« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月30日 (水)

ストレスを測る

 今日も、一日いろいろと忙しく過ごしておりました。午後からは、予定の会議が長引き、今日から始まった自分の研究室で立ち上げた自主勉強会(遺伝子機能研究会)に間に合いませんでした。その間、N先生にしっかりと仕切っていただいて、学生のほうも勉強になったでしょう。ちょうど私が戻ったときに、ストレスがらみの話で、それを測定するキットを試しに使っていました。(COCORO METER:ココロメーター) ストレスにより交感神経が高まると、アミラーゼ活性が上昇するという原理を利用したものです。
 同じような唾液のストレスマーカーとしてクロモグラニンAの量をチェックするというのも見たことがあります。(例えばこれ
 ココロメーターを試しにやったところ、値は3という低い値で、ほとんどストレスがないとのこと。思わず学生から「ストレスがなくていいですね」と。
 明日、学生に対して英語の試験を行うということで、ストレスを与えている立場としては少し申し訳なかったのですが。それでも学生によっては私と同じように値が低く、全くストレスが無いものもいたので、結局は、測定している際の精神状態にもよるのでしょう。
 おそらく何か大事な試験や発表前などでは急激にこの値は上昇するのでしょう。
 こういうストレスマーカーをはじめとして、病気の原因となるバイオマーカーを見つける仕事というのは、かなり競争の激しい分野です。一つでもいいものが見つかると、検査キットとして大きな市場が見込める可能性があります。実際には、見つけるのはテクニカル的にも難しいのですが、大いに挑戦しがいのある分野です。何かいいものを見つけたいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月28日 (月)

訃報続き

   今日は、2つの訃報が立て続けにあり驚きました。
 松岡農相は、死という選択でしか逃げることができなかったのでしょうか。内閣の一員が自殺という形で自らを断つということは、社会に対しての影響が大きすぎるのではないでしょうか。結局、松岡大臣の様々な問題がこれで終わってしまい、政治とお金の問題はうやむやになってしまいます。
 もう一つの坂井泉水さん(ZARD)のニュースもびっくりしました。まさかがんで病院に入院していて、転落事故で亡くなったとは。あのミリオンセラーの歌手のイメージとは全くかけ離れてしまったような最期で、とても複雑な気持ちです。彼女の歌ほんと良かったので残念です。
 他に書こうと思った事もありましたが、今日は2つの訃報で自分自身も気分的に滅入ってきます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月26日 (土)

運動会日和

 今日は、娘の運動会でした。娘の通う小学校では毎年、5月の第4土曜日に行っています。娘が入学してから4回目ですが、この日はいつも晴れて中止になったことがありません。晴れ男、晴れ女がたくさんいるのでしょう。ただ、今日は、昨日の雨の影響でかなり運動場が濡れていたようで、30分遅れてはじまったようです。娘の短距離走が始まるであろう時間に行ったのですが、プログラムの進行がかなり遅れていました。
 娘の短距離走のほうは、今年は4人中4番め(ビリ)でした。娘が走る組は、リレーの選手など足の速い子が多かったようで、仕方がなかったようです。ただ、走り方を見た感じでは、手足の振りがイマイチだったので、もっと改善はできそうです。来年に期待しましょう。もう一つの、クラス対抗の出し物は(棒をもって走るリレーのようなもの)は、娘のクラスが一番だったようで、短距離で負けた分、うれしかったのではないでしょうか。
 会場では、高校の同級生2人に会いました。ご子息が同じ小学校のようで、こんなところで会うとは思っても見ませんでした。

 今日は、嫁さんの誕生日でもあるのですが、運動会が終わってからは、私はマンションの管理組合の会議があり、夜は、嫁さんが学童保育の会議でした。ゆっくりとお祝いする時間がないので、明日がお誕生日会ということになりそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月24日 (木)

21人の弁護士の意味は?

