« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月30日 (金)

大学近くの怪しげなお店の正体

   今日で11月も終わり。今年もあと1ヶ月となります。ほんと早いです。
今日一日は、完全に実験モードでしたが、時間をかけた割には全く成果なしでした。少しがっかりです。今週末はもう少しふんばって結果出さねば。使用している装置にもいろいろと問題があり思うようにいかないです。腰をすえてじっくりとやらなければならないのですが、そういう時間もないのが一番のネックです。
 
 話は変わって、先月くらいから車で大学に入ってくるところに気になる看板が。「喫茶と創作料理、オリエンタル・・・・・・・・・」というお店が。矢印の出ている方向が、あぜ道を入っていくほうなので、かなり怪しげです。当然、一人でその店の様子を見に行くのは無理だなーと思っておりました。そんな時、ちょうど同僚のS先生もその店のことを気にかけていたらしく、今日の夜行くことにしました。あぜ道を入っていくと民家があり、営業中の電光板が出ていました。お店はいかにも入りにくそうな入り口で、一瞬入るのを止めようかと思いましたが、思い切って入りました。入ると、そこはスナックのような感じで、更におじさん2人がいたので、失敗したかと。そう思っていると、おばさんが出てきたので、「創作料理と書いてありますが、夕飯でも食べれるのでしょうか」と聞くと、「一通り何でもつくれるよ」とのこと。焼肉とか、その日のアレンジでお任せで作れるよとのことで、お任せで頼みました。春巻きやお肉や、お惣菜や、サラダお味噌汁、大根の煮物などいろいろと出てきました。どうやらこのお店のおばさん大学の食堂や居酒屋などでも調理の経験があるようで、要望出してくれれば何でも作るよとのこと。大学からも歩いていけるので、夜食べるところで苦労している身としては結構いいかもしれません。S先生もまた行きましょうということで、常連さんになろうかな。近くの下宿している学生もちょくちょく来ているとの事。スナック風だったのは、昔はここはフィリピンパブだったとのこと。今も、棚にはボトルキープのお酒などが置いてったので、近くのおじさんたちが飲みにきているのかもしれません。カラオケも歌えるよといっていましたし。いずれにしても、怪しげな看板のお店の正体が分かったので良かったです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月28日 (水)

いろいろな事件、論文など

   香川の行方不明事件はようやく容疑者が捕まりましたが、幼い2人の子は事件に巻き込まれてしまいました。何か大人の問題なのに幼い子までこのような状況になるのは本当に許せません。
 守屋前防衛次官も逮捕されました。なんと奥さんのほうも逮捕されたいうことで、このような収賄事件の根深さがあるようです。防衛省のこの問題が政治家まで及ぶのか、どこまで検察がやれるかだと思います。
 あと、マクドナルドや、横浜の崎陽軒なども賞味期限や食品表示の問題があったりと食の問題もどんどん出てきます。こうなるとどこまで自分たちが食べているものを信じていいのか分からなくなってきます。今後もまたいろんなところで出てきそうです。

 今日中に来週の講義までの準備を終わらせました。12月半ばにはほぼ1週間学会出張があるのでやれるときにやらなければ。午後は大事な会議がありほぼ夕方まで、疲れました。
 昨日はいいニュースが。共同研究先の論文がアクセプトされたということで一安心です。こちらが協力してデーターをとれたものが結果になるのはうれしい限りです。あとは、自分のもがんばって論文にしなければと思っておりますが、なかなか時間がとれません。今年ももう1ヶ月で終わってしまうというのに。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月26日 (月)

