« サイエンスパートナーシッププロジェクト(SPP) | トップページ | 金閣寺、龍安寺、鞍馬寺 »

2007年9月21日 (金)

秋学期始まる

  今日から大学のほうは講義が始まりました。学内も一気に人口密度が高まり夏休みの雰囲気とはがらりと変わりました。
 来週にもSPPがあるのでその準備を少ししておりました。あとは来週の講義準備も。1回分はできましたが、もう数回分の貯金が必要なのですがちょと無理っぽいです。

 神戸の私立高校のいじめで自殺した高校生の事件で同級生が逮捕された件は、ようやく高校もいじめがあったことを認めたようです。どちらかというと進学校の私立高校なので学校関係者もすぐには認めたくなかったのでしょうが、逆に少し遅れた対応が評判を悪くしているような気がします。それにしてもいじめはいつの時代でも、どこにでもあるのでほんとやりきれないです。無理して学校に行かなくてもいいのかとも思うのですが、当事者にとってはなかなか簡単にはいかないのでしょう。難しい問題です。

明日からは連休ですが、初日は比叡山までお墓参りに。名古屋から嫁さんらが来るので堅田で待ち合わせです。その後、1泊京都でしてもらう予定です。ということで今週末も名古屋には帰れずです。

 

|

« サイエンスパートナーシッププロジェクト(SPP) | トップページ | 金閣寺、龍安寺、鞍馬寺 »

コメント

松原先生 おはようございます。
いよいよ“後期”の始まりですね。生徒さんの指導に、先生の研究に“頑張って”下さい!
”いじめ”の問題はどこにでもありますね。何も学校だけに限った事ではないです。どこの社会にもある問題です。そこでは“倫理”も“論理”も通用しないですね。ただ“気に入らない”っていう“感情”の問題ですね。結局、本来“家庭”が責任を持って躾をすべき所を放棄してしまっているのが原因の第一ですね。まあ、躾るべき“両親”が“要指導状態”では、子供の躾なんて夢のまた夢ですけど。それを両親たちは、“自分の責任”を放棄して、責任の擦り付け合い(かなり一方的)をしているようにしか見えません。今、一番矢表に立たされているのが、小学校~高校の教師のような気がしますが、それは“持って行き場が違うのではないか”と感じてしまいます。躾は社会の問題だと思います。躾けられていない子供達を躾けるのは社会の責任だと思いますが、その大人社会がガタガタです。まず大人を躾けなければなりません(^^;)
って、これって一体誰が躾けるのでしょうか?

投稿: 阿頼王 | 2007年9月22日 (土) 06時26分

阿頼王さん

家庭の躾の問題っておおきいですよね。
確かに躾しなければいけない大人の躾もなっていないのですからもう問題になりますよね。
 最近では給食費や保育費を払わない親もいるし、何かあれば学校に文句言う親もいるので教師も大変ですよね。更に学校でいじめがあると大きな問題にもなるので教師もそのあたり非常に臆病になっているような気もします。

投稿: Mamoru Matsubara | 2007年9月23日 (日) 20時11分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋学期始まる:

« サイエンスパートナーシッププロジェクト(SPP) | トップページ | 金閣寺、龍安寺、鞍馬寺 »