« 阪大教授の論文捏造、もう1本 | トップページ | 本屋で暇つぶし »

2006年9月23日 (土)

娘との格闘

今日は朝から娘との格闘がありました。伏線としては昨日、娘が算数の問題集で分からないところがあり、それを教えていた嫁さんに対して、分からないを連発し、なおかつママのいっている意味も分からないといい、それに対し嫁さんが激高したため、娘は泣きわめき、機嫌が悪いまま寝て、朝になったところからはじまります。朝がきてご飯の時間になってもベッドから立ち上がろうとせず、こちらが「おはよう、ご飯だよ」といっても無視されました。嫁さんも同様です。最初はこちらも娘の機嫌をとろうとしてやさしく声をかけていたのですが、それに対しても何の反応もなく無視され続けました。昨日の出来事の事を根にもっているようでした。こういう態度に対してこちらもさすがに切れてしまい、久しぶりに雷を落としました。このように怒った私を久しぶりに見たのか、さすがに娘もびっくりして泣きましたが、こちらの怒った理由もようやく分かったようでなんとか復活しました。それにしてもこちらも娘に対して真剣に怒ったので、ちょっとやりすぎたというか、後から嫁さんにもあんなに怒るとは思わなかったと言われました。自分としては、ここで娘にきっちりと言っておかないと、これからも親に対してわがままばかり言ってしまうのではと思ったし、更に基本的な生活態度も最近崩れていたので(夜遅くまで起きているとか、挨拶がきっちりとできていないとか)、ここはしっかりと躾をしておく必要があるということで、このような態度にでてしまいました。私自身も、日頃単身赴任でまともに相手をしてやれなく、なかなかコミュニケーションをとれないので悪いなと思っているし、子供の躾も完全に嫁さんに任せてしまっていることもあったので、今回かなり反省しました。小学校3年生になって少し反抗期というか、家のこととか親の細かなことも分かってきたので、それに対してきっちりと子供に対して向き合っていかないといけないと感じた次第です。
昼からは、一緒にDVD見たり、夜は実家にいって、一緒に近くの蓬莱軒という名古屋で有名な鰻の店に行って何事も無かった感じですが。久しぶりに蓬莱軒で食べた「ひつまぶし」はおいしかったです。鰻は嫌だと言っていた娘もちゃっかり全部たいらげました。

人気blogランキングへ:ここをクリックするとblogランキング上がります。応援よろしく

|

« 阪大教授の論文捏造、もう1本 | トップページ | 本屋で暇つぶし »

コメント

松原先生 おはようございます。
“子供たちとの関係”難しいですよね。うちも上の娘が中学生になってから、わたしを無視するんでうよね。それで「ちゃんと返事くらいしなさい」って言ってもまた無視! わたしが怒ると、嫁が「そういう時期なんだからしょうがない」って娘の肩を持つし。もうわたしも“しょうがないや”って、そのペースに合わせています。この間まで、「パパ、パパ」と言ってくっ付いて来て離れなかったのがウソのようです。子供といえども一個の人格ですから、“人間づきあい”の難しさを感じます。(それとも単にわたしが“子離れ”できていない?)。先生の方は、

>昼からは、一緒にDVD見たり、夜は実家にいって、一緒に近くの蓬莱軒という名古屋で有名な鰻の店に行って何事も無かった感じですが。久しぶりに蓬莱軒で食べた「ひつまぶし」はおいしかったです。鰻は嫌だと言っていた娘もちゃっかり全部たいらげました。

一件落着されたようでなによりです(^^)

投稿: 阿頼王 | 2006年9月24日 (日) 08時48分

阿頼王 さん おはようございます。

うちも小三で少し反抗気味になっているので、これが小学校高学年や中学校になってどうなるのか不安です。男親は完全にうっとおしく思われたらどうしようかと思ってしまいます。日頃の娘との会話や接し方も注意していかなければ。

投稿: Mamoru Matsubara | 2006年9月24日 (日) 11時03分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 娘との格闘:

» コニュニケーション不足 [お母さんのためのコーチング講座]
10月17日、名古屋にて子育てのコーチングセミナーを開催します。子供とうまく話せないとの不安や悩みを、期待に変える魔法のコーチングのご案内です。 [続きを読む]

受信: 2006年10月 5日 (木) 00時33分

« 阪大教授の論文捏造、もう1本 | トップページ | 本屋で暇つぶし »