 今日も午前中は講義で、午後からも2回生の自主ゼミがあり、それに参加しておりました。なんやかんやですぐに夕方で、少し実験をしようとしましたが、他にも用事が次々とあり、なかなか進みません。途中書きの2つの論文も机のどこかにいっております。

 夜はCoCo一番で久しぶりにカレーを食べてから帰り、少しニュースを見ていました。山口県光市で起こった母子殺害事件の差し戻し控訴審の初公判についてやっていました。これに関しては、1年ほど前にもエントリーしましたが、この事件のニュースが報道されるたびに、この被告人への怒り、更には被告を弁護する弁護団のやり方に疑問を感じます。今回は、21人の弁護団を擁して、殺人でなく傷害致死であることを証明するということで本当にばかげています。これまでの8年間の審議はなんだったのでしょうか。

弁護団は被告の犯行を「仮想現実に逃げ込んだままごと遊び」と表現した。本村さんは「法廷を混乱させようと奇々怪々なことを言っている」と批判。「被告を救うことは手段で、目的は死刑制度の廃止を訴えること。遺族だけでなく、被告さえ利用している」と厳しい表情で語った。(5月24日20時31分 時事通信)より一部抜粋)

 本村さんが言っている様に、この21人の弁護士は、おそらくこの裁判を通じて死刑制度廃止を訴えるのに利用しており、本当の意味でこの被告人のことを考えているのか疑問です。もし無期懲役で社会にでるようなことがあったら、この21人の弁護士全員は、最後までこの被告のことを面倒見て、しっかりと遺族に償いをさせるのでしょうか。本村さんに対してこの21人の弁護士らは何も思わないのでしょうか。被害者の死の意味をもっと考えて欲しいです。
以前、本村さんはあるニュース番組で「死刑は廃止してはならない。死刑の意味は、殺人の罪を犯した人間が、罪と向き合い、犯行を悔い、心から反省をして、許されれば残りの人生を贖罪と社会貢献に捧げようと決心して、そこまで純粋で真面目な人間に生まれ変わったのに、その生まれ変わった人間の命を社会が残酷に奪い取る、その非業さと残酷さを思い知ることで、等価だという真実の裏返しで、初めて奪われた人の命の重さと尊さを知る、人の命の尊厳を社会が知る、そこに死刑の意義があるのだ」(引用元
と言ったそうです。今、あらためてこの本村さんの主張を聞いて、今回のこの事件に関しては、本村さんの思いが叶って欲しいと個人的には思っております。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月22日 (火)

無農薬農薬作り

 私が担任している1回生はとても活発で、毎日、研究室のほうに来ます。お互いのメンバー同士も仲がよく、この間の日曜日は、京都観光に行って来たようです。私へのおみやげもあり、扇子と油とり紙をもらいました。
 今日は、学生さんらが以前から作りたいと言っていた、無農薬農薬を作りました。メンバーの一人の学生さんが、高校生の時、スーパーサイエンスハイスクールの企画で友達がやっていたということで、自分も是非経験したいということで、レシピを持ってきてくれました。以前、「鉄腕ダッシュ」という番組でも紹介されていたらしく、材料としては、トウガラシ・ニンニク・ニラ・ヨモギ・ショウガ・コーヒー殻・茶殻で、これらをすり鉢ですった後、熱湯で煮出し、そこに牛乳や焼酎、酢を加えて、布でこして作るというものです。さすがに入っているものからも分かるようにすごい臭いでした。ドラフトの中でやってはいましたが、研究室中に臭いが充満しております。最後は鼻がきかなくなり、臭いのか臭くないのか分からなくなりました。布越しした抽出液は、明日まで冷やして、霧吹きに詰めて出来上がりということで、実際に農薬になるのか楽しみです。
 
 
 

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年5月21日 (月)

いいお知らせ

 TOTOのBigのほうは、ただの紙切れになってしまいました。ほとんどの人が一瞬の夢を見たということですが、7人の人は5億6千万円ゲットしたということで、どのような人が当たったのでしょうか。
 今日は、朝、メールを開けたらうれしいお知らせが。共同研究をさせていただいているH大学のK先生が、昨日の生化学の支部会で優秀賞を受賞したとのことでした。私の名前も入れていただいているとのことで、うれしい限りです。最近、K先生のラボは、特にリン酸化解析において画期的な手法を開発されたので、当然の結果だとは思いますが、私も少しそのお仕事をお手伝いできて大変光栄に思っております。この調子でいい共同研究が更にできればと考えています。
 大学のほうは、相変わらず英語の授業などでバタバタしております。最近、教え方も少しマンネリ化しており、何とかならないのかと自分でも思うのですが、変化を入れるだけの余裕もなく、これまでと同じペースになってしまいます。もう少し考えなければ。今日は、来週ある中間テストの問題作りをしておりました。かなりやさしく作ったので、みんな満点でもとってくれるとうれしいのですが。
 明日からは、プロ野球も交流戦が始まるようです。これまで中日は交流戦が今ひとつなので、今年こそは交流戦優勝を目指して欲しいです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年5月19日 (土)

