« 血圧が高い | トップページ | 父母との個人面談会 »

2007年6月21日 (木)

悲しい連絡。参議院選挙の投票日

   昨日、健康の話をしたばかりですが、その後で、友人から高校の同級生が肺がんで亡くなったというメールが来ました。非常に残念ですし悲しいです。医療は進歩していますが、まだまだがんは治らない病気なのだとあらためて感じます。
 
 今度の参議院選挙は来月の22日だったものが29日になるとのこと。自民党も何を考えているのでしょうか。この投票日の変更で各自治体は、投票所を確保するのが大変のようです。このことで費用もかなりかかるわけですし、そのために税金が使われるわけですから本当におかしな話です。安倍さんは、この1週間延ばしたことによって、自分が大敗することになると思わないのでしょうか。国民をなめています。こうなったら投票権を持つ人は全て投票に行って審判を下して欲しいです。うちの学区でも29日は夏祭りがあって投票に関わる地域の人も忙しいはずなので、この日に選挙は望んでいないと思います。総理という立場の人間はそういう人たちのことを考えるやさしさというものはないのでしょう。自分の立場さえ守れればいいということでしょうか。何か最初のリーダーのイメージとかなりかけ離れてしまいました。残念です。

|

« 血圧が高い | トップページ | 父母との個人面談会 »

コメント

松原先生 おはようございます。
そう、この歳になると、知り合いの“年寄り”だけではなくて、知り合いの人がまれにですが“亡くなり”ますよね。まだまだこれから、まだ子供たちも小さいとか……、あるのですが、自分にどうしてあげる事も出来ません。無責任な言い方になりますが、「残された者もそれなりに生きていく」のですよね。
安倍総理は、総理になる前はある程度の“期待”がありましたが、今はあまり関心自体が無いです。ひょっとしたら、一番はがゆい思いをしているのは総理ご自身かも知れません。安倍総理、何に気を使ってらっしゃるのか、わたしには解りませんが、もっと正直に自分を出した方が良いと思います。それで、国民の反感を買おうと、総理の座を失おうと構わないのではないのかと思います。
自己や自己組織の保身ばかりを考えて、正直な政治が行われない方が問題だと思います。最悪、政権を野党に譲っても良いのではないでしょうか。そうやって、政治は活性化して行くものだと思います。

投稿: 阿頼王 | 2007年6月22日 (金) 06時19分

阿頼王さん 今晩は

そうですね。政権が変わったほうがいいのでしょうね。例えば一回民主党あたりに政治をやらせてみて、そこでどこまでがんばれるか。やはり自民党のほうがいいのか。国民が判断して決めればいいのかと思います。

投稿: Mamoru Matsubara | 2007年6月22日 (金) 23時33分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 悲しい連絡。参議院選挙の投票日:

« 血圧が高い | トップページ | 父母との個人面談会 »