クリスマスイルミネーション

 先週末の連休は名古屋に戻り家族サービスをしておりました。買い物したり、映画に行ったり、クリスマスツリーを飾ったりしておりました。
 名古屋駅に買い物に行ったついでに、駅前のクリスマスイルミネーションも見てきました。夕方から点灯しますが、今年もそこそこきれいでした。花となぜかテディベアが基調になったイルミネーションでした。クリスマスはトナカイだと思うのですが。
 駅前のミッドランドスクエアにも初めて入りました。高級なお店ばかりで買い物などはする気にもなりませんでしたが、嫁さんは、ビトンなどのブランドのお店を見るのだけでも満足なのでしょう。ちなみに家には、ビトンなどのブランドもののかばんはいっさいありませんが。
 娘が久しぶりに焼肉を食べたいというので、名古屋駅のおいしいといわれる焼肉屋に行ったのですが、すでに満員で入れず、もう1時間早く行くべきだったです。ということで、昨日、焼肉を家でやりました。家でやると部屋中が煙で充満して、においもそこそこ残ってしまいましたが、娘もそれなりに満足していたので良かったです。
 昨日、夜早めに帰り、連続でやっていた、松本清張の「点と線」のドラマをみておりました。ビートたけしが 真相を明らかにする老刑事役をやっておりました。久しぶりに役者のビートたけしを見ましたがそこそこいい演技しておりました。周りの役もいい役者さんをたくさん使っていたので引き締まったドラマでした。いつの時代も政治と金、官民との癒着、汚職などは変わらないテーマなのでしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月21日 (水)

今日の1面は万能細胞

 午前中は講義準備、午後は長い会議で一日が過ぎてしまいました。研究のほうはなかなかゆっくりとできません。
 今日の新聞の1面はヒトの皮膚から万能細胞が作られたという、京大再生研の山中教授らの成果が載っていました。20日にCellの電子版にpublishされたということで、すばらしい成果です。マウスで1年前に発表されていて、時間の問題ではあったわけですが、ヒトでもマウスのときと同じ4個の遺伝子が万能細胞の誘導に関わっていたということで、これで一挙にこのES like細胞(iPS細胞)の研究が加速されるのでしょう。山中先生らのチームだけかと思いきや、さすがアメリカの強引さというか、サイエンス誌にも米ウィスコンシン大の結果も載ったということでこの分野の競争の激しさを物語っております。
 ちょうど家から帰ってきたら、NHKの21時のニュースで山中教授が出演していました。今回の成果は、ほぼ全ての新聞の1面だったようですし、アメリカのブッシュ大統領もコメントを出したということですからノーベル賞級の発見かもしれません。すごいの一言です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月19日 (月)

寒くなりました。マラソン。アクアポリン

  昨日から今日にかけてかなり寒くなりました。軽装で大学に行ったら帰りはさすがに寒かったです。
 昨日の東京女子マラソンは野口選手が完璧な走りで優勝でした。あの後半の有名な上り坂もこれまでにないスピードで走ったというのですからすごいです。これでほぼオリンピック代表は決まりでしょう。北京五輪での2連覇も夢ではないでしょう。あとは大阪、名古屋の選考レースで高橋Qちゃんがどのような結果をだすかが見ものです。残りひとつの枠なのでよほどの記録と優勝でないと無理かもしれません。
 今日は、午前中、午後とお客さんがそれぞれ来て議論しておりました。午後からは某会社の方がこられ面白い研究の話をされていきました。皮膚がらみのシグナル伝達系の話でしたので新鮮でした。ここの会社の方が先週のNHKのサイエンスZEROでテーマになっていた水チャネルのアクアポリンの話にも登場していたので、話もはずみました。お肌のみずみずしさにアクアポリンが必要であるとのことで、化粧品の開発や宣伝にも目玉になるような分子が必要との事です。そのあたりはマーケット戦略も上手なようです。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年11月17日 (土)

作品展

 昨日は、出張で共同研究の詰めの実験をしておりました。学内にないタイプの質量分析計を用いた解析で予想以上にうまくいったので良かったです。なんとか論文になりそうです。他にもサンプルがたくさんあるので、それは来週から一つ一つこなしていかなければなりません。
 今日は、娘の小学校で作品展(展覧会)があったので、自分の両親も連れていきました。4年生のテーマは思いでに残った絵や紙粘土細工で自分の好きなお話のある場面を作るというものでした。絵のほうは、夏休みに行ったスペイン村で見た花火を書いていたようでした。花火を見上げている人たちの顔が、後ろ向きに書いていたのですが、しっかりと上を向いているように見えているという変わった構図でした。うちの父親も人があまり思いつかない感じで書いてあったので、面白い絵だと関心しておりました。他の学年の作品もそれぞれのテーマで力作ぞろいでした。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月14日 (水)