トーチ。TOTOのBIG

 今日は、娘が学童保育の合宿で昼から出かけるということで、その前に顔を見ておこうと思い、朝早く名古屋に戻りました。夏の祭りやキャンプなどで、トーチに火をつけて回したりするらしく、その訓練をしに岡崎の合宿所に行ったようです。そういえば、昔、私も子供会の行事でトーチはやったことがあり、そのような合宿所で教えてもらったような記憶があります。今も昔も、キャンプや祭りなどでは、トーチの出し物はある種の伝統なのでしょう。
 夜は、久しぶりに娘抜きで、嫁さんとご飯を食べに行きました。娘が生まれる前によく行った「文化洋食店」(名古屋の人なら「文化洋食店」といえばすぐに分かりますが)で、ビーフシチューを食べました。お肉が柔らかいし、とても懐かしい味でした。

朝、名古屋に着いたら駅前で行列が。例のTOTOのBIGを購入する列でした。どうしようか迷ったあげく、「買わなければ6億円当たらないよな」と、自分に言い聞かせ列に並びました。20分後、6億円の可能性のある券をゲットできました。あとは神様に祈るだけです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月18日 (金)

サツマイモの苗植え

 今日は、午前中は、高校で化学を履修していなかった学生さんに対して、化学の家庭教師をしました。それこそ「H, He, Li, Be.......(すいへーりーべー・・・)」の初歩からで、元素、化学式など基本的なところをまず徹底的にやりました。これからも週に1回基本をやっていくことにします。
 午後は、S社の方が来られ、セミナーでしゃべってくれないかという依頼を受けました。大変光栄なのですが、少し不安も。何せS社の装置を使っていないのにその会社のユーザーズミーティングでしゃべってくれというのですから。どうなることやら。もう一回考えなければ。
 夕方は、学園祭で売り物にするサツマイモの苗植えをしました。2回生の掛け声で、1回生も加わり、総勢50名くらいで500本の苗を畑に植えました。当初は1回生がどれだけ参加してくれるのかと心配だったのですが、今年の1回生はなかなか活発です。40名くらい参加してくれたということで、2回生も喜んでいました。その後、学内でバーベキューをやり、お肉をおいしくいただきました。パエリア風ライスもあり、お腹一杯になりました。さすがに学内なのでビールなどは飲めませんでしたが、お酒なしでも、学生さんらは大いに盛り上がっていました。こういう機会に、縦のつながりも密になっていくことでしょう。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月16日 (水)

アクセス増の理由。講義の反省

   今日、このブログへのアクセスが急に増え(いつもの5倍くらいになっていた)、何が原因かと思っていたら、どうもニフティーのTopページにある「みんなのブログ」画面に昨日の私のブログのエントリーが8時間くらい載っていたようです。さすがにここに載ると一挙にアクセスが増えるようです。一日500アクセス以上になることは、もう二度とないでしょう。
 増えた理由で一つ考えていたのは、本日講義をやって自分のHPを学生に教えたので、そこを経由してのアクセス増だったのかもしれないということでした。でも、そうではなかったようなので、今のところ学生さんはあまりこのブログは見ていないようです。
 今日の概論の講義は、年に一回、私の分野をおおまかに1回生に話す講義でしたが、昨年同様、感触は良かったです。やはりゲノムや遺伝子の話、あるいは蛋白質の話は身近なものとして考えることができるのかもしれません。また、特にバイオサイエンスをめざす学生さんにとっては、将来この分野で遺伝子や蛋白質の実験をやってみたいと思うのでしょう。出席票をかねた感想文にも、非常に面白かったと書いてくれた学生が多々おり、また、しっかりした意見もあったりと、思ったより皆さん理解してくれたようです。もちろん、中には寝ている人もいましたが、200人を相手の講義なので、そういう学生さんも必ずいるので仕方がないです。ただ、知っている学生さんが最初から寝ていると少し残念に思います。そういう意味では、まだまだ、私の講義が学生全員を虜にするものではないということです。そのあたり、修行が必要です。ある程度のジョークなど入れたほうがいいのかもしれません。これについてはお笑いの人の間のとり方とか、しゃべりとかを学ぶ必要があるでしょう。芸人はなんやかんやでお客さんを虜にする魔術を持っています。
来月は高校への出張講義もあるのでそれまでにはもう一回いい喋りができるようにがんばろうかと思っています。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月15日 (火)

