« 京都→名古屋 | トップページ | テレビの功罪 »

2006年11月12日 (日)

おやじの臭い

 昨日、今日と名古屋も寒く外へ出る時は、かなり厚着をしました。寒さに弱い身としてはこれからはちょっと大変です。
 最近、家に帰ってきて、娘の部屋とかに入ろうとするとちょっと拒否されます。特に、娘のベッドとかに座ろうとしたときに、娘の強烈な一言が返ってくるようになりました。「パパの臭いにおいがつくから座らないで」と。かなりショックな一言です。嫁さんに、臭いかなと聞くと、そうでもないよと言うので娘だけが感じる臭いなのでしょうか。
 そういえば、有名な科学の結果で、人間にも昆虫のフェロモンのようなものがあり、それはMHCという蛋白質が関与しているということ。このMHCが人によってそれぞれ異なっていて、それによって発散される臭いも異なってくるわけです。ある科学者が実験をして、ある人に着ているシャツの臭いをかがせたところ、MHCのタイプが遺伝的に最も遠い人のシャツの臭いを選ぶということです。遺伝的に近いものでなく遠い遺伝子を選ぶことによりヒトの多様性を出せるようにするわけで、逆に言うと、遺伝的に最も近い親の臭いは一番嫌われるということになるわけです。そうすると娘からみておやじの臭いは最も嫌悪すべきものとなるわけですよね。このように科学的に納得しても仕方がないのですが、明らかに娘からこのように臭いと言われると科学的な根拠があったとしても嫌なものです。年齢的にも(まだ小3なのですが)そろそろ父親はうっとおしがられるのでしょうか。少し寂しいですが。

人気blogランキングへ:ここをクリックするとblogランキング上がります。応援よろしく

|

« 京都→名古屋 | トップページ | テレビの功罪 »

コメント

松原先生 おはようございます。
う~む。他人事とはとても思えないです。
うちも中学3年生のお姉ちゃんには“完全に無視”されています。明らかに避けられています。「臭い」とは言われませんが…なんせ話しをしてくれませんから(^^;)

>MHCのタイプが遺伝的に最も遠い人のシャツの臭いを選ぶ

こういうのも“インセスト・タブー”を犯さないように遺伝的に仕組まれた事なんですね。
でも異常に仲のいい父親と娘(大学生で一緒にお風呂に入るそうです)とか二家族くらい近くにいますが、あれは何なんでしょうか?
ちょっと反対に“おかしい”ような気がしますが…。

投稿: 阿頼王 | 2006年11月13日 (月) 07時37分

阿頼王さん おはようございます。

そうですか。阿頼王さんのところは無視されているんですか。私も娘が中3になったら完全に無視されるのかな
非常に仲のいい父娘は、においのファクター以上に、親の娘に対するしつけや愛情などが違うのでしょうかね。うちも、仲のいい父娘になれるよう努力します。

投稿: Mamoru Matsubara | 2006年11月13日 (月) 11時29分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おやじの臭い:

« 京都→名古屋 | トップページ | テレビの功罪 »