学振特別研究員の追跡調査

   疲れがたまっているのか、朝起きたら首筋が痛かったり肩こりやらで体調が今ひとつです。そんな中、相変わらずの忙しい毎日です。

 ちょうど10年前は学術振興会の特別研究員(いわゆる学振のPD)だったのですが、その追跡調査ということでメールが入っていました。学振が研究者を生み出す制度としてしっかりと機能しているのかどうかを見るための調査のようで、一定の期間を経った人に現在の職についての調査をするもののようです。昨年の調査結果は、学振のHPに載っていたのでみましたが、10年経つとほぼ90%近くは、常勤の研究者になっているようで、この制度はしっかりと機能しているという結論になっているようです。我々が学振をとったころは、全ての分野を含めて250人くらいで採択率は15%くらいでした。今は、採択率は同じでもかなりの人数をとっていると思います。もし今の学振のPDの人たちが10年後、どれくらいの常勤の研究者になっているかは分かりませんが、現在のポスドクの問題などを見ると10年前に学振をとった我々よりは苦戦するのかもしれません。ただ、もともと学振のDCやPDをとっている人は、その世代では研究がうまくいっている人たちなので、かなりの確率で、将来もいいポジションにつける可能性はあります。また、この学振の特別研究員は給料がもらえるのはもちろんのこと研究費もつくということで、研究マネージメントの基本を身につけれるという意味では非常にいい制度であったので、こういうものをもっと拡大させて優秀な若手の研究者を増やしてもらいたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月11日 (日)

クリスマスツリー購入

   今日は、久しぶりに名古屋の栄というところでお買い物に。クリスマスにはまだ早いのですが、家に飾るためのクリスマスツリーを東急ハーンズで買いました。昨年、クリスマス間際にお店に行ったら既にほとんどのものが売れていたので、今年は早めに行こうと前から思っておりました。ファイバーツリーという電気で光るタイプのものと、あとは飾りのセットを購入しました。ツリーは高さ150cmか120cmのどちらにしようかと迷いましたが、150cmのものは運ぶ時やしまう時に困ると思い120cmのものにしました。まだ、今日は箱から出しておりませんが、今月の末には飾ろうと思っております。
 
 中日はなんとか韓国の野球チームに勝ちアジアチャンピオンになりました。面目躍如といったところでしょう。これで今ジーズンの日程も終了し、ほんと選手はお疲れ様です。あとは、ストーブリーグです。どうも福留はFA宣言して別のチームに行くようです。中日を出るのならセリーグの阪神か巨人ではなく、大リーグに行ってほしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年11月 9日 (金)

テスト採点終わる。残念なこと

   昨日行った細胞生物学の中間テストの採点を今日の午前中までに終えました。こちらとしては、事前に出る問題を教えていたりしていたので、平均点は80点近くを予定していたのですが、65点でした。勉強した人、していない人がすぐに分かってしまいます。テストというよりはあくまでも基本事項の復習ということなので、しっかりと内容をまとめて理解していれば8割以上は解けると思うのですが、なかなかこちらが思ったようにはいきません。自分も学生の頃は、やはり覚えるということは日頃の忙しい中は、なかなか出来なかったので、自分が教員になってそういうことを求めるのはある意味矛盾でもあるのですが、教える立場になっている以上ついつい学生さんには期待してしまいます。
答案を見ていると、勉強してきましたよとアピールしているような力のこもったものもあるので採点していて気分がよくなります。また、講義の感想なども書いてもらったのですが、比較的皆さん私の講義に対して好意的なコメントが多かったので、こちらとしても励みになりました。後半も気合入れて講義していこうという気分になります。

 今日一つ悲しいことがありました。前の会社の立ち上げや通常の時にもお世話になった方が亡くなられたということを聞きました。ガンだったようです。個人的にも自分の知らない電気工事とかネットワーク関連分野の様々なことを教えていただき非常に頼りになるすごい方でしたので本当に残念でなりません。あらためて健康でいることの大切さを感じています。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年11月 7日 (水)

