« 試験監督、神戸の震災、ゴアさん | トップページ | 明日はセンター試験 »

2007年1月18日 (木)

不二家の問題。田辺製薬と三菱ウェルファーマ合併

  不二家の消費期限切れの牛乳を使った商品を出していた問題から、更にいろいろなことが出てきました。虫が入ったパンや、食中毒の未公表問題など、本当にペコちゃんが泣いちゃいますよね。雪印の教訓が全く生かされていなかったということで企業としても情けないです。これでよっぽどのことがない限り立ち直れないのではないでしょうか。やはり企業、特に大企業においては、消費者に対する信頼や誠実さというものが絶対に必要です。消費者への裏切り行為をした企業は生き残れないと思います。
 企業も生き残るのは必要ということで、今日も製薬企業合併のニュースが飛び込んできました。田辺製薬と三菱ウェルファーマが今秋にも合併する方向で動いているとのこと。合併によって国内第6位の製薬企業になるとのことです。田辺といえば大正製薬との合併の話が破談になったこともあるので、まだ本当にどうなるかは分かりませんが、国内企業はかなり厳しい状況であるとのことなので、このような合併話は今後もどんどん出てくるでしょう。田辺製薬には友人もたくさんいるのですが、彼らはこの合併をどう思っているのか。こういった企業の戦略に巻き込まれるのはやはり一社員の人です。これでまたリストラなどはして欲しくないと思います。
 野球のほうは、工藤選手は43歳で横浜べースターズへ、桑田選手は、38歳でアメリカで野球を再チャレンジするということで、ほんと尊敬しちゃいます。本当に野球が好きなんだと思います。サッカーのカズも横浜FCで今年からはJ1ですし。カズには次のワールドカップに出て欲しいと思っています。こういう人たちを見ると私自身も、アメリカとかに行って研究で勝負したい気持ちになりますが、実力がついていかないですよね。特に今からアメリカでPIなんかは絶対無理です。そういう意味でも彼らのモチベーションってすごいです。

人気blogランキングへ:ここをクリックするとblogランキング上がります。応援よろしく

|

« 試験監督、神戸の震災、ゴアさん | トップページ | 明日はセンター試験 »

コメント

松原先生へ
不二家問題…全然企業の体質(儲けのためなら、消費者を裏切る行為をする事に対して感覚がマヒしている)は変わっていませんね。

これからドンドン企業の合併などは増えて行くでしょうね。TOBやM&Aは当たり前の世界になって来ると予想されます。グローバリズムが進むと、企業が“モノ”として売買の対象になると思います。安く買って高く売る。品物と同じですね。日本はアメリカに伍してこれらの環境で勝たなければならないと思います。もう、これはアメリカ(巨大資本)が仕掛けてきた“経済戦争”です。日本人はこれからグローバルスタンダードの中で勝ち抜いて行かなければなりません。しかしこのままでは残念ながら、日本はまた“敗戦国家”になってしまいます。今こそ、日本人はモチベーションを上げて、勝ち組にならなければならないと思います。

投稿: 阿頼王 | 2007年1月19日 (金) 21時15分

阿頼王さん 今晩は。

そうですね。ほんとグローバル化で、企業は世界が相手ですから大変ですよね。その中で勝負するには日本はまだまだ全体的に力不足のような気がします。だからといって鎖国なんかできませんし。

投稿: M-MAT | 2007年1月19日 (金) 23時40分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 不二家の問題。田辺製薬と三菱ウェルファーマ合併:

« 試験監督、神戸の震災、ゴアさん | トップページ | 明日はセンター試験 »