« オープンキャンパスなど | トップページ | 花男。シークエンサー »

2008年6月25日 (水)

想定外。食事会

   相変わらずの毎日です。今日は、実習日ではないですが、実験の関係上、大腸菌の前培養をしてもらいました。明日はプラスミドの精製です。
 今週はPCR実験も行ってもらい、26班中24班はうまくいきました。残りの2班も2回目はOKでした。どうも試薬の入れ忘れがあったようです。確かにtemplate DNAやprimerが2種類、酵素など7種類の試薬をいれないといけないのでどれか抜けても不思議ではありません。思ったよりはすんなりといったので良かったです。ただ、昨日、そのPCRサンプルをなぜか捨ててしまったっり精製段階で試薬の入れ間違いをしたりと、明日またPCRやり直しの班もいたりして、すんなりはいってくれません。やはり想定外のことがいろいろと起こるのも実習なので仕方がないでしょう。
 
 この春学期は実習が中心だったので、1回生の担当の学生さんとの時間があまり持てなかったこともあり、今日は、8人のゼミの学生さんと近くのイタ飯屋で食事会を行いました。4月の当初は特に男の子がおとなしかったですが、今日は思ったよりみんないい感じでしゃべっておりました。お互いあだ名もついていたりと和気藹々でよかったです。イタ飯もおいしかったですし。つかの間の休息でした。
終わってから最寄の駅に学生さんを送って20時頃また大学に戻り一仕事を。通常なら帰るところなのですが、そうでない現状が悲しいです。

|

« オープンキャンパスなど | トップページ | 花男。シークエンサー »

コメント

松原先生 おはようございます。
かなり限界状態のご様子ですね。
単身赴任状態ですし、食事面とか、体調管理の方が気になります。
心身を崩したら、元も子も無いですから。
大学側も考えてくれないのでしょうかね~。
わたしが体調を崩した(現在進行形ですけど)原因は、“仕事の成果”(すごい時は、“徹夜”で仕事を完成させたりしました)と“仕事の評価”のギャップがその一つなんですが、せめて、その辺りは考えてくれているのでしょうか?

食事会は少し、気分転換にもなったようで、良かったですね。でも、学生さんたちを駅まで送って、それからまた仕事と言うのは……。

本当に、あまり無理はしないように(と言っても「無理しないで下さい」と言うのが無理のご様子ですが……)して下さい。
(余計なお世話ですが)無理(無理すれば出来るとしても)な時は、
「無理」
と、はっきり言った方が良いと思います。
(能力的に可能でも、物理的に不可能な時は、“助手”を入れてもらうとか、大学側に考えて貰えないのでしょうか)
確かに、それが「言える職場」なのか「言えない職場」なのかは大きいですけど。

これもわたしの場合ですが、「無理」と言うのが嫌いだったので(今でも、多分)、他の人が「無理」と言う仕事も受けて(受けさせられて)いたのですが、その一方で、実際、能力的に(ここは“自負心”ですね)も「出来る」自信があったので、“やっちゃった”のですが、それを、結局は、上は、評価するどころか、(自分が頼んで、やらせるだけやらせておいて)“疎ましく”感じたようで、
「出る杭は打てと言うだろ」
と(実際、そう言ってたと言う“噂”がわたしの耳にも聞こえてきました)“感謝”するどころか、反対に思いっきり“冷遇”されてしまいました(^^;)
別に、「感謝してくれ」なんて一言も言っておりませんが、この“矛盾状況”で、どうも“壊れた”ようです。
まあ、ここは“愚痴”です。

しかし生命科学の世界はすごいですね。
1987年に発表された、ノーベル賞受賞のテクニックを、大学三年生でやっちゃうんですものね。
わたしの専攻していた「電気」や、物理学の世界とは大違いですね。電気や物理では、一世代どころか二~三世代昔の“科学”を学習していましたから。まあ“量子力学”はありましたけど、相対性理論は入っていませんでしたね。古典力学の世界でした。今は違ってるのかもしれませんけど……。GPSなんか相対性理論使ってますから、今なら、相対性理論を入れた“実験”もやっているのかもです。それでも、「特殊相対論」で、1905年。「一般相対論」で、1916年ですからね~。

本当に、手伝わせて頂けるものなら、手伝わせて頂きたいくらいですが、なんせ先生の“分野”に関しては“ど素人”なので、“猫の手”(以下)くらいにしかならないですね。

投稿: 阿頼王 | 2008年6月26日 (木) 05時47分

阿頼王さん

毎回、励ましていただき有難うございます。
阿頼王さんの場合も、おそらくできる人なので、言われた仕事もやれてしまうんですよね。逆にそのことに感謝せずにのほほんとしている会社の人は、どうなんでしょう。結局そういう人は能力がないんですよね。

確かにPCRは、学部生でもできてしまうんですからすごいですよね。そういう意味で、学生さんには、この分野の発展は目覚しいものがあるるというのを自覚して欲しいです。

投稿: Mamoru Matsubara | 2008年6月26日 (木) 23時28分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 想定外。食事会:

« オープンキャンパスなど | トップページ | 花男。シークエンサー »