« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月28日 (木)

生物と無生物のあいだ

  青山学院大学の福岡伸一さんが書いた「生物と無生物のあいだ」という本を今週読みました。前、読んだ「「プリオン説はほんとうか?」(講談社ブルーバックス)も読みやすかったように、この本も非常にうまく書かれていて、同じ理系の人間として尊敬してしまいます。2006年の第1回科学ジャーナリスト賞を受賞しているのもうなづけます。
 この本の中に、DNAからタンパク質へ翻訳されるときの分かりやすい説明として、THIS IS A PENというタンパク質を想定して説明しているところがありました。実は、これと全く同じ話を、私自信もこの間の高校の出張講義の時にしたので、思わず感性似ていると思ってしまいました。つまり、アミノ酸配列に対応するDNAの3つの文字(コドン)は、TにはACAでHにはCACでIにはATAという具合です。THIS IS A PENだったらACA CAC ATA AGC ATA AGC GCG CCG GAG AACになります。PENのEのところの暗号である、GAGがGCGになるとEがAになりPAN(フライパン、鍋)になり意味が全く変わることで、変異の説明ができます。この部分も同じでした。私のほうは更に、DNAの欠失の説明に、途中のAが抜けてしまうと、STOPコドンが入り、まったく文章ができなくなるということを高校生に説明しました。これらの例えは高校生には好評でした。この本も福岡さんとしては一般の人向けに書いているようですので、そういう人たちに理解してもらえるようにかなり工夫しています。我々専門の人間でも面白いと感じる表現がたくさんあるので参考になります。私にはこのような本を書けるほどの才能はありませんので、もっぱら文の才能のある方の本を読んで勉強していくしかないと思っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月27日 (水)

高校訪問で恩師と再会

  今日は、高校訪問に行きました。奈良県内の4校を朝から1日かけて車で回りました。最後の1校は、私の中学校の恩師の先生が、その高校の3年生の担任をしていると聞いていたので具体的な進路の話を聞きに行きました。その先生は、名古屋で国語の教員をした後、仏門の道に一旦入り、また戻って奈良県の高校で教鞭をとっています。昨年、クラス会で会っていましたので、そのときに機会があったらご挨拶に行きますと言っていたのですが、ちょうど今回、先生の勤務している高校も訪問リストに載ったので、私が行くことにしました。
 その高校は中高一貫で、最近では東大や京大にも合格者を出しています。ですから高校の目標も、東大や京大、旧帝大、医学部などの難関学部にどれだけ合格者を多く出せるかになっています。そういう意味では、我々の大学は眼中にないわけですが、かなり気を遣っていただいて話をしてもらいました。私自身も高校の事情も分かっているので、そのあたりは希望を聞いてもらうというよりは、我々の学部の取り組みを理解してもらって、少しでもなんかの機会があったら生徒さんにユニークな学部があるというのを分かってもらえればという気持ちです。
 それにしても高校のほうも大変だと思います。どこの大学にどれだけの生徒さんを入れたかという実績によって、高校のバリューも変わってくるわけで、ある意味大学の競争と同じです。恩師の先生も、結果を出さなければという表現を使っていたので、その点では我々と同じだと思いました。
 その高校も出来たばかりの頃は単に野球だけの高校だったのですが、今や勉学のほうも力をつけて評価されてきているようです。そういう意味では、時間をかけて教員や生徒さんらが努力してきたのでしょう。見習わなければ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月26日 (火)

食のトレーサビリティ

  ミートホープ社の従業員の方は突然の解雇で本当に納得いかないのではないでしょうか。先週から問題になっていた牛ミンチ偽装の問題は、社長が中心となってやってきたわけで、社長がその責任をとるのは当然です。しかし、その結果会社が存続できなくなって、最終的には働いていた従業員にまで飛び火してしまうとはほんと理不尽な話です。
 牛ミンチに他の肉が混ざっていることは、今ではPCRでもすれば一発で分かるわけですが、それを日頃からチェックするのはなかなか難しいのでしょうか。
 こういう事件を見ると、日頃私たちが食べている肉や魚などが、本当に表示に書いてあるものかどうか信じられなくなります。どこかに検査結果でもつけてもらわないと、安心して食べられなくなりますよね。食のトレーサビリティの問題は今後非常に重要になってくると思います。
 
