« 初めての川床のはずが | トップページ | 世代逆戻り。新司法試験 »

2007年9月12日 (水)

美しい国はできず

 なんとも後味の悪い辞め方をなさったものです。安倍さんも今年中はもたないとは思いましたが、なんと国会で所信表明をした後に辞めたということでかなり批判が高まっています。日本のトップの人がこのような辞め方をしてしまうと、ほんと教育的にもよくないです。大事な仕事をしていて急に辞めてしまってもいいのかと子供たちは理解してしまうのでは。通常はどんな仕事であれ急に辞めることは許されないですよね。それが日本のトップの首相という職で許されるのですから。美しい国は何だったのだろうと思います。この後の政治はどうなっていくのでしょうか。というかこれでまた内閣が変わるとなると、1ヶ月も働かない大臣なんて全く省庁にとっては意味がないです。

 今日は、2回生の春学期の成績が出ました。私が担任をしている学生も英語の課題を出すついでに見せに来ました。なんとか単位はとれていましたが、彼にとって重要な単位を落としていたりしていたので少しハッパをかけておきました。
 午後は、オープンキャンパスのミニ実験の手伝いをしてくれる学生さんに実験のデモを行い実際にやってもらいました。なかなかみんな手付きが良かったです。当日期待できます。
 その後、S製作所の偉い方がこられいろいろとお願いされました。うまくいくかどうかは分かりませんがなんとか協力する予定です。
 夜のニュースは安倍さんの辞任ニュース一色でした。

|

« 初めての川床のはずが | トップページ | 世代逆戻り。新司法試験 »

コメント

松原先生 おはようございます。
本当に驚いてしまいました。
今、辞める位なら、参議院選挙で大敗した時に辞めるべきですよね。なんか、尻切れトンボのよう感じで、“美しく”ないです。
一体、安倍さんは何を目指していたのか、『美しい国…』にも具体的政策が展開されていた訳ではなく、ただ、通してきた“法案”から推測するだけですが、安倍さんの『美しい国』はかなり危険な国のような気がします。次は麻生さんが狙っているようですが、他に人材も見当たりませんね。
本当に、これから政局がどうなって行くのか、民主党も政権奪取に動きを強めるでしょうね。

投稿: 阿頼王 | 2007年9月13日 (木) 06時34分

阿頼王さん

やめるタイミングが本当にまずかったですよね。健康問題もあったということですが、それならそれでもっと状況を考えないといけないですよね。次は誰がなるのでしょうか。

投稿: Mamoru Matsubara | 2007年9月13日 (木) 20時51分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 美しい国はできず:

« 初めての川床のはずが | トップページ | 世代逆戻り。新司法試験 »