« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月31日 (金)

兵庫県半周

   今日は、朝から出張で、兵庫県をほぼ半周しておりました。最初に行った所は、SPring-8(R研H研究所)でちょうど私が2000年から2002年の約2年間仕事していたところです。顔出したのは3年ぶりくらいでしょうか。一応、そこにあるKSグループの客員研究員をしているということもあり、また今回は残しておいた実験試料を確認しに行きました。ある部屋に入ったところ、昔自分がその研究室で立ち上げた時に書いた貼紙がまだ貼られていたので懐かしく思いました。
 本来ならもう少しゆっくりといたかったのですが、その後は、神戸にある前の会社に寄り、大学に戻りました。SPring-8は兵庫の西の真ん中あたりにあるので、実質、兵庫県を半周したことになりました。さすがに運転疲れましたが。その後、名古屋に戻り、早速、大詰めになっている娘の夏の宿題を手伝っております。明日も少し助け舟ださねばいけないようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月30日 (木)

産婦人科医療の問題

   今週に入ってずっとデスクワークしております。そろそろ後期の講義の準備しないと間に合わないので、いろいろと勉強しておりますが、逆に本を読めば読むほど疑問が出てきて、また調べたりとキリがないです。論文のほうもほんと仕上げないと今年の成果がなくなりますし。いろいろと大変です。一人で愚痴っても仕方がありませんが。
 
 奈良の妊婦さんが搬送先が見つからなくて、結局は流産になったというニュースがありました。去年も奈良県では病院をたらいまわしされて妊婦さんが亡くなられたケースがありました。奈良県の産婦人科救急医療はかなり状況が悪いようです。
今回の場合は、奈良県の医療の中心である奈良県立医科大学病院がいかなる理由があっても受け入れるべきだったと思います。救急車に連絡してから最終的に手術を受けるまで3時間かかったというのですから、こんな時間があったら名古屋の大病院まで行くことができます。たらいまわしして待つくらいだったら、とりあえず一番近い奈良県立医科大学病院に行って処置でもすればなんとでもなったと思います。これはかなり医療行政としてまずいと思います。奈良県に限らず産婦人科医療は全国的にも危機的であるようで、これだけ医療の発達している日本で、一番最初のお産のところで問題が多いのというのは国をあげてなんとかしなければならないでしょう。地方での産婦人科医を増やすのにはどのようにすればいいのか真剣に考えなければならないです。特に新しい研修医制度では、都市にある条件のいい病院に医学生が集まりだしていることもあるので、よっぽどの政策を考えなければますます悪化すると思います。過疎の医療の問題などもあり、厚生労働省も頭が痛いでしょう。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年8月28日 (火)

内閣改造、月食

   内閣改造も、マスコミにはいろいろと言われているようですが、結局は、どれだけ国民のために仕事ができるかに関わってくるのかと思います。マスコミのほうは、それぞれの大臣のお金の問題に何かつけこめないかと、今、いろいろと探っているのではないでしょうか。そういうことで商売が出来るマスコミはほんと人のフンドシで相撲をとっている感じです。
 相撲といえば朝青龍のモンゴル帰国が認められたようです。実際に、向こうで治療して戻ってこれるのか、そのまま相撲を廃業してしまうのか、分からないことだらけです。個人的には、もうそのまま廃業してしまったほうがいいのではと思います。自分の責任を何も語らないまま行ってしまうというのも横綱の品格にかけています。

 今日は、皆既月食だったようです。京都のほうは今ひとつ曇りで見えなかったようです。その時間まで気づかず仕事しておりましたので、晴れていても見ていなかったと思いますが。名古屋では、少し見えたようで、娘も初めてこのような現象を見て驚いていたようです。本の付録についていたミニ望遠鏡で見ていたようです。私も小学校ぐらいの時は、月食や日食があるといつも見ていたような記憶があります。本で見た金環食というのをいつか見たいと思っていましたが、未だに見ていないです。私が生きている間に日本で見えるのか分かりませんが、そういうチャンスがあったら娘と見てみたいです。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2007年8月26日 (日)