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月25日 (月)

左耳復帰

  午前中は左耳が痛い状況で講義を行いました。自分がしゃべっている声がいつもと違うし、学生さんの声も聞きにくくて少し困りました。なんとか夕方、耳鼻科に行くまで我慢しました。
 耳鼻科では、結局、耳垢が硬くなり鼓膜に張り付いてしまい、その部分が炎症を起こしていたようでした。耳垢を溶かす薬を入れて20分ぐらいして、吸い取りましたが、一部はかなり強固に鼓膜に結合しているようでした。お医者さんが必死にとっているのですが、かなり痛くて、涙目になってしまいました。なんとか最後にはきれいにとれて、聞こえなかった左耳は完全に聞こえるようになりました。耳の中が少し傷ついているので2,3日薬で炎症を止めるようです。明日も見せに来てくださいと言われてしまいました。
 ということで、なんとか一日で元通りになりました。忙しい時期だったので、ひどい状況でなくて良かったです。
 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年6月24日 (日)

左耳がおかしい

  今年も大学のオープンキャンパスが始まりました。9月まで合計6回あります。昨年は、担当に限らず行ける時はほとんど行けたのですが、今年は、6回中4回は、娘の学童保育の行事と重なってしまいます。特に今年は会長をやっているので行事のほうに出ないわけにも行かないので仕方がないです。オープンキャンパスの担当できる2回分は高校生にアピールしなければ。9月の最後の回はミニ講義もやるのでその準備も夏休み中にはやらなければ。
 今日は、急に左耳が痛くなり、今現在、聞こえない状態です。明日は午前中授業があるので、夕方に耳鼻科に行って見てもらわなければなりません。いろいろと今週はスケジュールがタイトなので、症状がすぐに治ればいいのですが。ちょっと不安です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月23日 (土)

父母との個人面談会

 昨日は、朝から前の会社のほうに行っておりました。新しく入社された方、産休に入って会えなかった人がいたりと、会社のほう絶えず動いております。かなり会社のバリューも上がってきているようです。皆さんそれぞれ必死にがんばっているし、売り上げも右肩上がりのようで今年は勝負の年になりそうです。私も基礎的な研究の部分で少しでも貢献していきたいです。
 共同研究してた仲の良い先生の論文も投稿されたようで結果が楽しみです。その先生がここ2年必死でやられたものなので問題なくアクセプトされるのを期待しています。かなり良い論文に仕上がっているので大丈夫だと思います。
 昨日は、留守中にS社の方が、来月のセミナーの依頼状をもって来られたようです。今日その書類を見て、プログラムも確認しました。トップバッターで40分も時間がとってありましたので、かなり周到に準備しなければいけません。ある意味、アピールできるチャンスでもあります。

 今日は、昼から大学で、父母との個人面談会がありました。私立大学ですので、やはり学生の父母との対話も大切なようで、毎年この時期にあります。昨年は私の担任の学生で希望をしたご両親はいなかったのですが、今年は一人希望されていました。15分の予定でしたが、話がはずみ1時間近くしゃべっておりました。学生の将来の希望があるのは当然ですが、ご両親のほうにもご子息の将来への希望というものがあり、そのあたりをじっくりと聞くことができました。そういったご両親の希望にそえるように指導しなければと感じました。でもやるのは本人である学生自身なので、こちらは学生にいかにモチベーションを高めてもらうようにハッパをかけるだけですが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月21日 (木)

悲しい連絡。参議院選挙の投票日

   昨日、健康の話をしたばかりですが、その後で、友人から高校の同級生が肺がんで亡くなったというメールが来ました。非常に残念ですし悲しいです。医療は進歩していますが、まだまだがんは治らない病気なのだとあらためて感じます。
 
