« 学童新入生歓迎会、地震など | トップページ | 勉強の楽しさ »

2007年4月17日 (火)

爆笑問題の教養番組

  アメリカの大学で30人近くもの犠牲者を出した銃の乱射事件が起こったわけですが、夜には日本でも、長崎市長が銃で撃たれ心肺停止になっているようです。銃は本当に怖いです。
 タレントの爆笑問題を最近テレビでよく見ます。同じ年だけに彼らの言っていることに少しは共感をもつこともあります。先週は、たまたまNHKの番組を見ていたら、「爆笑問題の日本の教養」というのがやっていました。第1回目は、あのアクチビンを発見した東大の浅島誠教授の研究室に爆笑問題が訪問していろいろと語っておりました。アフリカツメガエルやイモリがたくさんいる研究室で、発生の話や再生医療の話などもしていました。アクチビンをうまくコントロールして作った心臓や腎臓の細胞を彼らが見て驚いていたのも面白かったです。再生のメカニズムを知るという基礎研究も、最終的には医療にも応用され生命倫理とかで問題になるのではと、太田さんが浅島先生にしつこく言っていたのも印象に残りました。今後もこの番組では、日本の有名な研究者を訪ねるということなので楽しみです。
 そういえば、爆笑問題の田中さん、皐月賞で競馬で大穴を当てたらしく800万円近く懐に入ったようです。人生調子いい人は違いますね。

|

« 学童新入生歓迎会、地震など | トップページ | 勉強の楽しさ »

コメント

松原先生 おはようございます。
アメリカは“銃社会”。時々起こりますよね、学舎内での銃乱射。それでも彼らは“銃”を手放そうとはしない。
“アクチビン”の発見はすごいですよね。でもなぜその器官があるべき場所で、あるべき濃度になるのか…某発生学者さん(名前を忘れてしまいました。“アクチビン”が発見されるずっと以前の話ですが…)は、“場”の概念で説明されていましたが、半ば“オカルト”的ですよね。もうそれも判明しているのでしょうか? 
爆笑問題さんの番組では、大田さんが“総理”になって、擬似国会をやっているのとかを時々観ます。田中さんは、“○玉手術”の話題くらいしか、目立った話題知りませんでしたが、皐月賞で大穴ですか! 良いですね~。

投稿: 阿頼王 | 2007年4月18日 (水) 06時24分

阿頼王さん

アメリカの全米ライフル協会の圧力が強く、絶対に銃規制の方向にはならないでしょうね。日本の200倍も銃による犠牲者が多いのですから、恐ろしいし、大学生が銃を合法的に持てるというのもおかしな話です。

投稿: Mamoru Matsubara | 2007年4月19日 (木) 09時30分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 爆笑問題の教養番組:

« 学童新入生歓迎会、地震など | トップページ | 勉強の楽しさ »