« 電気の科学館 | トップページ | スポーツいろいろ »

2006年8月15日 (火)

8月15日という日

朝起きてニュースを見たら、やはり小泉首相が靖国神社に参拝していました。最後に公約を果たしたということで、小泉さんらしいある意味パフォーマンス政治の総決算という感じです。靖国の参拝に関しては、様々な人が様々なことをいっています。それぞれの人の背景があるので、それによっても変わってくるのでしょう。我々の世代は、戦争の体験はしていない世代で、親、もしくは祖父母の世代が経験していることになります。私の祖父は聞いた話ですと、フィリピンのほうで戦死したということなので靖国に祀られていることになります。私自身は、これまで親や祖父母から戦争のことを詳細に聞いたこともなく、そういう意味ではかなりこのような問題に鈍感に生きてきました。ただ、自分の名前の由来が、8月9日に長崎に原爆が落ちた記念日に生まれたということで、平和を守り、人を守れるような人になりなさいという意味をこめて親が名前をつけたというのは聞かされていました。ですから、特に広島、長崎の原爆の記念日には思い入れはありました。また、広島、長崎の原爆記念館にも行って、原爆の悲惨さを見たので、あの行為の愚かさについては、ほんと声を大にして言いたいと思っています。特に核保有国に対してはそうです。
最近、娘が学童保育で、戦争のことを指導員さんから聞いて、「日本って戦争に負けたんだよ」と私と嫁さんに言いました。ちょうどいい機会だったので、娘が分かる範囲で説明はしました。これを気に今度は広島にでも連れて行こうと嫁さんと話していました。
戦後61年たって忘れ去られることもある一方で、やはりこの8月15日の終戦記念日の意味というのは伝えていかなければならないのでしょう。

人気blogランキングへ:ここをクリックするとblogランキング上がります。応援よろしく

|

« 電気の科学館 | トップページ | スポーツいろいろ »

コメント

小泉首相の靖国参拝には賛否両論あり、私もどちらとも言えませんが(語り始めると長くなるので)、少なくとも、戦争という悲惨な行為を二度と繰り返してはいけないということは言えます。今、「パール判事の日本無罪論」(小学館文庫)という本を読んでいます。東京裁判に関する本ですが、なかなか興味深いです。原爆を二度も日本に落とし、女子・子供といった非戦闘員まで無差別殺戮を行なったアメリカはなぜ裁かれないのでしょうか??

投稿: 8817 | 2006年8月16日 (水) 08時11分

アメリカはいまだに核開発している一方で、他の国に対しては放棄しろといっているわけで、矛盾だらけです。アメリカのブッシュに原爆記念館を一度でもいいから見てと言いたいです。

投稿: Mamoru Matsubara | 2006年8月16日 (水) 09時39分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 8月15日という日:

« 電気の科学館 | トップページ | スポーツいろいろ »