 今度の参議院選挙は来月の22日だったものが29日になるとのこと。自民党も何を考えているのでしょうか。この投票日の変更で各自治体は、投票所を確保するのが大変のようです。このことで費用もかなりかかるわけですし、そのために税金が使われるわけですから本当におかしな話です。安倍さんは、この1週間延ばしたことによって、自分が大敗することになると思わないのでしょうか。国民をなめています。こうなったら投票権を持つ人は全て投票に行って審判を下して欲しいです。うちの学区でも29日は夏祭りがあって投票に関わる地域の人も忙しいはずなので、この日に選挙は望んでいないと思います。総理という立場の人間はそういう人たちのことを考えるやさしさというものはないのでしょう。自分の立場さえ守れればいいということでしょうか。何か最初のリーダーのイメージとかなりかけ離れてしまいました。残念です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月20日 (水)

血圧が高い

  今日は、年に1回の健康診断がありました。毎年のことながら、脂肪肝であると結果がでるのは明らかなのですが。血圧のほうも測定したら、上が140,下が93ということで、検査のお姉ちゃんに少し落ち着いてからもう一回やりましょうと言われてしまいました。2回目は、139, 86ということで、一応、正常範囲内ですよと言われたのですが、明らかに年々血圧高くなっています。今年は、バリウムの胃検査もありましたがそれはパスしました。去年胃カメラ飲んで大丈夫だったので、自分として問題ないだろうと思っています。
 毎回、健康診断の結果が出た後は、食事に気をつけて、運動をしてと思うのですが。なかなか実行にうつせません。40歳を超えたのでそろそろガタがきてもおかしくないので、真剣に考えなければなりません。最近、健康の大切さをとても感じています。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月18日 (月)

「あすとろカルタ」

  昨日は、父の日でしたが、娘からは特に何もなかったです。母の日もそうだったので気にはしていませんが。もう少し娘が大きくなってから期待しましょう。
 昨日、帰ってきたら宅急便のご不在連絡票がありました。文部科学省からのお届け物だったので、何だろうと少し不安でした。ましてや大学の住所ではなく自宅住所に送ってきているので、見当がつきませんでした。日中は受け取れないので、大学のほうに転送してもらって今日受け取りました。中身をあけて、ようやく思い出しました。科学技術週間のときに、そのHPでクイズをやり、全問正解した人の中から当選者がもらえる「あすとろカルタ」でした。その他にも、科学技術週間で毎年出されている、一家に一枚のポスターシリーズで、ヒトゲノム、元素記号、宇宙の誕生の3枚入っていました。特に「あすとろカルタ」はオリジナルなものだし、娘がカルタ好きなので、ちょうど良かったです。

200706182152001
 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年6月15日 (金)

出張講義

  今日は、京都の日本海側にある高校で出張講義をしました。講演タイトルは「生命の設計図:遺伝子」。高校のほうから直々に私のタイトルでご指名されたので、少し気合を入れて資料も作りました。休憩を含めて2時間近くの長丁場で、ましてや相手は高校1年生です。飽きられてはどうもこうもないということで、かなり軽いトークも入れながら、更に一方的な話ではなく、生徒さんと相互作用しながらなんとか持たせました。かなりの生徒さんが私の話に興味を持ってくれて、終わってからも面白かったと言ってくれたので、こちらとしては少し安心しました。後半、こちらが少し疲れて声の張りがなくなったので、今後はもう少し講義のスタミナをつけなければいけないでしょう。感覚的にどのような話をしたときに喰いついてくれるか、逆にこういう話をすると飽きられるというのが分かってきました。
 講演が上手な人は、一分たりとも飽きさせないわけですから、そのあたりは経験にもよるのかと思います。
 週末は2週間ぶりに名古屋に帰ります。そういえば日曜日は父の日なんですね。娘からは何かあるかな?(母の日に何もなかったから期待はしませんが)
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月12日 (火)

年金、コムスン、政治家候補者

  世の中、年金の問題やコムスン問題など社会福祉問題において日本はどうなっていくのかと思います。こちらも年金のことで社会保険庁に確認したいことがあっても、あれだけ電話がつながらなければどうにもこうにもできません。
 政治家にもしっかりとやってもらいたいと思いますが、そんな中参議院選挙の候補者には相変わらず知名度の高いタレントの人やそれに似た人が担ぎだされています。ほんと腹立たしく思います。政党はそういう方を当選させて勝てばいいのでしょうか。本来ならば、政治家は、政治のプロがやらなければならないのに。これでは、国民を小ばかにしているようにしか思えません。なんで「さくらパパ」なんか出てこないといけないのでしょうか。どういう発想で担ぎ出しているのか理解に苦しみます。民主党の知り合いの国会議員に聞いてみたいと思っています。