夏祭り、オープンキャンパスなど

  昨日は、地域の学童保育や保育園が連合して行う夏祭りがありました。荷物の搬入の手伝いや、売り物であるジャガ餅の調理が担当でした。
 娘たちはステージの出し物でダンス、暗くなってからは、キャンプでもやったトーチを披露していました。何度見ても感動します。他の学童保育のトーチもありましたが、娘らのトーチが一番まとまっており最高のパフォーマンスでした(親バカがはいっておりますが)
 今日も夏祭りはあったのですが、大学のオープンキャンパスのほうの手伝いに行きました。来月はこのオープンキャンパスのミニ講義、実験も担当するので少し様子を見たかったのもあります。暑い中でしたが、多くの生徒さんやご父兄も来られ、こちらも学部の案内などをしておりました。
 学生さんの自主ゼミの発表などもあり、とてもよかったです。自主的な活動内容をまとめ、スライド上手に作って自分らの言葉で表現しており、今日来てくれた高校生の人たちに対してアピールになったのではと思います。
 
 政治のほうも、明日、改造内閣が発表されるようです。誰が入閣するのかマスコミもチェックが厳しいようですが、いずれにしても、安倍さんも今回はしっかりとした内閣を組織してまともな政治をしてほしいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月24日 (金)

KYという意味

 明日は、8月の頭に中止になった夏祭りがあるので、学童保育のお店の準備や売り子をするために夜、またもや名古屋に戻りました。明後日は、大学のオープンキャンパスがあるので、丸一日も名古屋にいないことになります。
 帰りの地下鉄で、高校生の会話で、「あの子KYだったよね」というような会話が。KYっていわゆる高校生の短縮語なわけです。通常ならどういう意味なのか分からないはずなのですが、以前、学生からKYの意味を教えてもらっていたので、納得という感じです。「あの子、空気読めないよね」という意味だそうです。普通ならイニシャルKYの人はびびってしまいますよね。
 KY=空気読めない  という表現を使うなんて、ほんと悲しくなってしまいますよね。ちゃんと日本語しゃべってくださいよという感じです。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月23日 (木)

停電、高校野球、ハゲタカ

   昨日、名古屋から車で戻り、昼から大学で仕事をしておりました。
 夜は雷による瞬間停電があったようで、朝、大学に来たら、質量分析装置のPC部分が止まっており、その影響で本体ももう一回シャットダウンしなければなりませんでした。これで丸一日、正常に戻るのにかかってしまいます。今年に入って2回目ということで自然には逆らえません。
 昨日の高校野球のほうは、公立高校の佐賀北高校が優勝したということで、かなり取り上げられていました。今年は特待生の問題があっただけに、特待生のいない佐賀北高校が優勝したのは意味があることだったと思います。勉強もきっちりとして、限られた時間で工夫をした練習をすれば優勝もできるということで、特待生を持つ野球漬け高校に対して痛烈なアピールになるでしょう。当分こういう公立高校が甲子園で大活躍でもしてくれればいいのですが。
 今週に入って、夜10時からNHKでやっているアンコールドラマ「ハゲタカ」を見ております。いろいろと賞をとったドラマだけあって、非常に面白いです。日本でもちょっと前にあった、外資系ファンドによる企業買収や、日本の銀行の不良債権問題、新興ITベンチャー、TOB、ホワイトナイトなどをキーワードに、オリジナルあるドラマに仕上げており、見ていてもハラハラドキドキします。役者も柴田恭平さんはもちろんのこと、外資系ファンドマネージャ役をしてる大森南朋さんという役者さんがとてもいいです。明日は最終回ということで、絶対に見なければ。
 

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年8月21日 (火)