明日は中間テスト、小沢さん辞任撤回

   11月に入ってもまだまだ忙しいです。今日も会議や諸々のことがあり、やりたいことがなかなかできません。いろんなところの先生方から送られてきたサンプルの解析も滞っていてなんとか今月中にやらなかければならないのですが、十分な時間がないのが現状です。果たしてできるのか。自分でも不安です。
 明日の細胞生物学の講義は、ちょうど13回中の真ん中なので、中間テストをすることにしました。前半の講義内容についてどれくらい基礎をおさえているか試験しようというものです。先週の講義で、ほとんどテスト問題を言ったに等しいので、学生さんにとっては勉強しやすいとは思いますが、どこまで点をとってくれるのか。少なくとも全員が60点以上はとってもらいたいです。あくまでもこちらとしては、復習のつもりの試験です。あとは、少し長めの文章を解答として書いてもらうという訓練もかねています。どこまで自分の言葉で書いてくれるかというのもチェックするポイントです。

 小沢さんの辞任撤回はほんと情けないと思います。この間の安倍さんの時もそうですが、政治家の世界は何でもありのような気がします。あのような姿を子供たちが見たら、責任感が全くないのが大人の政治家なのだと思うでしょう。民主党の議員も半ば強制的に留任を認めたようですが、実際には若い議員は小沢さんを認めてはいないと思います。執行部や上の人たちに自分たちの本当の気持ちを封印されてしまっているような気がします。民主党は、これでは本当に衆議院選挙で自民党を逆転できないような気がします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月 5日 (月)

小沢さん問題、チームマイナス6%は無理

   週末は、出張などがあり少しお疲れモードです。今日も会議が2つ、他にもグラント審査のレビューを書き上げて送りました。
 昨日は、小沢さんが民主党の代表を辞任するというニュースが流れいろいろともめております。いつも大事なときに民主党は混迷状態になってしまいます。最終的に引き止められるのか、辞任して新たな方向にいくのか、これが片付くまで政治は落ち着かないでしょう。もっと政治家は国民のことを考えてほしいです。

 京都議定書を受けて日本は6%のCO2削減をしなければならないのですが、どうやらこれまではその目標はおろか、7%多くCO2を出しているようです。産業界はその4割を出しているようですが、今後大幅な削減をしなければだめなようです。企業間でもCO2の排出権の買取がなされるようなことも現実に起きているようです。
 一般にもチームマイナス6%が浸透してCO2の削減が進んでいるかと思いきや、やはり夏の猛暑によりクーラーがフル稼働していて使用電気量が多くなったりしているようです。また、ビルとかでも、結局は仕事をしすぎる会社があるとずっと夜中も電気をつかっているわけですので、その結果当然CO2の排出も多くなるようです。皆が働く時間を短くして会社で使う電気量が減れば少しはCO2の排出も減っていくのでしょう。
 これまでの取り組みにもかかわらず思ったよりもCO2削減できないということは、今後の日本の目標であるマイナス6%削減はかなり無理のような気がします。日本でそうなのですからアメリカや中国ではもっと無理なことなのでしょう。地球温暖化はますますひどくなっていくのでしょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月 1日 (木)

中日、日本一バンザイ

  やりました。中日53年ぶりの日本一です。最後は、なんと山井と岩瀬の完全試合リレーです。9回は当然山井に投げさせるものと思っておりましたが、落合監督ここで岩瀬に変えてどうなるのかと思いきや、岩瀬も3人できっちりと抑え、日本シリーズで初めての完全試合リレーでの優勝です。名古屋で決めれて本当に最高です。週末の名古屋はおおいに盛り上がっているでしょう。こちらのテレビでは夜の特別番組はまずやらないと思うので、嫁さんに名古屋でやるであろう特別番組でも録画してもらわなければ。落合監督の優勝インタビューのあとの中村ノリも泣いておりました。思わずもらい泣きを。考えてみればテスト生から最後は日本シリーズのMVPです。ずっと感謝の気持ちでやってきたご褒美だと思います。とにかく最高の一日です。

 今日は大学でも学生実習が最後で、滞りなくうまくいきました。がんばってくれた学生さんや、実習のお手伝いをしてくれた3人の実験スタッフの方にも大感謝です。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »