« 車のドア直る。キャリア指導。基礎をしっかりと。 | トップページ | 娘のプチ同窓会 »

2008年3月29日 (土)

JRのEX-IC始まる。夜桜

  今日も午前中、学生さんのキャリアアップ指導がありました。その学生さんは、春休みの間、社会保険庁でバイトしているということで平日は大変忙しく、本日の土曜日も昼から最後の追い込みのようです。年金郵便の件で、現場は本当に大変なようです。

 午前中に指導をした後、少し仕事をして、名古屋に戻りました。
 今日からJRでは、新幹線のエクスプレス予約は、一旦チケットを販売機で変えなくてもよく、EX-ICカードを改札で当てると自動でチケットが出てくるというシステムに変わっていました。とても便利です。
 私の場合、在来線の最寄り駅で、ICOCAカードで入り、電車の中で携帯から新幹線の指定席を予約します。京都駅に着いて、新幹線の改札を通るときに、ICOCAとEX-ICカードの2枚をタッチすることで、自動的に新幹線のチケットが出てきます。そのチケットを新幹線の車内で車掌さんにチェックしてもらい、名古屋で出る時は、EX-ICカードを改札にタッチすればいいわけです。いちいち駅の改札に入る前に、切符の受け取りをする必要がなくなったので、時間的にも短縮できます。値段も通常の人が買うよりも1000円くらい安いので、行き来する回数の多い身としては助かります。JRもいろいろと良い企画を考えているようですね。
 
 世の中、春休みや移動の季節なのか、京都駅、名古屋駅とも人の嵐でした。ここ2週間くらいはこんな感じになるのでしょう。

 夜は、家の近くの山崎川という名古屋では桜の名所に、ライトアップされた桜を見に行きました。まだ、5,6分咲きでしたが、きれいでした。少し肌寒かったので人も思ったよりはいなくじっくりと見るのには好都合でした。来週の週末はかなりごった返すでしょう。 

|

« 車のドア直る。キャリア指導。基礎をしっかりと。 | トップページ | 娘のプチ同窓会 »

コメント

松原先生へ
年度替りにも関わらず、お忙しい毎日を送られていらっしゃるようですね。
車のドアのトラブルも軽く済んで良かったですね。
学生さんの就職指導は難しいですね。実際、入社してみないと、その会社の“社風”って解らないですから、自分に合っているか、いないかまで解りませんものね。本当は、自分の一生の事ですから、自分の眼で観て、自分の身体を使って、就職しようと思っている企業の情報を真剣に収集するべきですね。まだまだ、日本では“キャリア・アップ”は難しいですからね。
ただ、これからは、生命科学はその重要度は益々大きくなる事は間違いないでしょうね。そういう意味ではバイオ関係の人材は企業として“買い”だと思います。
数年内に起こると言われている“パンデミック・フルー”にも、若い力が新しい発想で、今まで最短半年かかっていたワクチンの製造を、短縮する技術開発してくれる事も期待したいです。

ところで、“桜”良いですね~。わたしも色んな想い出がある花です。(昔の?)日本人気質を表現しているような花ですね。昔“桜”を題材にした短編小説を書いて、新聞に応募して、小説では初めて佳作に入ったこともあって、想いの有る“花”です。昼間の桜より断然、夜桜ですよね。大地と樹木、そして咲き誇った途端に散り始める花。夜、ライトアップされた桜を観ると、なんか“神秘性”さえ感じます。樹の霊がいるような……そんな感覚を覚えてしまいます。

まだまだ、少し寒い(花冷え?)ですが、ますます先生のご活躍を期待しております。
でも、あまり無理しないで下さいね。

投稿: 阿頼王 | 2008年3月30日 (日) 07時35分

阿頼王さん

短編小説で佳作とられたとはすごいですね。阿頼王さんは、そういう素質絶対にありますよね。是非、いろいろとトライして、いろんな賞をとってくださいね。
 桜は、この季節日本人の心に癒しを与えますよね。そういう意味では、日本の花といえますよね。

投稿: Mamoru Matsubara | 2008年3月30日 (日) 23時00分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JRのEX-IC始まる。夜桜:

« 車のドア直る。キャリア指導。基礎をしっかりと。 | トップページ | 娘のプチ同窓会 »