三重での3日間

  19日から今日まで家族サービスをしておりました。今年は、近場ということで、三重県方面に行って来ました。娘はまだ遊園地系で遊びたいという希望があるので、今回は、志摩スペイン村、鈴鹿サーキットに行き様々なアトラクションをやってきましたが、何せこの暑い中ですので、倒れそうになりながらも何とか娘についていったという感じです。この3年間、ずっと夏の暑い中での遊園地詣でが続いているので(2年前はTDL、昨年はUSJ)、そろそろこのパターンは辞めたいのですが。
 来年当たりは、涼しい北海道あたりが良いと思っているのですが、今年の場合は北海道も暑かったようで、沖縄のほうが逆に過ごしやすいようなので、沖縄でも良いかと考えたりします。いずれにせよ、もう少しゆっくりしたいというのが本音です。
 今日も、三重から車で愛知県のラグーナ蒲郡まで飛ばし、娘と嫁さんが好きな名探偵コナンのイベントに付き合いました。車の運転でかなり疲れてしまいましたが、明日は、また名古屋から京都まで走って仕事にでなければ。今日は早めに寝て、明日に備えなければなりません。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月18日 (土)

植林したほうがCO2削減?

  午前中は大学に行き仕事をしておりました。お昼過ぎに大学を出て車で名古屋に向かいました。昼間だったので途中大きな渋滞はありませんでした。愛知県に入った一宮ICあたりで3キロくらいの渋滞がありましたがすぐに抜けることができました。小牧ICからすぐに名古屋高速に入ることができ、便利になったものです。休憩もいれて3時間くらいで名古屋につきました。
 この暑い夏のことを思うと地球温暖化の一つの原因は石油依存型社会ですが、自動車もその一つな訳で、3時間の車の運転でかなり二酸化炭素を出したということになります。ただ、これだけ世界に車がたくさんあり、高速道路も整備され、その中をたくさんの車が走っているわけで、このような社会システムを変化させるのはなかなか難しいと感じてしまいます。
 そんな中、今日の新聞でこんな話題が。「バイオ燃料より植林に軍配
 同じ面積の土地なら、バイオ燃料となる作物を作るより、植林したほうが二酸化炭素を削減できるということださそうです。アメリカの有名雑誌サイエンスにのるくらいなのでかなりまともな研究のようです。
 日本政府も、今後必死になってバイオ燃料を普及させようとしているわけですが、休耕地を植林したほうが地球温暖化対策になるのではと思ってしまいます。
 環境問題って結局は何が正しいのか、どのような政策を立てればいいのか、それを我々はどのように判断すればいいのか難しいです。
「環境問題はなぜうそがまかとおるのか」(武田邦彦)という本を以前読みましたが、かなり環境問題は怪しい部分があります。(よくコメントしてくれる阿頼王さんのブログにも細かく書いてあります)
今回の記事もそのまま鵜呑みにしただけではだめでしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月17日 (金)

明日はまた帰省

  今日も、朝から実験、デスクワークを交互にやっておりました。
明日の夕方は、また名古屋に帰らなければならないので、できることは今日中に片付けました。でも、まだまだやらなければならないことはたくさんあります。
 日曜日から火曜日までは、本当の意味での家族サービスで小旅行に行きます。名古屋に置いてある嫁さんの軽自動車では不安なので、こちらで乗っている自分の車で行くことにしました。明日あたり高速道路はどれくらい混むか分かりませんが、なるべく暗くなる前には到着したいです。
 
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月16日 (木)

仕事開始。カクテル作り

 今日から仕事復帰です。大学自体はまだ今週は休暇週間なので閑散としており、ほとんど誰も見ませんでした。少し実験をして、あとは溜まっていた書類仕事をしておりました。メールもいつもより少ないのでまだ他でも休みモードなのでしょう。ただ、関連のある大学の先生2人に電話をしたらつながったので、今日あたりから働いているラボもあるようです。
 夜は、暑いので食事のほうはお惣菜を買って簡単にすませました。ただ、飲むほうは違って、ビールはもちろんのこと、さらにカクテルも飲みたくなり、先週、お店で気に入ったライチリキュールベースで、そこにオレンジジュースやジンジャエールを入れたものを自分で作り飲みました。なかなかいい味でした。こんなのを飲んでいると太ってしまいますが、飲みたいという欲望には勝てません。毎日飲んでしまいそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月15日 (水)