はしかが大学で流行

  東京の上智大学や日大の文理学部では、はしかが流行っていて休講になっているようです。こういう感染症は、誰かひとりがなってしまうと学校の中でうつってしまうので注意が必要です。今のところ関西のほうの大学では流行っていないようなので安心ですが、こればかりはどうなるか分かりません。
 昨日、今日と午前中、講義があり、明日も、明後日も午前中、講義があります。今週だけですが4日連続ということで、かなり忙しいです。明日の1時限目は200人の学生さん相手の概論の講義なので少し気持ちが高ぶっております。こういうときに限って、研究用の装置のエラーが出て、その対応もしたりしてアップアップです。装置のほうはなんとかすぐに直ったので良かったのですが。
 今日はこれからまだ家でやらねばならぬ宿題が一杯あるのでこのあたりにしておきます。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月14日 (月)

母の日。脳を鍛えるの産学連携

  昨日は、母の日でしたが、自分の母親には、GWに旅行をプレゼントしたということでこの日曜日は実家には顔を出しませんでした。娘が嫁さんに何かをするのかなーと思いましたが結局何もせず。テレビの「ちびまる子ちゃん」や「サザエさん」で母の日の設定でやっていたので、それを見ていた娘は、少し気になったのか、妙に夕食の準備やお片づけのお手伝いをしておりました。私は夕食を一品作って食べてもらいました。
 日頃から感謝していれば、こういう日に何か特別なことをしなくてもいいのかなーと思いますが、いろいろな業界の人にとっては、この母の日の市場効果は大きいのでしょう。来月は父の日もありますが、母の日ほどではないかと思います。

 脳を鍛えるで有名な東北大学の川島教授は、任天堂のソフトの監修料だけで、研究所を立てたそうです。(記事はこちら) 一種の産学連携の成功例だと思いますが、ある意味いいところに目をつけたと思います。5月3日のNatureのNews Featuresにも「Brain Craze」というタイトルで載っていました。日本のコンピューターゲームによる脳の老化防止がブームになっていることと、それに対して神経科学者から疑問の声も出ているとのことで、少し辛口なコメントもありました。しかしいずれにしても、自分の監修料を何億も出して研究所を作り、更に詳細な研究を目指すということでうらやましい限りです。こういう産学連携ができると大学にとっても企業にとっても利益があって最もいい形ではないでしょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月11日 (金)

カプセル内視鏡

 今日は、朝からデスクワークでした。途中、学生さんらが入れ替わり立ち代わり来て、しゃべったりしておりましたが、逆にいい気分転換になり、仕事のほうは結構進みました。明日も少し仕事してから名古屋に帰る予定です。
 先日テレビを見ていたら、カプセル内視鏡を使った検査が一部の病院で行われているとのことでした。カプセル型の小さな内視鏡で,医師が操作することなく,患者が内視鏡を錠剤のように口から飲み込むだけで検査が済むようです。この本体を飲み込むと,カプセル内視鏡は消化管のぜんどう運動に乗って進み、自動的に1秒あたり2枚のペースで静止画を撮影していくのだそうです。その静止画データは外部に電波で送信し、それを検査する人の腹部に貼ったアンテナでとらえ,デジタル・データに復元した後で腰に付けた記録装置に保存するようです。
 検査終了後,記録装置内のデータを専用ワークステーションに転送し,静止画を動画に変換,医師が画面上で異常があるかどうかをチェックするというものです。カプセル内視鏡本体は,最後に便中に排出されるらしく、本体は使い捨てのようです。
 これは基本的には全く痛みもなく、仕事をしながらでもできるようで、本当に画期的なものではないかと思います。危険性とかについては触れていなかったので、実際にどうなのかは分かりませんが、是非やってみたいと思いました。まさにミクロの決死隊のようです。
 昔、学生の頃、大腸検査をやったときにかなり痛く、苦しんだ記憶があります。そのため、どうもこのような検査は避けてきたので、なおさら、このカプセル内視鏡に興味があります。どこの病院でやっているのか調べてみようかと思います。これをやって何か体の不具合が見つかったら大変ですが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月 9日 (水)