 

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年6月11日 (月)

週末のこと。野菜は順調。

 週末は名古屋に帰らずずっと仕事しておりました。名古屋のほうでは、学童保育関連でフリーマーケットや役員会議などがあり、嫁さんのほうも連日、夜遅く帰っておりました。何も協力できなかったので自分としては大変申し訳ない気持ちで一杯です。来週は帰って協力せねば。
 昨日は、こちらも研究室にこもって仕事しておりましたが、学生さんのほうも生物分類検定試験が大学内であったりして出てきていました。そのあと、生物学の宿題や畑仕事などをして、夕方までがんばっていました。ということで夕方は、そのがんばりに答えて、一緒に中華を食べに行きました。なかなか一人で中華の店に行っても多くの種類は食べることができないのですが、今回は5人で行ったということもあり、10種類以上のものが食べることができました。前から気になっていた店ということもあり、どうかなーと思いましたが結構おいしかったです。車だったのでビールが飲めなかったのが残念でした。

今日は、暑い中、昼からは作物栽培実習に顔を出しました。5月に植えたジャガイモ、枝豆、きゅうり、とうもろこし、ミニトマト、かぼちゃ、なすなど順調に育っております。雑草もこまめに取っているのでかなりいい状態のようです。暑い中、作業は大変でしたが、汗をかくことができていい運動になりました。

070611_01 ジャガイモ

070611_02

カボチャ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月 8日 (金)

サミット。バイオ燃料ブームの裏で。

  雷雨が昼と夜にあり、少しびっくりしました。大学のエレベーターも1基、雷の影響で止ったようです。自分の使っている装置も、停電があるとかなり支障をきたすので心配でしたが、なんとか大丈夫でした。
 ドイツで行われていたサミットで、2050年までに二酸化炭素を今の50%に削減することが議長声明として宣言されたようです。現在、年間72億トンの二酸化炭素が排出されていて、森林などで吸収されているのは31億トンにすぎないようです。72億トンを半分にして32億トンぐらいにすれば数字的には合うということらしいです。でも、本当にこれが達成されるかは疑問です。アメリカの今後の取り組みもそうですが、サミットに出ていないインドや中国の影響があまりにも大きいです。これらの国の協力がなければまず今回の宣言は無意味なものとなるでしょう。
 今後石油依存から環境にやさしいであろうバイオ燃料のほうに移行し、二酸化炭素の排出も削減できる可能性はあります。しかし、最近のバイオ燃料ブームが逆に環境破壊につながっているようです。さっきニュースを見ていたら、ブラジルでは、バイオ燃料を作るために、熱帯雨林を開拓して、そこにサトウキビや大豆などを植えており、この数年でも北海道2個分の森林がなくなったようです。これはブラジルに限らず、アメリカでもバイオ燃料ブームで、とうもろこしの生産が増えています。そして、これまで食糧用のものが、バイオ燃料用のものに移行しています。その結果、とうもろこしや関連穀物の値が上がり、その影響が日本でもマヨネーズの価格やオレンジの価格に現れています。更には今後、穀物肥料をえさとしている牛を買っている酪農家にも影響がでるようです。小麦価格もあがっており、香川のさぬきうどんの値段も高くなっているようです。
 こういうのを見ていると、結局、世界全体では、環境問題のためにしていることが、環境問題を逆に悪化させているという矛盾が生じています。おそらく、自国の経済利益ばかりを優先していてはだめで、将来の地球のためにグローバルな視点で各国の専門家が知恵を出し合わないといけないのでしょう。かなり難しい問題です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月 7日 (木)

