« クリスマスイブとサンタ | トップページ | 久しぶりの再会 »

2006年12月26日 (火)

そろそろ授業の準備

  帰りは土砂降りの雨でした。この時期の大雨は珍しいですが、ニュースによると暖冬の時は、このようなケースがあるとのこと。今年はスキー場も雪が少なくて大変のようです。私は、この5年くらい行っておりませんので、あまり関係ないのですが。
 学生さんたちは、昨日から集中講義で朝からがんばっているようです。来年、早々テスト週間も始まるので、この冬休みはなかなかゆっくりできないと思います。
 今週は、私も少しがんばって実験にデスクワークに精を出しています。来年の授業のシラバスも考えなくてはならないですし、授業の準備もそろそろはじめなければ。来年の前期は科学英語なるものを教えなくてはいけないということで、自分でもうまくできるのか不安ですが、やるしかないという心境です。これを機に、英語に目覚めようかとも思っております。実験のほうも装置のほうが調子いいので、その間にたくさんデーターをとっておきたいと思っております。今週末までぎりぎりがんばる予定です。
 

人気blogランキングへ:ここをクリックするとblogランキング上がります。応援よろしく

|

« クリスマスイブとサンタ | トップページ | 久しぶりの再会 »

コメント

お疲れさまです。
授業の準備は大変ですよね。いざ学生に教えるとなると、私も英語が苦手なので色々と教えてください。

投稿: 8817 | 2006年12月27日 (水) 08時39分

松原先生 おはようございます。

もう来年の講義の準備ですか。
年末の慌しい中、大変ですね~。

科学英語ですか。研究者にとっては、海外の文献を渉猟しなければならないので、必要な道具ですよね。わたしは昔、“技術英語検定”なるものを受けましたが、普通の英語と少し違いますよね。って言うか専門用語が多い。文法的には簡単なのですが、例えば“function”は普通では「働き、機能」ですが、「関数」って言う意味があるんですよね。“f(x)=”って、「普段使っている、その“f”って何だ?」って言ったら、実は「関数」の事なんですよね。そんな簡単な事も理系でありながら解っていなかったりします。でもその一文字が解らなかったら、論文の理解が出来ませんよね。だから、結構大事な科目だと思います。先生、御指導頑張って下さい(別にプレッシャーかけてる訳ではありません)。肩の力を抜いて、御自分も楽しみながら、学生さんを指導してあげて下さい。

投稿: 阿頼王 | 2006年12月27日 (水) 08時46分

8817さん おはようございます。

お互い情報交換しながらやっていきましょう。よろしくお願いします。

投稿: Mamoru Matsubara | 2006年12月27日 (水) 09時36分

阿頼王さん おはようございます。

そうですよね。理系の論文って、理系英語独特の専門用語があるので、それ自体分からないと意味が取れないので、そういうものを一つ一つ教えていく必要があります。案外、未だに自分でも調べないと分からないものもあるので恥ずかしいのですが。教えるときは、何でも知っているような顔をして教えないといけないのですが。

投稿: Mamoru Matsubara | 2006年12月27日 (水) 09時39分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: そろそろ授業の準備:

« クリスマスイブとサンタ | トップページ | 久しぶりの再会 »