トヨタの右肩上がりと環境問題

  昨日、今日と気温が30℃近くになり5月とは思えない暑さです。部屋で仕事をしていても汗がじわじわと出てくるので、明日は半袖を着ていったほうがいいかもしれません。
 トヨタが売上高24兆円、経常利益2兆円でとても好調のようです。特に海外で低燃費の小型自動車が売れているとのことです。海外の工場もたくさんでき、今後どこまで大きくなっていくのでしょうか。おそらく今年はGMを抜いて世界一の自動車会社になるでしょう。逆に、昔のようにアメリカでは厳しい目でみられていくのではないでしょうか。
 トヨタは、海外では車が売れている一方、日本では売り上げ台数が伸び悩んでいるようです。そのため、旅行会社と提携して車でいけれるような旅行プランを多く開拓して、消費者に車を買わせていく戦略をとるようです。
 私自身も車を乗るのであまり言う権利はないかとは思いますが、やはり車というものが環境に対してかなり負荷をかけているのは事実です。燃費がよくなり、更に今後はハイブリッドや石油によらないバイオエタノールを燃料としたとしても、かなり環境に負荷をかけるのは間違いないと思います。そういう中で、やはり自動車メーカーは経済自由主義に従い、どんどんと売り上げを伸ばすために車を売っていかなくてはならないわけです。
 環境問題と騒ぎ立てても、結局は車が増えれば二酸化炭素も当然増えるわけです。そのあたり、トヨタはどのような論理で今後世界の大企業としての責任を果たしていくのでしょうか。
 トヨタは確かにバイオプラスチックなど環境にやさしい材料の開発研究にも力をいれているのは事実です。以前、バイオビジネススクールでトヨタのバイオの部門の方が、将来はバイオプラスチック分野でも自動車分野と同じ規模の売り上げを目指すといっておりました。バイオ部門が単にトヨタの社会貢献というアクションだけではなく、本当のビジネスにするということを強調しておりました。もしそうならば、やはりもうそろそろ自動車の売り上げだけを伸ばすという戦略だけでなく、環境指向型のビジネスモデルでやっていってもらいたいです。たとえ結果として自動車分野の売り上げが落ちたとしても、そのような方向でやるならばトヨタもすごい企業だと思います。でも、こんなに拡大路線だと、結局はもう後戻りはできないのでしょう。トヨタの拡大路線の結果として環境問題がどうなるのかも大きなテーマではないかと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月 7日 (月)

GW明け。名古屋のタクシー禁煙。

  GWも終わり、今日からまた仕事です。休み明けは、やはり仕事が溜まっておりやること一杯です。授業以外にも、いろいろなところからメールがあり、その対応で半日ほどつぶれました。
 来週は、バイオ環境概論という講義があり、ゲノムやプロテオミクスの話を1回生に分かりやすく伝えなくてはならないのでその準備もしなければ。昨年のように今年は一から作らなくてもいいので、その分は楽ですが、最新の内容も入れたいので少し勉強も必要です。連休の間にいろいろと構想を練っていたので、今週はそれを図にしていきます。

 連休中は、名古屋に戻っていたのですが、ちょうど名古屋では5月から、タクシーが禁煙になりました。私は、タバコは吸わないので基本的には今回の決定は賛成です。以前からたまに乗ったタクシーがタバコ臭いと、本当に気持ち悪くなってしまうことがあり、なんとかならないものかと思っていました。確かに喫煙する人にとっては、お金払って乗るタクシーの中で吸えないのは納得がいかないのでしょう。特にお酒を飲んだときなどでタバコを無性に吸いたくなるときはそう思うのかもしれません。ただ、今は飛行機でも、公共の場所でもかなり禁煙が当たり前になってきているので、せめてタクシーに乗る短い時間くらいは我慢してもらってもいいのではと思います。今回の決定でも、一部のタクシーの運転手さんは、喫煙する固定客の方に対しては大目にみるようです。そうでないとかなり収入に影響があるようです。吸わない人間としては、吸った人のあとに乗るタクシーでは絶対に臭いがするので、せめて喫煙者と禁煙車が分かるようにしてもらいたいです。そのほうがどちらの人にとってもいいのかもしれません。
 今回の名古屋のタクシーの禁煙化は、法律的には別に罰金はないようですので、どこまで統一的にできるかは分かりません。ただ、そのような決断をしたことは評価したいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月 5日 (土)