猛暑の終戦記念日

   62回目の終戦記念日、暑い日でした。40度を超えたところもあったようです。名古屋は37度を超え、外に出ると空気が暑く、息苦しくなるくらいでした。
 小泉前首相は、やはり靖国に参拝しました。安倍首相と違って全然ぶれないところが小泉さんらしいです。安倍内閣では、高市大臣だけということで、かなり中国、韓国への遠慮があるのでしょうか。特に参院選の惨敗の後だけに仕方が無いところでしょう。
 北海道に行ったときのお土産として必ず買っていた「白い恋人」も、賞味期限の問題で回収されたということで、相変わらず食の問題はなくなりません。特に暑い中なのでこういう賞味期限の問題は食中毒につながることなので消費者としては許し難いことです。当分北海道土産での「白い恋人」にはありつけそうにないです。
 
 今日は、お盆休み最後で、嫁さんの実家に行き、その後、お昼は、名古屋駅のタワーズで食事をしました。タワーズもすごい人で、予約をしていたから入れたものの、もし予約していなかったら暑い中名古屋駅周辺をさまよっていたかも。嫁さんのお姉さんのおかげで、なだ万茶屋で食事ができ、とてもおいしかったです。夜、京都に戻り、土曜日までじっくりと仕事します。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年8月14日 (火)

屋上緑化ビジネス

  今日は実家に顔を出し、その後でお墓参りに行って来ました。ちょうどお墓のところは木陰になっており少しは涼しかったですが、木陰を外れるとうだるような暑さでした。こんな中甲子園のほうも引き分け再試合になったゲームもあったりして大変だと思います。

 夜、テレビを見ていたら(ガイアの夜明け)、特に東京などの都市のヒートアイランド現象の対策として屋上緑化ビジネスの最前線の話がやっておりました。屋上緑化することにより確かにビルの屋上温度は下がり、その結果、省エネ対策や結果として二酸化炭素の削減にながるとのこと。それ自体はそんなに新しいことではないですが、より良い効果を求めるために、どのような設計にすればいいか、ビルの屋上なので荷重負担がないように土はどのような材料にすればいいかなども考えて行っているとのことで、このビジネスもいろいろなことをやっている人たちがいるようです。また、古いビルでは重さの問題で、土はのせることはできないので、それに替わる物として太陽光を反射しやすく熱がこもらないようにする塗料を塗ったりなどと様々なものが開発されているようです。
 屋上緑化の話以外にも、東京湾の海風を利用して温度を下げるという都市設計の話もありました。川の流れる方向や、ビルの建て方をうまく設計することによって海風をうまく流すようにすれば2度くらい温度が変わってくるのとのこと。番組ではJR大崎駅ビルの再開発での建設会社の人の奮闘ぶりが撮影されておりました。ビルの前に海風が通るような森を設計しておりました。風の通り道をシュミレーションしたり、本当にこんなにうまくいくのかと思ってしまいましたが、少なくともビルの持ち主や依頼された建設会社のかたも、このプロジェクトを通して東京全体のヒートランド現象を抑えるのに少しは貢献できるという気持ちを持っていてやっていたのは感心しました。
 こういう屋上緑化にしても都市設計にしても個々のビルや家だけでなく街全体で連携させてやっていかなければ効果はでないでしょう。
 うちの大学でも屋上緑化をして館内の温度を下げたいという計画をしておりますが、最初に作る時にある程度考えて欲しかったというのが本音でしょう。ましてや都市でなく緑あふれるところに大学はあるので、そんな中で屋上緑化した場合、周りの景色との調和はどのようになるのかも興味あるところです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月12日 (日)

