« 機器をゲット | トップページ | 週末帰りのパターン化 »

2006年9月28日 (木)

なんでもできマスになりたい。

今日は一日、質量分析室という部屋に閉じこもっていました。新学部に導入された質量分析計(MS,マス)の責任者なので、なんとか動かせるようにしなければなりません。なかなか大変で、結局今日のうちには思う通りにサンプルを測定するところまでいきませんでした。明日もう一回やってうまくいかなかったら、メーカーさんを呼ばなければ。そういえば、この業界の本で、「できマス!プロテオミクス」という本がありましたが、ほんと早くできマスになりたいです。マスに限らず、我々生命科学の分野では、実験をする中でかなり機器にも依存しているので、これらの機器の扱い方も一つ一つ覚えなければならず結構大変です。また、機器のメンテナンスもあるので、これもまた大変です。なんでもできマスという人間ならいいのですが。
でも世の中なんでもできマスという人も探せばいるんですよね。そういう人の仕事ぶりとかじっくり観察したいです。どういうところがポイントなのでしょうか。よくビジネス本で、できる人の時間の使い方とか、できる人のメモや手帳の使い方とか、いろいろ出ていていますが、結局は、その人自身が開発したやりかたなので、それをなかなか真似ることはできないです。自分の一番いい方法を見つけていくしかないのでしょう。

人気blogランキングへ:ここをクリックするとblogランキング上がります。応援よろしく

|

« 機器をゲット | トップページ | 週末帰りのパターン化 »

コメント

松原先生 おはようございます。
自分の会社にも“機械”はいっぱいあります。これが普通に動いてくれていれば、問題なしで、わたしたちも“ゆっくり”してられるんですが、一旦“だだをこね出す”と、大変です。簡単なトラブルなら対応できますが、それ以上はメーカーさんを呼ぶしかないです。
“何でも出来ます”ってカッコイイし、メンテの費用(メーカー呼ぶとお金がかかる)も節約できますね。
わたしももう一度“取り扱い説明書”とか読んで、お勉強し直そうかな(^^;)

投稿: 阿頼王 | 2006年9月29日 (金) 07時13分

阿頼王さん おはようございます。

阿頼王さんのところも機器とかたくさんあるんですね。確かに何もないときは、機器もいいのですが、一つが調子が悪くなると、なぜか一つでなく一挙に他の機器まで調子が悪くなることもよくありますし。何でも自分で直せるといいのですが。

投稿: Mamoru Matsubara | 2006年9月29日 (金) 09時29分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なんでもできマスになりたい。:

« 機器をゲット | トップページ | 週末帰りのパターン化 »