« 寒くなりました。マラソン。アクアポリン | トップページ | クリスマスイルミネーション »

2007年11月21日 (水)

今日の1面は万能細胞

 午前中は講義準備、午後は長い会議で一日が過ぎてしまいました。研究のほうはなかなかゆっくりとできません。
 今日の新聞の1面はヒトの皮膚から万能細胞が作られたという、京大再生研の山中教授らの成果が載っていました。20日にCellの電子版にpublishされたということで、すばらしい成果です。マウスで1年前に発表されていて、時間の問題ではあったわけですが、ヒトでもマウスのときと同じ4個の遺伝子が万能細胞の誘導に関わっていたということで、これで一挙にこのES like細胞(iPS細胞)の研究が加速されるのでしょう。山中先生らのチームだけかと思いきや、さすがアメリカの強引さというか、サイエンス誌にも米ウィスコンシン大の結果も載ったということでこの分野の競争の激しさを物語っております。
 ちょうど家から帰ってきたら、NHKの21時のニュースで山中教授が出演していました。今回の成果は、ほぼ全ての新聞の1面だったようですし、アメリカのブッシュ大統領もコメントを出したということですからノーベル賞級の発見かもしれません。すごいの一言です。

|

« 寒くなりました。マラソン。アクアポリン | トップページ | クリスマスイルミネーション »

コメント

松原先生 おはようございます。

凄い発見(のよう)ですね!
今、ノーベル賞に一番近いかもしれませんね。
"万能細胞”って、"ES細胞”とはまたちがうのですか? ES細胞以前の未分化細胞なんでしょうか?
何でも、皮膚細胞から作られたという事で、前の、先生のブログが引っ掛りました。その時に、そんな話しが出ていたでは無いかと……。

兎に角、"どんな臓器も再生治療できる可能性のある細胞と言うことで、今後は、"ES like細胞”自体の研究もさることながら、いかにして、各臓器に分化させていくかという問題も出て来そうですね。
「生命の神秘のヴェール」がまた一枚剥ぎ取られたような気がします。

投稿: 阿頼王 | 2007年11月22日 (木) 06時27分

阿頼王さん

基本的にはES細胞と同じですが、皮膚などの体細胞から誘導してつくったESに似た細胞ということで今回はiPS細胞と名前をつけているようです。受精卵を使わなくてもいいということがメリットで倫理的にも問題がなくなるということのようです。ただ、逆にこういう研究が更に発達するとヒトクローンとかという話になってしまうので倫理的にも再度問題になってくるのでしょう。

投稿: Mamoru Matsubara | 2007年11月22日 (木) 09時05分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の1面は万能細胞:

« 寒くなりました。マラソン。アクアポリン | トップページ | クリスマスイルミネーション »