« 学会から帰る。エアーギター。 | トップページ | 今日はクリスマス »

2007年12月20日 (木)

薬害問題解決せず。

  薬害肝炎訴訟の政治的判断がなされなかったという事で裁判所の和解案を原告が受け入れるのを拒み、物別れとなったようです。国側からしてみればほぼ全員救済に近いということですが、原告の皆さんのほうからすると少し意味合いが違うと判断したようです。おそらく原告の方の気持ちとして、今回の薬害問題は国、特に厚生労働省の完全なミスであるので、国として本当に申し訳なかったという気持ちとして、首相の政治的判断を期待していたのだと思います。もっと心の部分での反省というものを国に見せてほしかったということで、今回の国の形式的な修正案というものがのめなかったのでしょう。病気であるのにもかかわらず九州のほうから毎回東京に来て訴えている女性の方や大阪のほうから東京に来て、毎回アピールしている方の姿を見ていると、なんともいえない気持ちになります。国はもっと被害者目線で考えてもらいたいです。税金をどれだけ使ってでもこの方たちを救わなければなりません。そういう意味で、福田首相はもっと気持ちを込めてこの方たちの期待にこたえなければならないと思います。このあたりの誠実さのなさが最近の福田内閣の支持率低下になっているのでしょう。

 昨日、今日となかなか予定していたことができませんでした。12月もあと10日ということで、そろそろ年賀状もかかなければならないし、クリスマスの娘のプレゼントも考えなければならないですし。どうしようかと思ってしまいます。

|

« 学会から帰る。エアーギター。 | トップページ | 今日はクリスマス »

コメント

松原先生 おはようございます。
“薬害肝炎訴訟問題”表面的にしか知らないので、「ああ、また何か国が問題を起こして、責任を回避しようとしている」ぐらいしか解りません。「薬害エイズ」の時も、厚生省は責任回避に必死でしたよね。明らかに国としてミスがあったなら、全面的に救済するのが当たり前で、国は何を拘っているのでしょうか? それに「PL法」とかあるのですから、「製薬会社も、その製造に瑕疵が無かった事を自ら証明しなければならない」はずですよね。どうして、「“期間限定”で責任を負う」という司法判断になったのかも疑問です。
福田政権支持率急落で、現在31%だそうです。ひょうひょうとした人柄ですが、いざという時は的確な判断が出来る方だと思っていましたが、中身もひょうひょうとした方だったようですね。
枡添厚生大臣は、「政治判断」と強調されているようですが、全てが“お金”で決着の付く問題ではないですよね。確かに“内閣”という制約の中で頑張っておられるのはわかるので、もっとこれからも頑張って欲しい人材ではあります。
しかし、今回の「司法の判断」がどういう過程で行われたのか、そちらの方も大きな問題だと思います。裁判官は何をどう判断して、期間限定で“公認患者”と“非公認患者”に分ける必要があったのでしょうか。
政府は「非公認者への救済金を8億円から30億円に積み増し」するという“政治判断”で誠意を見せた積りなのかも知れませんが、人間の、被害者やその家族の“精神的な救済”は全く眼中にないのでしょうか。
でも、疑問は、やっぱり「司法判断」ですよね。日本は“法治国家”ですから、司法の判断は大きいと思いますよ。いくら政府と言えども、三権分立ですから、司法の下した判断を無視する事は、法治国家の根幹を無視することですから。

ということで、何か、今年も終わりが近付いてまいりました。うちの下のチビもさすがに“中学生”。もう“サンタさんの存在を疑いまくり”で、「サンタさんはお母さんとお父さんだ」と解っちゃってしまっています。ああ、“夢”が無いな~。まあ、そろそろ“現実”に目覚める頃ですから、当たり前ですけどね。

投稿: 阿頼王 | 2007年12月21日 (金) 06時55分

今晩は松原先生。
今回の訴訟よく分からないのが、原告側の主張なんです。
最初は原告団以外の薬害肝炎の一律救済を目指していたはずなんですが、何か最近主張を変えているような気がするのです。
政府は全面謝罪しろ・土下座しろ・何言っても認めない。
そのような状況になっているような気がします。
できれば、本当に困っている人は救ってほしいと思います。

原告団以外の人がボロボロ死んでいく。
でも、原告団は和解しない。
それは政府が悪いから・・・。
原告団以外の人が死んでいく。

和解。

原告団歓喜。政府を罵倒。
野党から政界進出。

当選。野党or無所属のため発言できず。
今の川田さん。

今あれだけ問題になったエイズ訴訟川田さん以外はどうなったのであろうか。

本当のことを知りたいと思う。

投稿: けの | 2007年12月21日 (金) 20時49分

阿頼王さん、けのさん

コメントいただいてから少し空いてしまってすいません。
そうこうしているうちに、薬害問題も、首相の一律救済の発言でなんとかなったようですね。だた、詳細なことは今後のことを待たなければ分かりませんが、患者さんにとっては第一歩ではないかと思います。
 ただ、首相は完全に自分の支持率が低下しているということから、今回の発言をしたようにも考えれれますので、本当の意味で患者さんのことを思ってこれからのことをきっちりと対応していってもらいたいです。

投稿: Mamoru Matsubara | 2007年12月25日 (火) 22時05分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 薬害問題解決せず。:

« 学会から帰る。エアーギター。 | トップページ | 今日はクリスマス »