両親との旅行

    3日、4日と両親を京都に連れて行きました。実際には、父親、母親、妹、嫁さん娘と私の6人です。両親、妹と泊まりで旅行に行くのは、私の記憶の中では中学校の時以来ではないかと思うくらい久しぶりです。そういう意味でもお互い少し緊張感があり、こちらも少し気を遣いました。母親自身も泊まりの旅行は10数年ぶりのようで、少し不安がっておりましたが、あまり無理のない日程で安心したのか、ゆっくりと楽しむことができたようです。孫である娘と一緒だったというのも気分的にうれしかったようで、自分としても少し親孝行できたのではないかと思っておリます。
 下の写真は、東福寺の通天橋です。あと、温泉宿で食べた丹波牛、おいしかったです。

 ということで、あと、今日、明日の残りのお休みは、ゆっくりと家のことをやります。もちろん、学生さんにもGWの課題を出したことですので、自分もきっちりと勉強して、GW後の教育、研究という仕事に対応できるようにしなければ。
 楽しいこTofukujiとはすぐに終わSteak1ってしまいます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年5月 2日 (水)

高校野球の特待生問題

   高校野球の特待生の問題は、結局、334校もの高校が高野連に届出したということで、全てが私立高校だったようです。学生野球憲章13条というものがあって、昔からこのような制度が禁止だったのだったら、なぜ今まで、高野連のほうは、このような一般の人でも知っているようなことを知らなかったのでしょうか。高野連の会長さんは、記者会見で「これほどまでに多くの高校がやっていて驚いている」というような言い方をされていたようですが、逆にこのような事実をこれまで知らなかったあるいは黙認していた高野連のほうの責任問題はどうなるのでしょう。奨学金を受けていた生徒さんが対外試合を禁止になったり、関係した野球部の部長さんは退任させられるということならば、高野連のほうの関係者も責任をとるべきだと思います。
 今回、西武の裏金問題からはじまった様々な野球界の問題が、高校野球にまで波及し、いろいろな膿がでたわけです。ある意味、これでリセットされてどこまで正常なところまで戻るかといったところでしょうか。
 一方で、高校の他のスポーツでは特待制度があるのに、野球だけが駄目だということになると、不公平感があるように思います。ましてや今ではスポーツに限らず勉強においても私立高校では、特待制度は当たり前になっていて、東大や京大をめざそうということにもなっています。そのあたり、なぜ野球だけがということにもなります。みんなが納得する形で高校野球の特待制度も考えていかなくてはならないのだと思います。
 
 今日は、家で自習をしておりました。授業の準備や研究の構想など、ゆっくりと考えておりました。途中、気晴らしに、名古屋に新しくできたJUNKU堂書店に行き、本をたくさん買いこみました。GW中に読みたいと思っております。
 明日、明後日は、家族と、両親を京都の湯の花温泉に連れて行きます。久しぶりの親孝行ということです。天気もいいという予報なので楽しみです。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2007年5月 1日 (火)

今日から5月

  4月はあっという間に終わり、今日から5月です。大学のほうは1日、2日と休みということで、名古屋におります。今日は、AG大学の知り合いの先生のところに行き、そこにある性能のいい質量分析装置の立ち上げとともに、その研究室でのプロテオミクス関連の仕事のお手伝いということで打ち合わせをしに行きました。逆に私のほうも細胞のイメージングに関する最新の情報を教えてもらったりして、今後のコラボレーションが楽しみです。なかなか一人で全てやろうとしても時間が足りないので、それぞれの得意な領域を組み合わせていい仕事にしていくのがベストでしょう。特に名古屋帰省時を利用して実験も出来る可能性が広がったのは大きいです。
 夕方は少し早めに帰り、買い物に行き、夕飯を作り、娘と嫁さんが帰るのを待っておりました。久しぶりの主夫業といったところです。ハンバーグがメインディシュでおいしく食べてもらえました。写真でも撮ってクックパッド(http://cookpad.com/)にでも投稿すればよかったかも。明日もがんばります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »