« 納豆ダイエット番組の捏造 | トップページ | ファイザーも研究所閉鎖 »

2007年1月22日 (月)

そんまんま東知事になる。納豆問題

  昨日の夜、新幹線に乗る前に名古屋駅の待合室でテレビを見ていたら、宮崎県の知事選の開票速報で、そのまんま東氏に早々と当確が出ていました。そこにいたほとんどの人たちはびっくりした顔をしていました。私もまさか当選すると思っていなかったので驚きました。宮崎県民は既成政党よりもしがらみのない人を選んだということなので、そのまんま東さんは、なんとか県民の声を大切にしてがんばってもらいたいです。彼は、早稲田で政治、特に地方自治を勉強してきたということで、これまでの単なるタレント候補とは違うという期待はあります。様々な既得権益とやりあっていかなければならないでしょうが、ここはなんとか宮崎県政を変えて、全国にアピールしてもらいたいです。
 あるある大辞典の納豆の問題は、昨日9時から謝罪の番組があったとか。視聴者のほうからも苦情の電話やメールが殺到しているようです。当然だと思います。この問題で関西テレビやフジテレビはどのような責任をとるのか見ものです。不二家や様々な企業の不祥事の時は、テレビ局をはじめマスコミはこてんぱんにその企業を叩きます。その結果、不二家では、ほとんどの商品も店から消え、関連の店舗も営業停止になりました。同じように、一つの番組であったにせよ、関西テレビやフジテレビは社会的に大きな問題を起こしたわけですから、場合によっては、他の番組も停止にするくらいのけじめがあってもいいわけです。しかし、これまでもそうですが、マスコミに不祥事があったときに、ある程度の調査をして終わりというケースが多いです。マスコミは自分たちには非常に甘いです。マスコミこそ、自分たちが放送する内容は、どれだけ社会的に大きな反響を及ぼすのかを真剣に考えて、もっとまじめに取り組むべきです。今回のこの問題も必ず最後は、知らぬ間になくなってしまうような感じがします。

|

« 納豆ダイエット番組の捏造 | トップページ | ファイザーも研究所閉鎖 »

コメント

松原先生 こんばんは。
そのまんま東氏の宮崎県知事当選、想定内ではありましたが、一方で、そこまで「宮崎県人」は選択肢が無かったのかと、非常に納得の行きにくい結果でもありました。そのまんま東氏と言えば、「たけし軍団」として、「フライデー襲撃事件」とか、児童福祉法違反容疑、後輩タレントへの傷害容疑で書類送検等といった事件を起こしてきた人物です。まず、スタートラインでコケていると感じるのは、一部の国民だけなのでしょうね。まあ、他の候補も、官僚出身者とか、共産党推薦とか、何時も選挙になると出てくる面子なので、どの候補がどうとは言えませんが…。本等に立派な人材は政治家なんか目指さないのかとがっかりしてしまいます。後は、もう“東国原英夫”さんに、真剣に県政に取り組んでもらうしかないですね。

投稿: 阿頼王 | 2007年1月23日 (火) 22時14分

阿頼王さん 

確かに宮崎県民にとって選択肢がなかったのかもしれませんね。その中でやはりタレントという知名度というのは、なんやかんや効いてきますよね。今日当たりの初登庁を見ていても、素人という感じですので、本当に仕事できるかは分かりませんね。ただ、何も素人という謙虚さもあるので、今は期待するしかないです。

投稿: M-MAT | 2007年1月24日 (水) 01時41分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: そんまんま東知事になる。納豆問題:

« 納豆ダイエット番組の捏造 | トップページ | ファイザーも研究所閉鎖 »