さんが入れ替わり立ち替わり研究室のほうに来て、明日の授業で課しているプレゼンテーションについての相談ということで。中には勘弁してくださいという学生さんも。どうしましょうか。明日決めます。
その後、明日の実験の準備をしていたら、9時近くになって、今日から、キムタクのドラマHEROがやっていることに気がつき、見れないと思ったので、嫁さんに電話して録画をとってもらうことに。でも、結局10時くらいに帰り、途中からみたら、やはりはまってしまいました。ありえない検事のお話ということですが、以前と同じように結構面白いのです。ここ数年キムタクのドラマはかかさず見ることにしています。なんか波長があうんですよね。
ニュースを平行してみていたら、中田英が引退を発表したようです。ワールドカップ前からいつもと雰囲気が違ったので、もしやと思っていたのですが、やはりそうでした。ブラジル戦の最後にピッチで10分以上倒れ付していたのも今思えば決めていたということでしょう。これで、また一時代のHEROが去ってしまいます。ご苦労様でした。

人気blogランキングへ:ここをクリックするとblogランキング上がります。応援よろしく

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年7月 2日 (日)

アニメや人生ゲーム

イングランド、ブラジルも敢え無く負けてしまいました。あんなに強いと思ったブラジルですが、フランスに0対1ということで、やはりジダンはすごい。イングランドも、ベッカムの途中退場と、ルー二ーの一発退場が痛かったです。ルーニーは、昔のベッカムのようにイギリスに帰りにくくなるのでしょうか。
サッカー観戦疲れか、朝はゆっくりと寝ました。娘のほうは逆に日曜日の朝は、アニメで面白いのがやっているということで、一人でテレビをつけて見ています。ワンパターンものが多いのですが子供はそれにはまってしまうのです。夜も、ちびまるこちゃんやサザエさん、ワンピースなどと連続でテレビを占有しております。こっちもついつい見てしまうのですが、案外面白いんですよね。家族全員で見れるというのが、こういうアニメが長く続く理由なのでしょう。
昼間は、娘の要望で、人生ゲームを一緒にやらされました。昔、自分も持っておりました。ゲーム内容の基本は変わっていませんでしたが、いろいろな職業の項目が増えたり、ゲーム版をいろいろと入れ替えたりできるということで、結構今のものは凝っています。人生ゲームもやってみるとかなり面白くて、最後はやはり勝ち負けにこだわります。また、ゲームの最中にお金の計算をしないといけないので、子供にとっては計算の練習にもなりますし、簡単な社会の仕組みのようなものも分かるので、ゲームとしては、勉強になる部類のものでしょう。以前の研究者ブログの中で、研究者の人生ゲームなるものもあるということですので、試してみてもいいかも。

人気blogランキングへ:ここをクリックするとblogランキング上がります。応援よろしく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 1日 (土)

橋本元首相と野口健さん

今日から7月ということで、4月に大学に戻ってからまる3ヶ月過ぎました。普通の企業で言えば、3ヶ月の試用期間を終えて本採用といったところです。いつもの年のごとく毎日が早く過ぎていきます。7月も予定が盛りだくさんなのでじっくり物事を考えてやらなければ。

今日、ニュースを見ていたら橋本元首相が亡くなられたのこと。首相をやっていたころは結構やり手だったので、最近の凋落ぶりをみていてかなりギャップがあるなと思っていたのですが、68歳での死はやはり早いという感じです。かたや小泉さんがアメリカのメンフィスでプレスリーの歌を歌っていたのとは対照的です。橋本さんのことで最近思いだしたこととしては、環境問題をかなり後押ししていたことです。特に、アルピニストの野口健さんに、以前、橋本さんの山岳隊がエベレストにゴミを残してきたのを指摘されて以来、彼のエベレスト清掃や最近では富士山の清掃などもバックアップしていたことは知られています。野口さんのホームページで橋本さんと一緒にまた山を登りたいと書いてあったのを見ましたが、これで果たすことができなくて残念でしょう。

アルゼンチン、ドイツにPKで負けてしまいました。GKのけがでの退場が痛かったです。結局メッシもこれで見れません。アルゼンチンの自由奔放なサッカーとブラジルのサッカーとの対決を決勝で見たかったのですが。ドイツはやはりしぶといです。ゲルマン魂というのでしょうか。こういう試合ではほんと勝負強いです。

人気blogランキングへ:ここをクリックするとblogランキング上がります。応援よろしく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »