« 週末は車検 | トップページ | スペースシャトル、宇宙実験室 »

2008年3月 9日 (日)

新名神を通る。Qちゃん失速

 車検があるといということで、金曜日の夜に車で久しぶりに名古屋に帰りました。いつもは名神ですが、今回は2月に開通した新名神を通りました。草津田上JCTから亀山JCTまでつながっており、途中は信楽などを通るルートです。今までの名神の彦根や米原を通るルートより幾分近いルートで、実際に走ってみても30分くらい速かったです。特にトンネルが大きく建設されており、またトンネル内も明るいので快適に走れました。値段も以前のルートより安かったので、これからはこのルートを使うことにします。
 こんなにいい道路を造るのにはお金がたくさんかかるわけですが、これも道路特定財源から何千億も使われたのかと思うと少し複雑です。もちろん使う人間にとっては便利ではありますが、途中の市町村にとって果たしてどれだけメリットがあるのかは分かりません。実際にこれらの市町村では、身近な道路の建設のほうが住民のためになるのでしょう。

 今日は、名古屋女子マラソンがあったので、昼間は、交通規制で車で動けないので、車検の車は夕方レースが終わってからとりに行きました。マラソンのほうは、Qちゃんがまさかの失速で、新生の中村さんが優勝しました。実際に明日の選考委員で選ばれるかは分かりませんが、若い伸び盛りの人を代表メンバーに入れておくという選択も一つだと思います。それにしてもQちゃんは最近のレースではいつも試合前に何かトラブルがあり、しっかりと練習できていないようです。やはり小出監督との相性が最もよかったのでしょうか。自分でがんばりすぎてしまうのかもしれないですね。シドニーの栄光が少し消えつつあるので残念です。ただ、今日は最後まで完走したのはすごいと思います。

 
 

|

« 週末は車検 | トップページ | スペースシャトル、宇宙実験室 »

コメント

松原先生 おはようございます。

“道路の問題”は難しいですね。
「住民不在」の議論である事は確かだと思います。
道路は利権の巣窟ですからね。
政治家、官僚、首長は作りたがりますよ。
確かに“必要な道路”は有ると思います。その見極めが難しいですね。やはり最後は「経済的に成立するか否か」でしょうね。一旦作ると、それで終わりでは無いです。維持管理して、耐用年数が来たら、引き直しです。ものすごいコストがかかります。

これと同じような論議がされているのが、“下水”です。
例えば、本管から離れた一軒家があって、そこを下水本管に繋ぐために100メートルの枝管を引かなければならないとして、1メートル引くのに百万円掛かるとして、1億円。さて、一軒のために税金を1億円使いますか? しかも維持費、やり替えは必然的に出てきます。一軒の下水使用料は多くても年間20万円も行くでしょうか? さて、それでも下水管に繋ぎますか? 法的には繋がなければならないかも知れませんが、浄化槽で十分だと思います。

道路も、立派な道路を、少数の人間のために1メートル一千万円使って作るよりは、人口に応じた道路を作るのが合理的だと思います。「緊急用に道が必要」と言うなら、幹線道路まで続く、それなりの道を作れば良いと思います。そして、幹線道路だけはきっちりと作り、維持してやり替えれば良いと思います。

その整理が出来ていないですよね。

Qちゃんは残念でしたね~。
応援していたのに、本当に残念です。

投稿: 阿頼王 | 2008年3月10日 (月) 06時50分

阿頼王さん

ほんと道路の問題は難しいですね。確かに、地方の道路は、その人たちのためにはかなり意義がありますが、採算性を考えると作れなくなってしまいますよね。そういう意味では、道路を作るための基準と言うものがきっちりと議論されなければならないのでしょうね。これまでは、利権でできたものが多いでしょうから。

投稿: Mamoru Matsubara | 2008年3月10日 (月) 21時30分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新名神を通る。Qちゃん失速:

« 週末は車検 | トップページ | スペースシャトル、宇宙実験室 »