お盆休みに入る

  金曜日は、前の会社に行き、大事な研究に関するmeetingをじっくり行いました。久しぶりに内容の濃いmeetingだったので刺激になりました。夜は、三宮でmeetingに出た人達と食事をして、その後、最終一つ前の新幹線で、単身赴任仲間のIさんと名古屋に帰りました。
 昨日、今日は通常の土、日モードでした。
 外は暑いのであまり出たくはないのですが、買い物や、娘の英語塾(NOVAですが、いつつぶれるか不安に思いながら通わせております)の送り迎えをした時は、軽自動車の冷房を全開にしておりました。そのため、ぜんぜん車にパワーがなく走りが悪かったです。買ってから10年も経っているので、そろそろ普通車に買い替えかと嫁さんも言ったので、思わず車を見に行ったりしました。実際に買い換えるかは分かりませんが。
 明日から3日間はお盆モードで、お墓参りや実家参りでつぶれそうです。その間、家でも少し仕事をしないといけないので、関連資料は持ってきています。時間のあるときにできればと考えています。
 それにしても暑いです。冷房をつけていないと額から出てくる汗が止まりません。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月 9日 (木)

4?歳になりました

 今日8月9日は誕生日です。去年のブログにも書きましたが、40歳を超えるとうれしいのかうれしくないのか微妙ですが、学生さんからわざわざ「おめでとう」メールが入っていると案外うれしいものです。
 昨日も、今日も、たまたま夜に食事のお誘いがありました。去年のこの日も自分のブログを見たら、京都で飲んでいたようでした。まあ、一人で誕生日の夜を過ごすよりはみんなでわいわいやったほうが楽しいので良かったです。
 明日は、前の会社に行き、その後名古屋に帰ってお盆休みにします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月 7日 (火)

精神が弱い横綱

   朝青龍は急性ストレス障害ということで、どうもモンゴルに帰国するのが濃厚となっているようです。今回の問題を自分で作っておいて、その結果出場停止と謹慎になり、本来はそれを乗り越えていく立場でありながら、結局は耐えられないで病気になって、お国に帰りますでは横綱として失格ではないでしょうか。通常の社会では、皆さんいろんなつらいことがあって精神的に病気に近い状況でも、会社を休んでしまえば、会社を辞めなければならなくなるわけです。そういう意味では、朝青龍はモンゴルに帰るのなら横綱を辞めて帰るべきなのではないでしょうか。いずれにしても、このような精神の弱い横綱に21回も優勝をもっていかれたのですから日本の相撲もかなり危機的な状況なのだと思います。

 今週は高大連携の行事ということで、近くの高校生が大学に来ております。明日は我々の研究室が担当ということで、今日はその準備を少ししておりました。暑い中、高校生も毎日ご苦労様です。少しでもこのような機会から理科を好きになってくれればと思っております。
 今日は、他にも論文書きや、講義準備などをやって思ったよりは進みました。
夜は、保津川の花火大会があったので、家の周りが車で渋滞する前に帰り、自分の住んでいるマンションから花火を見ておりました。やはり花火はいいですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月 6日 (月)

