« 新車のおはらい | トップページ | 桜ももうすぐ、上場、胡蝶蘭、車のドア故障 »

2008年3月23日 (日)

球春到来

  ポカポカ陽気で遊びに行きたいところですが、昨日、今日と仕事モードでした。
 娘のほうは、昨日から学童保育で6年生の卒業旅行に付いていったとのことです。先ほど連絡したら、当初予定していた80kmの歩き旅行は途中で変更になり、名古屋の2つの緑地公園でじっくりと遊んだとのことです。6年生も最後は、みんなで一緒に思い出を作りたかったのでしょう。
 
 甲子園での春の選抜大会も始まり、昨日は中京大中京キャプテンの選手宣誓や、開幕試合では愛知の成章高校が初勝利をあげました。幸先がいいようです。今年で80回目の選抜らしいですが、第1回目は8校が参加して始まったようです。その中の一校は愛知一中(今の旭丘高校)だったようです。
 そのほかパリーグも開幕し、大リーグも日本で開幕するようで、いよいよ球春到来です。今年も我がドラゴンズは日本一になることでしょう。サッカーもストイコビッチ率いるグランパスも見ていて面白そうです。
 自分の気持ちも早く春モードになればいいのですが、もう少しかかりそうです。

|

« 新車のおはらい | トップページ | 桜ももうすぐ、上場、胡蝶蘭、車のドア故障 »

コメント

松原先生 おはようございます。

休日返上でお忙しいようですが、お身体には気をつけて下さいね。

先生は“花粉症”とか無いですか?
わたし、十年程前に急に“花粉症”になってから、毎年ヤラレてます。
花粉症って、鼻水だけでは無いんですよね。人によって症状が違うみたいです。
わたしの場合で言うと、風邪と殆ど同じような感じです。くしゃみ、鼻水は当たり前ですが、炎症を起こすので“微熱”があったりして、身体全体が“ダルイ”ですね。
この時期の“気候”は良いのですけど、どうも、“受験”や“人事異動”の関係か、気分は少年の頃の様に“明るく”ないですね。
“五月病”ってありますけど、わたしの場合は三月から始まりますね。

本当に厳しいのでしょうけど、「実力社会」に憧れますね。今の社会の様に、「年功序列」と「実力主義」と「コネ」の入り混じった“社会”は、わたしには向いていないようです。ある意味「良い所取り社会」ですよね。大学も、先生の大学は解らないですケド、若い発想が柔軟で豊かな時代は、“年寄り教授”のテーマのお手伝い、そうやって、手伝っても、良くて名前を論文の端っこに入れてもらえるだけ、下手すると、手伝っただけになってしまいますね。だから、本当に「自分に自信のある研究者」は海外、特にアメリカへ流出しちゃうんですよね。勿論、アメリカは学会も競争社会、ノーベル賞学者でも、“一生モノ”では無いですよね。一定の期間“業績”を上げなければ、「ノーベル賞学者」と言えども、“ラボ”を明け渡さなければならない。どちらが良いのかは難しい選択ですが、アメリカ型の方が“ダイナミズム”は働きますよね。皆が最高の自己表現、パフォーマンスを出そうと努力する。
日本はそういう意味では、物凄く「保守的」ですね。

みんな国民が、スポーツに熱狂するのは、そこに“実力世界のカタルシス”を感じるからかも知れませんね。スポーツの世界も“ドーピング”とか“裏”はありますが、「結果を出してナンボ」と言う“競争原理”が基本的に働いていますからね。

今の、日本の社会は、上層部が、
「やるべき事をやっていない」
です。一つには、政治家、官僚が「自分達の事しか考えていない」事に原因があり、そのために「支持団体に媚を売って、身の丈に合わない財政出動をかけまくり(一部は“政治献金”という名の、“公私混同したお金”になっている)、法的に出来ないことさえも、法を曲げ、自分達の都合の良いように曲解する。
そりゃ~、国民は“政治離れ”しますよね。でもそれがまた“付け目”で、固定票の取れる○○党なんかと連立を組んで、“確実に代議士を生産”していますよね。
ホントにこの国は、どうなってしまうのでしょうかね? 財政赤字、公証1000兆円、恐らく、実質は国民資産1600兆円に近い数字になっていると思います。国家破綻、債務踏み倒し(手法は色々あります)は目前のような気がします。

投稿: 阿頼王 | 2008年3月24日 (月) 07時34分

阿頼王さん

私もこの2年前くらいから急に花粉症になり、この時期は目がしょぼしょぼしてつらいです。そういう意味でも今ひとつの調子なんですよね。

この時期は、確かに会社にいるかたは人事やらで気をもむ日が続くようですね。日本は、ほんとコネ社会だったり、上とうまくやれる人が得をするようなシステムになっていますよね。アメリカのような完全実力社会もプレシャーは大変だと思いますが、ある意味流動性が出て、特に科学の分野では全体的にレベルの底上げに役立っています。日本は、アメリカ的に進むかどうかはまた議論もあるようですが、少なくとも本当に実力のある人が、しっかりと活躍できる場はなくてはならないかと思います。

投稿: Mamoru Matsubara | 2008年3月25日 (火) 01時23分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 球春到来:

« 新車のおはらい | トップページ | 桜ももうすぐ、上場、胡蝶蘭、車のドア故障 »