« 環境SOS救い隊 | トップページ | お見舞い。マンゴー。選挙など »

2007年7月27日 (金)

田中耕一さんと共演

  今日は、昼から島津製作所の質量分析計のユーザーズミーティングがありました。私は、島津の装置を使ったことが無いのですが、なぜか今日はトップバッターで講演することに。ほとんど事前練習しなかったのでぶっつけ本番でした。ちょっと疲れモードだったので今ひとつでしたが、懇親会のときには結構聞いてきた先生方がいたので興味を持ってもらった人もいたということでしょう。
 私の後の演者は、なんとあのノーベル化学賞受賞者の田中耕一博士でした。島津のほうの立場からコメントしておりました。有難いお言葉です。田中さんとは、ちょうどノーベル化学賞をとった最初のセミナーで私が愛媛大学の東山先生と座長をさせてもらった時にお会いして以来でして、少し白髪が多くなったような感じでした。懇親会のときにもご挨拶をしてお名刺をゲットしました。何か測定のことであったら相談にのってくれるとのことでうれしい限りです。
 他にも、昔から知っているA社のYさんも演者でしたし、知っている人が思った以上にいてよかったです。
 こういうところに参加すると、もっと研究のほうがんばらなければと自分にハッパをかけたくなります。また、こういうところで田中さんと共演できるようにがんばろうと思います。

|

« 環境SOS救い隊 | トップページ | お見舞い。マンゴー。選挙など »

コメント

お疲れさまでした。
また田中さんにお会いしたのですね!
セミナーがどうだったか、機会があれば詳しくお話を伺いところです。

投稿: 8817 | 2007年7月27日 (金) 23時49分

松原先生 おはようございます。
公演、お疲れ様でした。
田中さんの名刺はプレミアムモノですね。
島津製作所は田中さんで、すごくイメージアップになったと思います。
でも、うちの会社で使っている島津製の分析器、はっきり言ってイマイチです。自動計測器ですが、メカニカルな部分が弱いのかもです。可動部の設計が良くないのか、同じ所が何度もトラブります。何台か同じ機種を入れているのですが、殆ど同じところにトラブルが発生しています。まあ、田中さんが設計された訳ではないでしょうが、世界の島津になったのですから、こんな事でイメージダウンするのは勿体無い事だと思います。トラブル後の対応もあまり良くないような気がします。世界の島津、トラブったら後のリカバーは慎重にしないと、“島津”の名前が泣きます。

投稿: 阿頼王 | 2007年7月28日 (土) 05時35分

8817さん

セミナー私以外は皆さんとてもよかったです。

阿頼王さん

そうですか。島津さんの製品に悩まされているのですね。そのあたり今後がんばってもらわないといけないですね。世界の島津の名にかけて。

投稿: Mamoru Matsubara | 2007年7月30日 (月) 16時45分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 田中耕一さんと共演:

« 環境SOS救い隊 | トップページ | お見舞い。マンゴー。選挙など »