キャンプに参加

 この週末の土曜日、日曜日は娘の学童保育のキャンプがあったため、金曜日の夜に車で名古屋に帰りました。本来なら、大学のオープンキャンパスに参加しなければならないのですが、毎年重なってしまい、今年はキャンプのほうを優先にさせてもらいました。
 土曜日の午前中の用事が終わってから嫁さんと一緒に岐阜県揖斐川町にあるキャンプ場まで車で飛ばし、合流しました。嫁さんも私も久しぶりのキャンプということでしたが、基本的には今回のキャンプはあくまでも子供中心で行うということで、親は要員として子供たちをフォローするというのが役目でした。当然、自分の子供のところの班には入らず、他の子供たちを助けるということです。今回は総勢90人もいるので、ご飯をつくるのも大変です。カレーの鍋もたくさん作らなければならず、火もたくさんおこさなければならないので、そこはお父さんたちの出番です。蒸し暑い中、汗をだらだら流しながら火のお世話をしておりました。
 夜はメインイベントのキャンプファイヤーがあり、子供たちの出し物や、父母の出し物などがありおおいに楽しみました。一番良かったのはやはり高学年(4,5,6年)のトーチでした。うちの娘は4年生で初めてのトーチということで、この3ヶ月くらいずっと練習していたので、かなり最初から緊張気味でした。でも、本番は本当にすばらしい内容で、見ていて少し目頭が熱くなってきました。同じ4年生のあるお母さんはやはり感動して泣いていました。終わった4年生の男の子も感動したのか泣いていました。トーチは一歩間違えばやけどをしてしまうかもしれないわけで、初めての4年生にとっては本当にこの2,3日は緊張感で一杯だったのかもしれません。本来なら2週間前の夏祭りでデビューするはずだったのが中止になってしまたので、モチベーションを維持するのも大変だったでしょう。ということで、こちらも久しぶりに感極まってしまったわけです。
 夜中は、お父さんお母さんたちで反省会と称して2時くらいまで飲んでしまい、次の日はくたくたでした。2日目は、山の中にもかかわらずかなり暑く、そんな中、子供たちが考えてきたレクリエーションなどで楽しみました。
 キャンプを通して子供たちが食事作りや後片付け、キャンプファイヤーの出し物、レクリエーションの企画など様々なことを自主的に組織だってやっているのに感心しました。たまに3年生の班長さんがあたふたしていても高学年がきっちりとフォローしたりしていました。うちの娘も、遠目で見ていたのですが、こちらが思っている以上にしっかりとやっていました。なかなか家庭の中では見ることのできない娘の一面でした。

 昨日の夕方名古屋に帰り、今日は、名古屋から車で大学に出勤しました。さすがに頭がボーっとしております。


 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月 2日 (木)

計画通りはいかない

 8月に入り、やらなければならない事をノートに書き出してみるとたくさんありました。科研費の実験、大学の奨励研究の実験、論文執筆、後期の講義準備、後期の実習準備、オープンキャンパスの準備、高大連携の準備などです。この1ヶ月でできるのかどうか分かりませんが、しっかりと計画を立てて実行しなければ。
 中学校、高校のころは計画を立てるのが好きで、特に休みの時は、起きてから寝るまでのスケジュールを毎日書いていた覚えがあります。予定通りに実行できたことはほとんどありませんでした。おそらく、かなり無理な計画を立てる傾向にあったので、実行できなかったといえます。
 今は、ほとんどそのような細かい計画は立てないので、少しは昔に戻って細かい計画でも立ててみようかとも思います。でもおそらく100%実行できることはないと思いますが。計画通り実行できる人がとてもうらやましいです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年8月 1日 (水)

大臣更迭、朝青龍、雨家族

 赤城大臣はやはり更迭されました。最初は自分から辞めることを言ったということでしたが、事実上更迭だったということで、最後までなんか馬鹿さ加減を露呈していました。辞めたからといって事務所問題はまだ解決していないわけですので、しっかりと説明してほしいです。安倍さんはいつお辞めになるのでしょうか。

 朝青龍の仮病疑惑に出場停止2場所が言い渡されたようです。この横綱はほんと以前から日本の相撲をなめています。強いのは分かるのですが、いわゆる品格、力量というものが無いというのでいろいろと問題があるようです。やはり外国人にそういう日本的なものを求めるのは酷なのでしょうか。朝青龍のいない間に、琴光喜あたりががんばって品格ある横綱にでもなってもらいたいです。

 台風がまた来ています。明後日あたりに西日本に上陸するかもしれないとのこと。娘の学童保育のキャンプが3日からあるので微妙です。私も4、5日と参加するので、なんとか台風の影響がないといいのですが。この間も夏祭りが雨で中止になったので、今回はなんとか中止にならないでほしいです。私の家庭が学童保育の会長になってどうも雨家族ということになってしまいそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »