« 朝は雪でした。期末試験と採点 | トップページ | 寒い日続き、株価 »

2008年1月21日 (月)

受験もこれからが本番

  昨日の夜、名古屋からこちらのほうに帰ってくると雪がかなり積もっておりました。今日の朝は車で大学のほうに行くことは無理かなーと思っておりましたが、車道の雪は完全に溶けていたので、大丈夫でした。
 土曜日、日曜日はセンター試験があり、私の大学も会場になっていたようです。試験監督担当になっていた先生方は、毎年気を遣うので本当にご苦労様です。特に英語のヒアリングが入ってからはかなり緊張感があり、その時間の試験監督には皆さんなりたがらないようです。全国的にはどこかでミスがあったりして、再受験者も多くなっているようです。
 問題のほうは翌日の朝、新聞でチェックし、特に英語については、その場で解いています。今回、自分で解いてみたら、2問間違えてしまいました。どうしてもcarelessミスがあります。実際に会場で解いている生徒さんらは、緊張やあせりなどで長文などじっくりと読めないケースも出てくるのでしょう。試験というのはある意味一発勝負的なところがあるので、それだけで人生が決まってしまうと思うと、また更に緊張してしまうのでしょうね。昔の私がそうでしたから。
 センター試験が終わり、これから入試も本番です。この2ヶ月ぐらいは、我々にとっては受験生のように一喜一憂する期間でもあります。

 今日で、2回生は期末試験が終了しました。自分の成績が気になるのか、採点結果を気にして、聞きに来る学生さんがいます。また、こちらも成績が今ひとつの学生には呼び出しをかけています。1回生の時から見ていると、いつもぎりぎりで単位を通す学生さんは、勉強のやり方が今ひとつです。高校の時から同じような感じでやっているのでしょう。少しずつそれを改善していかなければ、大学の講義と試験にはついていけなくなるでしょう。本質を理解できるような勉強法を身に付けるときです。ここでしっかりと身に付ければ、一つ壁を越えることができ、成績も伸びていくでしょう。せっかく大学に来ているので、卒業するときには、どれだけ自分の能力が伸びたかを実感して出てもらいたいです。

|

« 朝は雪でした。期末試験と採点 | トップページ | 寒い日続き、株価 »

コメント

松原先生 おはようございます。
そうそう、大学って一年生二年生の時は、数学や英語や物理、化学とか教養科目がありましたね。わたしの時代は“電気工学科”とか単純な学科ばかりでしたが、今は、様変わりしてますね。情報電気工学科……なんじゃそりゃ……って感じですが、時代なんでしょうね~。
勉強のやり方って、大切ですよね。やっぱり出来る人は“勉強のやり方”が違いますよね。高校時代までは、出来る奴の勉強法を拝借したりしてましたね。

でも、大学の場合、出来る奴って、“要領かます奴”が多かったですウチは。クラブとかに入っていて、先輩から“過去問”とその“回答”貰ってて、
「この先生は毎年同じ問題を出す」
とか……(当時、そういう先生が多かったです)。だから“情報”の勝利って面がありましたね。わたしはそういう“情報網”持ってなかったので、自分でやらざるを得なかったです。でも、情報網持ってる人の方が“効率的”に“良い成績”貰ってたような気がします。でも普通のサラリーマンになるなら、そういう“要領の良さ”を学ぶのも、会社に入ってからは役に立つかも……デス。

本当に、研究者とか、実力で勝負するなら、真面目に勉強した方が良いですね。本当の実力を付けたほうが良いし、これからの時代は“本物”が必要とされると思います(本当はとっくに“本物”が必要とされている)。

“要領かまし”の教育のつけが、今の日本の体たらくを招いているような気がします。会社も今はまだ、“実力”より“要領=おべんちゃら”とかを評価する会社(上司)が多い(殆ど)ような気がします。むしろサラリーマン社会は上司が、自分より“実力”のある奴を見つけたら、潰そうとしますから。そういう場合は“能ある鷹”になるべきですね。でもいつまでも“能ある鷹”になってると、本当に“能力を出さないとならない時”にはもう出ないですね。そして、ミスをして“大きな社会的損失”を出す事に……なってると思います。それが今の日本の姿ですね。

教育改革も大事ですし、こういう“社会構造”と言うか、人間の意識改革が必要だと思います。でも、これって“人間の本性”ですから、なかなか直らないでしょうね。それともこれって“島国根性”なのでしょうかね。日本人は自分達で正当な“評価”が出来ない人の集まりのような気がします。だから、外国で認められた人が日本で再評価されるってパターン多いですよね。その辺りはアングロ・サクソンは潔いのでしょうね。ちゃんと評価するモノはちゃんと評価しますから。まあ、良くミスもしてますけど……。

投稿: 阿頼王 | 2008年1月22日 (火) 05時48分

阿頼王さん

そうですね。我々が大学の時は、過去問からほとんど出ていて、とにかくそれだけをやっていれば単位を取れていました。たまに過去問を外されると全くできなく再試験にかけるということも多々ありましたが。要領よくやっていれば単位を取れたのも事実です。でも、本当の学力を身につけるには、本質を理解する勉強だ大切で、そういう勉強をしていれば、社会に出ても応用が利くから楽ですよね。

投稿: Mamoru Matsubara | 2008年1月22日 (火) 22時08分

受験会場で受けたのではないにしろ、センター試験の英語2問だけのミスなんてすごいですね。御自分の大学受験の時もその位できたのでしょうか?
センターの初日が終わった後、息子が英語は9割を切ったと落ち込んでいました。(その他もできなかったようですが。)英語の苦手な私は、大学受験の時はもっとできなかったし、最近は老化する一方なので、ますますできなくなったと思います。センターの問題をやってみようという気さえおきません・・・。要領よくその場をしのいできた口なので、かもしれません。

投稿: さくら | 2008年1月23日 (水) 11時55分

さくらさん

大学受験のときにもっとできていればよかったのですが。英語は、大学のときに一番勉強して、その語は、研究関連で英語を使うだけなので、英語力はないほうかもしれません。実際にTOEICとかは、800点いかないですから。でも将来的な目標としては英語はなんとかしたいと思って、いろいろと本やCDは買うのですが。なかなか続きません。
 息子さんのほうはセンター試験が終わり、いよいよ2次試験ですね。応援しています。

投稿: Mamoru Matsubara | 2008年1月23日 (水) 19時54分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 受験もこれからが本番:

« 朝は雪でした。期末試験と採点 | トップページ | 寒い日続き、株価 »