答案返却。出張講義準備など。

  最近、夜になると疲れで急に眠くなってしまいます。特に授業のある時は顕著で、今日も家に帰ってからうたた寝しておりました。
 今日の英語の授業では、先週行った中間テストの結果を返しました。学生さんのほうも悲喜こもごもといった感じです。こちらとしては一番大事な期末試験に向けてある程度の傾向と対策を提示したつもりなので、今回、合格点に達していない学生さんにはそのあたりの意図を読み取ってもらってがんばってもらたいです。必須科目なので、成績をつけるほうも慎重になります。
 ある学生さんは、私が関わっている科目ということで一生懸命勉強して、大幅に成績が上がっていたのでうれしい限りです。わざわざ今日の昼報告しに来てくれたのもうれしくなります。
 昼からは、来週の高校への出張講義の準備やら、実験装置の面倒を見たりと時間がすぐに経ってしまいました。出張講義のほうは、遺伝子の基本的な話を高校1年生にするので、少し大学の講義用で使ったもののレベルを下げて、再度分かりやすいスライドを作り直す必要があります。動画なども多めに入れて理解しやすくしなければ。考えているだけで時間が経ってしまいます。 なんとか今週中には終わりたいです。
 科研費や学内の奨励金などのテーマの研究もそろそろ立ち上げないといけないので、様々な試薬や培養細胞の準備などもしなければならず頭が飽和状態です。自分がもう一人欲しくなります。
 ということで今週末は名古屋に帰れそうにありません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月 5日 (火)

5000万件の年金データーに私も?

  社会保険庁の年金記録問題で対象者が特定できないデーターが5000万件あるということで、社会保険庁に問い合わせが殺到しているとの事です。この5000万件の中には、おそらく私のデーターもあるのではないかと思っています。ちょうど基礎年金番号が統一される前に、学生の身分で国民年金に入りはじめ、その後、基礎年金番号が変わった後に就職したりしているので、その間、私の年金記録がうまく処理されているという保障がないのです。また、その後も私学共済や厚生年金など転々としているので、うまく反映されているのか不安です。今、社会保険庁に行って確かめるのには時間がかかりそうなので行く気にはなりませんが、そのうち行って確認しなければなりません。本来ならば、きっちりと社会保険庁がやるべきことなのに、ここまで信頼できないお役所だったとは。
 政府はこの1年で5000万件の未特定データーをなんとかすると言っていますが、これは参議院選挙対策で、実際にはできないことをできると言っているのにすぎません。無責任極まりないと思います。
 安倍政権もおそらくこの参議院選挙の結果で崩壊するのではないでしょうか。そんなに国民は甘くないと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月 2日 (土)

学研の科学

  毎月、娘が買う学研の「4年生の科学」で、今月号は、科学探偵スパイセットというもので、指紋検出や血液判定ができる教材でした。指紋検出は実際の現場でも使われている、アルミニウムの粉末を利用するものですし、血液判定は、ルミノール試薬を利用して発光させるものでした。化学の反応を身近に感じてもらうという趣旨で、解説のほうも4年生レベルで分かるよう書いてありました。日頃、名探偵コナンが好きな娘にとっては、探偵スパイセットという響きが良かったのでしょう。科学的な不思議さを実感したというよりは探偵の真似事をしてみたいというほうが強かったようです。
 この学研の科学シリーズは、まともに読んでいれば様々な知識が入るので、娘も毎月読みたいようです。
 テレビでも米村でんじろうさんが様々な科学実験などで子供たちをとりこにしているように、このようないわゆるサイエンスショー的なものから子供たちが科学に興味を持ってくれることはいいことだと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月 1日 (金)

英語の採点

 夜、寝冷えをしてしまい、体調が今ひとつです。そんな中、朝から昨日行った科学英語の中間試験の採点をしたり、実験をしたりしてかなり疲れております。テストのほうは、できるだけ今回は難しくしなかったため、平均点も70点くらいと、そこそこできていました。ただ、こういう試験だと勉強してこなかった学生さん点数がかなり低くなるのですぐに分かります。後半の講義では、このような学生さんをどのように伸ばすかが頭の痛いところです。一方で、成績が伸びている学生さんもいるので、このままがんばっていって欲しいです。英語に対しての苦手意識もなくなってきたのかもしれません。

 週末はゆっくりと体調を整えて、これから始まる6月の梅雨時を乗り切らなければ。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »