« 電気なべでの夕飯 | トップページ | スポーツ交流会 »

2006年10月13日 (金)

早寝早起き朝ごはん運動

 北朝鮮に対しての国連の制裁決議も決まりそうですし、日本の経済制裁で輸出入の全面禁止ということで、これから先どの程度北朝鮮に打撃を与えることができるか見ものです。
NHKのニュースを見ていたら、早寝早起き朝ごはん運動のことがやっていました。今年から文部科学省で、子供の生活習慣を改善する取り組みとして全国展開しているようです。発起人の一人は、あの百マス計算で有名な尾道市立土堂小学校の校長だった陰山先生で、「睡眠時間が7~9時間くらいだとテストの点も非常にいいが、7時間を切るとテストの平均点が落ちてくる。」とのこと。できるだけ朝は7時前に起きて、夜は9時には寝ることで、生活のリズムもできて成績もよくなるらしいです。そう考えると、うちの娘は、朝7時過ぎに起きて、夜はなんやかんやで10時半くらいまで起きています。かなり生活のリズムが崩れているということです。嫁さんも働いているので、夕食を食べる時間も遅くなり、お風呂に入るのも遅くなり、結局は10時くらいになってしまうようです。昔は、私自身は夜9時に寝て朝7時に起きていたのですが。最近の子供たちは、全体的に遅いようです。朝も、娘は食べる量が少ないので心配ですが、その代わりお昼の給食でいつもおかわりしているようです。
少なくとも早寝早起きについては小学校1年生のころからの娘の課題だったのですが、なかなかうまくいきません。これから高学年になったらもっと夜更かししないかと心配です。やはり親が一緒に早く寝るようにしなければ無理かもしれません。

人気blogランキングへ:ここをクリックするとblogランキング上がります。応援よろしく

|

« 電気なべでの夕飯 | トップページ | スポーツ交流会 »

コメント

松原先生 おはようございます。
北朝鮮は本当に困るでしょうね。「全世界が敵である」みたいなことを言っているようですが、あの国はパラサイト国家ですから…。ただ、真っ先に困るのが現状でも抑圧されている大多数の“一般庶民”であると言うのが気の毒ではあります。でもそこまでやらないとあの国は変わらないことも確かですよね。

“早寝早起き朝ごはん運動”ですか!?
先生のお宅のお子さんは、うちの子供たちに比べれば随分と優秀です。うちなんか夜は12時くらいまで起きているし、朝はもう7時30分とか学校遅刻ぎりぎりまで寝ていますし、おまけに下の子なんか朝ごはん抜きが当たり前です。そのかわり学校から帰ってきて時間があれば、”お昼ねタイム”です。いくら言っても直りません。嫁ももう“手放し状態”です、ちなみに家も”共稼ぎ”なんで、あんまり厳しいことは言えないです(^^;)

投稿: 阿頼王 | 2006年10月14日 (土) 07時10分

阿頼王さん 

阿頼王さんのところの子供さんも遅いんですね。やはり、共働きだと子供のほうも親のペースになりやすいかもしれませんよね。うちの娘もそうですが、学校とかで居眠りとかしていないのか心配です。

投稿: Mamoru Matsubara | 2006年10月15日 (日) 00時01分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 早寝早起き朝ごはん運動:

« 電気なべでの夕飯 | トップページ | スポーツ交流会 »