« 受験もこれからが本番 | トップページ | 悲しい出来事 »

2008年1月23日 (水)

寒い日続き、株価

 寒い日が続きます。東京のほうは雪のようですね。明日からはうちの大学の入試試験も全国各地であるようで、雪が降りやすい地域の会場は大変そうです。
 今日は、午前中に会議があり、午後からは、来期の実習や講義のおおまかな案を練っておりました。本当なら、論文書きもしたいところですが、今のところそれに当てる時間がありません。滞っている実験などもあるのですが。一つ一つやるしかないのです。
 期末試験の成績はつけ終って、事務のほうに提出しました。100人以上の成績をつけるので、間違ってはいけません。エクセルの表や打ち出した紙を一行一行慎重にチェックし、何回も見なければなりません。そのうち誰が何点かも覚えてしまいます。

 世間では株価のほうが下がりっぱなしのようです。さすがに今日は持ち直したようですが、今後もどのようになるか不安です。政府のほうは、この株価低下の責任は自分たちにはないと言っているようです。確かにアメリカを中心としたサブプライムローンの影響がかなりあるようですが、日本政府の経済戦略や国家としての方向性が明確ではないので、その影響も少なからずあると思います。だいたい、国会の福田さんの答弁は書いた原稿を早口で読んでいるだけで、情熱が伝わってきません。一昨日も、私の同級生の古川衆議院議員ががんばって国会で質問していても、のらりくらりの答弁で今ひとつ誠意が伝わらないです。洞爺湖サミットまではおそらくやるでしょうが、何か昔の自民党の総裁に戻った感じです。なんとかならないでしょうか。

|

« 受験もこれからが本番 | トップページ | 悲しい出来事 »

コメント

松原先生 おはようございます。
本当に寒い日が続いていますね。
先週の天気予報では、今週は暖かくなるはずだったのですが、いつの間にか変わっていました。本当に“地球温暖化?”と思いますが、北海道では年々、流氷が遅れ、その厚さも薄くなっているそうですね。

先生、大変ですね。
授業から入試試験から、研究、論文作成まで。ウエイトをどこに置くかですね。手を抜く訳には行かないのでしょうが、先生には研究・論文にウエイトを置いて欲しいです。大学も、“教育機関”だけど“研究機関”である事も考慮して欲しいですね。

ホントに株価はえらい事になっているようですね。全世界同時株安ですね。経済はボーダーレスで、連動していますから、“資金”は“リスクの少ない方へ”“儲けの多い方へ流れる”のはあたりまえですね。
昔は、
「アメリカがくしゃみをしたら日本は風邪を引く」
ねんて言われてましたね。でも不思議なのは“なんであのアメリカがサブプライムローンなんてやったのか”って事ですね。いま、その関連の書籍を取り寄せ中です。
日本はアメリカの一部なんですよね。軍事的にも、経済的にも。独立国家ではないです。福田首相は、サラリーマン首相ですね。元々、政治家には成りたくなかったようです。
古川衆議院議員って、古川 禎久議員のことでしょうか? 彼は建設省出身の議員さんですね。元々、国会の質問って「シナリオ」通りだし、まして、身内の党の議員さんの質問ですから、大概、首相やその政策を褒めて終わりなんでしょうけど。
多分、民主党の古川元久衆議院議員ですね、愛知県出身ですから。古川代議士は元々、大蔵官僚。コロンビア大学に留学されていますね。しかし、例の“偽装牛肉事件”では、1320万円の資金提供を受けていますね。真相はわかりませんけど。
自民党も酷い状態ですが、民主党も他人事ではないですね。小沢さんも、一時は福田さんと組もうとされたりしていましたね。
先生の言われる通り、日本は“戦略なき国家”ですね。流れに身を任せ、思い付きで国家を運営しているって感じです。日本はバブルで痛い目にあったのですから、色んな事を想定して考えておくべきですよね。日本の代議士さんたちは“国益よりも自分(達)の利益”を考えているような気がして仕方がないです。代議士になるのに、色んな所で“協力”を受けていますから、そんな所には頭が上がらないようですね。結局”協力”している人達も“自分の利益の代表”みたいに考えて国会に送り出していますから……。代議士たるもの“志”を持って、後援者を説得する“力量”が欲しいですね。それと“政党政治”はそこに属する代議士さんの意志も封殺してしまいますからね。「党の意見に反対する者は出て行ってもらう」で、無所属になっちゃうと“数の論理”で動いている“国会”で、質問さえできませんからね。小泉さんは目だってましたが、結局やった事は“アメリカの言うとおり”だった(それが“日本の国益にかなう”と考えたのかも知れませんが)ので、それも問題だと思います。
でも、ホント、もっと代議士先生たちには頑張ってもらわなければなりませんよね。

投稿: 阿頼王 | 2008年1月24日 (木) 07時14分

阿頼王さん

研究いて論文がたくさん書けるようにがんばります。私立なので教育のほうもdutyが多いいので、そのきりかえが難しいのですが、それを言い訳にしないでがんばらなくてはいけませんね。

愛知2区の古川君ですが、基本的には昔のタイプの政治家でなくある特定の人の利益のためには動いていないです。本当に政治活動はお金がかかるらしく、ある程度の政治献金がなければやっていけないのが現状です。それにかなっりの人がボランティアで動いています。大蔵省を辞めたのも、そういう典型的な官僚が牛耳る政治をなんとか打開しないといけないと思って、地元に戻って一から出直しています。そのあたりの苦労は知っていますし、多くの2世議員と違って、地盤のないところをこつこつと築いてきたようです。

投稿: Mamoru Matsubara | 2008年1月26日 (土) 01時16分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 寒い日続き、株価:

« 受験もこれからが本番 | トップページ | 悲しい出来事 »