« Excavation: an encyclopedia of facts(発掘あるある大辞典) | トップページ | 卒業式シーズン »

2007年2月28日 (水)

タミフルの異常行動

  今日で2月も終わり、相変わらず時が経つのは早いです。明日からは3月、気象庁の暦的には春になります。東京では、観測史上初めて冬に雪が降らなかったとか。
 タミフルの服用による異常行動によって中学生の転落事故が相次いでいますが、ようやく厚生省も未成年者が服用したときは十分に気をつけるように注意喚起しました。実際にタミフルと異常行動との因果関係ははっきりしないので、タミフル自体を使用不可にはできないと思いますが、十分な検討が必要でしょう。
 タミフルは、インフルエンザウイルスが有するノイラミニダーゼを選択的に阻害して新しく細胞内で増殖したインフルエンザウイルスが、細胞外に放出されることを抑制してウイルスの増殖を抑えるので、メカニズム的にはいい薬です。それでも副作用がでるということは、他にも生体内で作用点があるということでしょう。特に脳においてはどのように反応して副作用がでるのかを臨床試験でチェックするのはなかなか難しいと思います。副作用の出る人はおそらく確率的にはほんとわずかだと思うので、体質、専門的にいえば遺伝子の違いに起因するのかもしれません。タミフルに関わらず薬というものは現段階では誰にでも効くというものではないので仕方がないです。我々の体のこと自体分からないことが多いので、副作用が出ない理想的な薬の開発というものは、まだまだ難しいと思います。

|

« Excavation: an encyclopedia of facts(発掘あるある大辞典) | トップページ | 卒業式シーズン »

コメント

松原先生へ
最近タミフルの服用による死亡とか異常行動が報道されていますね。インフルエンザの特効薬ということで、インフルエンザに罹ると直ぐに処方される薬ですよね。「インフルエンザの特効薬」と言うことで、大勢のインフルエンザ患者を救っている事も確かなのですが、良く効く薬って、裏返せば副作用も大きいってことですよね。もう少しタミフルの薬理作用とか解明されて、もう少し安全な薬に改良して欲しいですが、難しいのでしょうね。鳥インフルエンザとか毎年のように発生している現状においては、タミフルへの期待はより大きくなっていますものね。ある程度のリスクがあっても捨てられない薬ですよね。

投稿: 阿頼王 | 2007年3月 1日 (木) 21時23分

阿頼王さん 今晩は

タミフルは、将来引きこるかもしれない,新興インフルエンザに対しても有効でないかと言われているので、副作用があっても捨てられないようです。ただ、当然他の製薬メーカーは新規なメカニズムのインフルエンザ治療薬を開発していると思うので、そういうものは副作用もかなりなくなると期待されます。

投稿: Mamoru Matsubara | 2007年3月 1日 (木) 22時45分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タミフルの異常行動:

« Excavation: an encyclopedia of facts(発掘あるある大辞典) | トップページ | 卒業式シーズン »