« 悲しい出来事 | トップページ | ハンドボール残念、中国冷凍餃子 »

2008年1月29日 (火)

大阪府知事、マラソン、大相撲など

 今年もはや1ヶ月が経ってしまいました。期末試験が終わり、学生は4月まで春休みということで、大学内は閑散としております。しかし、私立大学はこの時期の休みが長すぎます。学生さんがこの間遊びだけでなく、様々な経験をして何か得るものが多ければいいのですが。
 先週末はいろんなことがありました。大阪府知事選は、案の定、橋下さんが当選し、タレント候補の強さを見せました。本当にまともな政治ができるかは分かりませんが、少なくとも熱意はあるようなので、どんな大阪にしていくのか見ものです。
 大阪マラソンのほうは、福士さんが、30kmまでは独走し、もしやと思ったのですが、最後は、ばててしまい、更に5回の転倒をしてようやくゴールしました。普通なら棄権してもいいくらなのですが、福士さんの意地の走りというか、どうしてもゴールしたいという気持ちが胸をうちました。おそらく北京オリンピックは1万メートルの代表になるかと思いますががんばってほしいです。これで名古屋のマラソンも面白くなりました。Qちゃんは果たしていい走りができるのでしょうか。
 あとは、なんといっても白鵬と朝青龍との千秋楽結びの一番でした。久しぶりに大相撲を生放送で見てしまいました。休んでいた朝青龍に対する白鵬の意地の相撲はすごかったです。あの上手投げは気持ちよかったです。当分この2横綱の時代だとは思いますが、この間に日本人力士も入り込んで、2人の強い横綱を倒していってほしいです。
 
 

|

« 悲しい出来事 | トップページ | ハンドボール残念、中国冷凍餃子 »

コメント

松原先生 おはようございます。

学生時代、特に大学時代の“休み”って、良いですよね。高校までは上の学校へ行くために“休み”も勉強しますが、大学は、後は“就職”するだけですから。人の事は言えませんが……。わたしは一生が“お勉強”だと思っています。

でも、本当は、大学こそ“学問”する場所ですよね。日本の制度は変ですね。こういう制度だから、高校レベルで止まってしまう人が多いでしょうね。アメリカのように、入り易く卒業しにくい制度の方が良いと思います。高校レベルまでは日本の方が圧倒的に上だと思いますが、大学で逆転してしまいますよね。アメリカは大学で鍛える。で、大学レベルで逆転ですね。日本では“中退”って、一応“価値”ありますけど、アメリカでは“脱落者”でしょうね。本当の“学問”って、大学から始まると思うのですが……。

大阪知事選挙、案の定“橋本さん”でしたね。大阪府民は懲りないですね~。まあ、橋本さんは弁護士でもありますから、その手腕は注目ではあります。

マラソンは観ていなかったのですが、福士さん頑張られたようですね。結果は伴わなかったとは言え、すごい根性ですね。

相撲も、白鵬と朝青龍というモンゴル人横綱の争いということで、日本人としては“国技”意識がありますから、もっと日本人力士に頑張って欲しいですね。しかし、朝青龍は“お騒がせキャラ”ですね。「郷に入っては郷に従え」って諺のように、振舞って欲しいですね。土俵は“蛇神の目”なんですよね。そういう“神聖な場所”に立って、競技を奉納しているのだと言う意識を持って欲しいです。外国人には理解出来ないのかも知れませんが、やはり、わたしとしては、日本人力士に(結構これも意識の低下が見られるのが残念ですが)横綱として、“奉納”してもらいたいです。

投稿: 阿頼王 | 2008年1月30日 (水) 05時31分

阿頼王さん

そうですね。一生勉強が続くと思います。ましてや、大学は学問を探求するところで、義務教育でないのですから、本来自分で勉強しないものは、大学にいてはいけないと思います。アメリカの大学はそのあたりしっかりしています。学生の勉強の量は日本とは雲泥の差でしょう。今の日本では、なかなかそのような大学教育ができないのがつらいところです。

投稿: Mamoru Matsubara | 2008年1月30日 (水) 23時14分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大阪府知事、マラソン、大相撲など:

« 悲しい出来事 | トップページ | ハンドボール残念、中国冷凍餃子 »