« 平成18年度も終了 | トップページ | フレッシュマンフェスタ »

2007年4月 1日 (日)

大学の入学式

  今日は大学の入学式でした。新入生を新たに向かえ、新鮮な気持ちになります。
 昨年久しぶりに大学の入学式に参加しましたが、去年も今年も気づいたのが、学生さんのご両親が大勢来られていることでした。我々の頃はほとんど来ていなかった印象があったので、時代も変わったなという感じがします。ただ、高い学費を払っているのはご両親なわけで、そちらの立場からすれば子供の晴れ舞台を見るのはもちろんのこと、子供が入学した大学というものを実際に見て、大学が子供の夢に向けて何をしてくれるのかをしっかりと確認しにきたと考えてもいいわけです。そういう意味でも、我々教員の責務というものは大きいです。なんといっても4年後、入学した学生の進路というものを保証しなければなりません。
 入学式が終わり、新入生とご対面し、その後教授会があり、いろいろとdiscussしました。
夜は、別の学科のN先生からご飯に誘われ、H先生、S先生と4人で、韓国家庭料理のお店に行きました。私の家までの帰り道にあり、いつも気になっていた店だったので、ちょうど良かったです。料理もおいしかったです。N先生、H先生とじっくりとお話したのは初めてだったので、大学のこと、個人のことなど有意義な話ができました。明日からの新学期がんばっていきます。

|

« 平成18年度も終了 | トップページ | フレッシュマンフェスタ »

コメント

松原先生へ
思い返せばウン十年前、ウチもわたしの大学入学式に母親が参加しておりました。自分より母親の方が喜んでいたような気がします。親にとって、子供の大学入学は、ある種の達成感&満足感があるのではないでしょうか。
韓国家庭料理のお店、気になりますねェ。他の先生方と行かれたようですが、やっぱり定番“キムチ”とか、結構辛い料理って多いのでしょうか。焼肉とかも有名ですよね。わたしはクッパとか好きですね。「冬のソナタ」鑑賞以来、韓国に親近感を持っております。反日三国の一つですが、特に若い世代で、和解が進んでいるようで、良いことだと思います。
先生も良ければ、是非「冬ソナ」一度観賞してみて下さい。評価は二分されるようですが、わたしは良いと思いました。両国の間にはまだまだ問題がありますが、お隣の国同士、仲良く出来ればと思います。

投稿: 阿頼王 | 2007年4月 3日 (火) 00時04分

阿頼王さん 今晩は

私も韓国にはとても親近感をもっています。会社にいた時2回ほど韓国に出張し、むこうの人と大変仲良くなりました。それこそハグしてもらいました。むこうの人が言うには私の顔は韓国人といっても納得される顔だそうで、喜んでいいのかどうか。冬ソナも結構はまっていましたよ。

投稿: Mamoru Matsubara | 2007年4月 3日 (火) 00時37分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大学の入学式:

« 平成18年度も終了 | トップページ | フレッシュマンフェスタ »