« 学童の大会。野球運。 | トップページ | 和歌山の柿、丹波の黒大豆 »

2006年10月29日 (日)

フィギアスケートの曲

 日曜日なので少しゆっくり起きて、11時頃大学に行きました。今日は、推薦入試をやっていて、一部の先生方は出勤されていました。私のほうは、一日中部屋にこもってデスクワークしておりました。
 夜は、気になっていたフィギアスケートを少し見ていましたが、安藤美姫がとてもいい演技をして優勝しました。トリノで散々だったのですが、今日は別人のような感じでした。浅田真央のほうはジャンプが全然ダメで3位でした。なかなか昨年のようにはいかないようです。彼女たちは、名古屋からアメリカに拠点を移して練習していて大変ですが、確かに名古屋のほうは、スケートリンク状況があまりよくないので(お客さんと一緒にすべらないといけないので)、当分彼女たちはアメリカでやったほうがいいのでしょう。
今日のスケートのテレビで荒川静香さんが日本サイドでの解説をやっていましたが、結構しゃべりがうまかったです。
 フィギアスケートの一つの楽しみとして、よくクラシック音楽を曲として使っているのが好きです。今シーズンは、特に浅田真央がフリーで使っている、「チャールダーシュ」という曲がいいです。この曲はイタリアのモンティが作曲したヴァイオリン曲で、ゆったりとしたテンポから徐々にスピードが上がり、最後はかなりリズミカルになり、チゴイネルワイゼンの最後に似た情熱的な感じのものです。既にiPodにも入れました。ちなみに安藤美姫のフリーはメンデルスゾーンの「ヴァオリン協奏曲~第1楽章」でした。
 最近、クラシック音楽のほうもなかなかCDとか買っていなく開拓していないのですが、いい曲はたくさんあるのでこれを機に少しづつ増やしていきたいです。

人気blogランキングへ:ここをクリックするとblogランキング上がります。応援よろしく

|

« 学童の大会。野球運。 | トップページ | 和歌山の柿、丹波の黒大豆 »

コメント

松原先生 おはようございます。
オリンピックの頃はよくフィギアスケート見てましたが、昨日は外食&TUTAYAで、見ておりません。
浅田真央ちゃんはすごいジャンプを見せられなかったんですね。
クラシック音楽、いいですね~。
やっぱり“良い曲”が多いですよね。わたしも何気に良く聞いてはいるのですが、“音楽”と”曲名”が一致しない、というか、“曲名”が解らない。「ああ、聞いたことあるんだけど…」ってのが多いです。
“モンティ”の“チャールダーシュ”って解らないです。“メンデルスゾーン”の“ヴァオリン協奏曲”は好きな曲です。

投稿: 阿頼王 | 2006年10月30日 (月) 07時13分

阿頼王さん おはようございます。

外食&TUTAYA、いいですね。家族サービスでしょうか。
よくテレビとかで、いいなーと思ったクラシック音楽とかは、いつも気になってとことん捜すタイプで、昔もあるドラマのバックに流れていたすごくマニアックな曲のCDを買ったこともありました。

投稿: Mamoru Matsubara | 2006年10月30日 (月) 09時53分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フィギアスケートの曲:

» 安藤美姫優勝! [あるあるダイエット方法成功術]
な々みです。安藤美姫選手やりました!GPシリーズ初優勝おめでとう!そしてありがと [続きを読む]

受信: 2006年10月30日 (月) 09時35分

« 学童の大会。野球運。 | トップページ | 和歌山の柿、丹波の黒大豆 »