« 無農薬農薬作り | トップページ | 運動会日和 »

2007年5月24日 (木)

21人の弁護士の意味は?

 今日も午前中は講義で、午後からも2回生の自主ゼミがあり、それに参加しておりました。なんやかんやですぐに夕方で、少し実験をしようとしましたが、他にも用事が次々とあり、なかなか進みません。途中書きの2つの論文も机のどこかにいっております。

 夜はCoCo一番で久しぶりにカレーを食べてから帰り、少しニュースを見ていました。山口県光市で起こった母子殺害事件の差し戻し控訴審の初公判についてやっていました。これに関しては、1年ほど前にもエントリーしましたが、この事件のニュースが報道されるたびに、この被告人への怒り、更には被告を弁護する弁護団のやり方に疑問を感じます。今回は、21人の弁護団を擁して、殺人でなく傷害致死であることを証明するということで本当にばかげています。これまでの8年間の審議はなんだったのでしょうか。

弁護団は被告の犯行を「仮想現実に逃げ込んだままごと遊び」と表現した。本村さんは「法廷を混乱させようと奇々怪々なことを言っている」と批判。「被告を救うことは手段で、目的は死刑制度の廃止を訴えること。遺族だけでなく、被告さえ利用している」と厳しい表情で語った。(5月24日20時31分 時事通信)より一部抜粋)

 本村さんが言っている様に、この21人の弁護士は、おそらくこの裁判を通じて死刑制度廃止を訴えるのに利用しており、本当の意味でこの被告人のことを考えているのか疑問です。もし無期懲役で社会にでるようなことがあったら、この21人の弁護士全員は、最後までこの被告のことを面倒見て、しっかりと遺族に償いをさせるのでしょうか。本村さんに対してこの21人の弁護士らは何も思わないのでしょうか。被害者の死の意味をもっと考えて欲しいです。
以前、本村さんはあるニュース番組で「死刑は廃止してはならない。死刑の意味は、殺人の罪を犯した人間が、罪と向き合い、犯行を悔い、心から反省をして、許されれば残りの人生を贖罪と社会貢献に捧げようと決心して、そこまで純粋で真面目な人間に生まれ変わったのに、その生まれ変わった人間の命を社会が残酷に奪い取る、その非業さと残酷さを思い知ることで、等価だという真実の裏返しで、初めて奪われた人の命の重さと尊さを知る、人の命の尊厳を社会が知る、そこに死刑の意義があるのだ」(引用元
と言ったそうです。今、あらためてこの本村さんの主張を聞いて、今回のこの事件に関しては、本村さんの思いが叶って欲しいと個人的には思っております。

|

« 無農薬農薬作り | トップページ | 運動会日和 »

コメント

松原先生 おはようございます。
わたしは昨晩、職場の係の「飲み会(歓送迎会)」だったので、今、睡眠不足のボーッとした状態です。そのボーッとした状態で考えているのですが……。
この事件は「少年犯罪」だったんですね。一時、少年犯罪が多発した時期がありましたね。彼らは少年と言うことで、軽い罪で済む事を熟知して、犯行に及ぶケースが多かったように記憶します。それで、「少年法」の改正があって、余りにも悪質なケースは大人と同じように扱われる事になったのですよね。わたしも、子供を持つ父親として、このような犯罪行為は決して許されるものでは無いと思っています。
昔は「あだ討ち」がありましたよね。司法って、『被害者の「あだ討ち」制度を無くす代わりに、被害者に代わって加害者を罰するのだ』と、テレビで誰かが言っていたと思います。でも、法律という一種の仮想現実の中に住む住人は、いつのまにか色んな論理を作り出して、「加害者の人権」を「被害者の人権」よりも重いものにしてしまったような気がします。「信賞必罰」が基本だと思います。犯罪者をのさばらせるような法制度は全くおかしいと思います。

投稿: 阿頼王 | 2007年5月25日 (金) 07時08分

阿頼王さん おはようございます。

>法って、『被害者の「あだ討ち」制度を無くす代わりに、被害者に代わって加害者を罰するのだ』

まさにそのとおりで、今回の件でも、被害者の本村さんは、法によって死刑にできなかったら、自ら加害者を殺すとまで言っていました。
「加害者の人権」を「被害者の人権」よりも重いものにしてしまっており、今回の21人の弁護士はまさにそういう人たちだと思っています。

投稿: Mamoru Matsubara | 2007年5月25日 (金) 09時03分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 21人の弁護士の意味は?:

« 無農薬農薬作り | トップページ | 運動会日和 »