« 三重での3日間 | トップページ | KYという意味 »

2007年8月23日 (木)

停電、高校野球、ハゲタカ

   昨日、名古屋から車で戻り、昼から大学で仕事をしておりました。
 夜は雷による瞬間停電があったようで、朝、大学に来たら、質量分析装置のPC部分が止まっており、その影響で本体ももう一回シャットダウンしなければなりませんでした。これで丸一日、正常に戻るのにかかってしまいます。今年に入って2回目ということで自然には逆らえません。
 昨日の高校野球のほうは、公立高校の佐賀北高校が優勝したということで、かなり取り上げられていました。今年は特待生の問題があっただけに、特待生のいない佐賀北高校が優勝したのは意味があることだったと思います。勉強もきっちりとして、限られた時間で工夫をした練習をすれば優勝もできるということで、特待生を持つ野球漬け高校に対して痛烈なアピールになるでしょう。当分こういう公立高校が甲子園で大活躍でもしてくれればいいのですが。
 今週に入って、夜10時からNHKでやっているアンコールドラマ「ハゲタカ」を見ております。いろいろと賞をとったドラマだけあって、非常に面白いです。日本でもちょっと前にあった、外資系ファンドによる企業買収や、日本の銀行の不良債権問題、新興ITベンチャー、TOB、ホワイトナイトなどをキーワードに、オリジナルあるドラマに仕上げており、見ていてもハラハラドキドキします。役者も柴田恭平さんはもちろんのこと、外資系ファンドマネージャ役をしてる大森南朋さんという役者さんがとてもいいです。明日は最終回ということで、絶対に見なければ。
 

|

« 三重での3日間 | トップページ | KYという意味 »

コメント

松原先生 おはようございます。
お仕事再開! と思ったら、いきなりの停電のための機器ダウン。無停電電源入れた方が良いかもですね。年にあるかないかの電源トラブルのためには、ちょっと高価かも知れませんが……一日潰しちゃうよりはマシかもです。
高校野球は佐賀北高校の逆転優勝だったですね。優遇されてる特待生、何やってるんだ! って思ったりもしますが、こういう形の"お灸”も良いのかも知れませんね。
わたし、ここ数年、テレビあんまり観ないので「ハゲタカ」って番組自体知りませんでした(^^:) 結構、視聴率高い番組のようですね。家は嫁と子供たちがテレビ独占状態です。

投稿: 阿頼王 | 2007年8月24日 (金) 06時05分

阿頼王さん

無停電電源いれたいのですが・・・。
そういえば、阿頼王さんはテレビ見ない方でしたよね。本当はそのほうがいいのですが。ついつい私は見てしまいます。その分、別の事に時間をつかえば良いと思うのですが。

投稿: Mamoru Matsubara | 2007年8月25日 (土) 00時17分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 停電、高校野球、ハゲタカ:

» 『ハゲタカ』から“株式会社”という組織について考えてみる。実質的奴隷から脱する新組織のヒント。 [にほん民族解放戦線^o^]
最近、またドラマ「ハゲタカ」の再放送をやっているらしい。24日夜が最終回とのこと。このドラマはなかなかに考えさせてくれるドラマである。 NHK ドラマ『ハゲタカ』の公式サイト 以前、このブログでも、『ハゲタカ』から「資本主義システム」について考えてみるというエントリーで扱った。 今回は、このドラマ「ハゲタカ」の後半3話を題材に考えてみたい。 {/face_warai/}続きを読む前にクリックで応援おねがい!     ↓         ↓         ↓    「会社は誰のものか」と... [続きを読む]

受信: 2007年8月24日 (金) 02時03分

« 三重での3日間 | トップページ | KYという意味 »