« 連休は京都散策 | トップページ | 秋学期はじまる。少し疲れが »

2008年9月16日 (火)

リーマンやら事故米やら

 この2日は歩き疲れましたが、今のところ筋肉痛はないようです。明日以降でるとまずいですが。

 昨日のリーマンブラザーズの経営破綻の影響で世界同時株安になっています。約60兆の負債ということで、2,3年前は全くそのような気配がなかった大企業があっけなく潰れてしまう世の中はほんと恐ろしいです。逆に言えば、健全な会社運営をしていないということでしょうか。サブプライムローンというものは、日本のバブルのことを考えればあり得ないお金の貸し方だと思うのです。こういうことが行われて、挙句の果てにはこのような顛末ということなのでしょう。こういう金融の世界は本当に分からない世界です。それでもお金が余ってしようがない投資家もいることを思うと更に嫌な気分です。

 日本では、相変わらず事故米の問題があり、今日は流通した370社の企業リストも出ていました。和菓子やさんや酒造家さんも多くほんとうにいい迷惑でしょう。名古屋では熱田神宮で売っている「きよめ餅」なんかも被害を受けていました。
 そういえばこの間先輩家族と行った店でも焼酎の薩摩宝山などが飲めなかったり、その影響で全体的に切らしている銘柄が多く、注文したものがことごとくありません状態でした。食の問題もこんなにいろんなことがあると何にも信用できなくなります。
 一方で農水省の対応も今ひとつですし。いったい日本政府のリスク管理はどうなっているのか。

 大学は、秋学期の履修登録がはじまり学生で賑ってきました。3回生は、来年の春に向けての就職活動も控えていて、エントリーシートの書き方なども含めて指導しなければならないようです。自分でもやったことがないことを果たして指導できるのか。このあたり企業の方知っていましたら教えてくださいと言いたいです。

|

« 連休は京都散策 | トップページ | 秋学期はじまる。少し疲れが »

コメント

松原先生 おはようございます。
筋肉痛、加齢とともに遅れて出てきますよね。若い頃は、当日か次の日だったのが、いまや2~3日後に……。あれって、やっぱり代謝速度の関係なんでしょうか?

リーマン・ブラザーズの破綻、驚きですね。リーマン・ブラザーズの負債総額は64兆円余りに達し、これまでアメリカ史上最大の経営破たんといわれたワールドコムの負債総額を10倍以上上回る規模ということです。ただ、このうちサブプライム関連の負債は、あまり明確ではないですが、770億円~8300億円と、決して少ない額では無いですが、これが直接の破綻原因とは言えないようです。むしろ、オークション証券の買戻し、GSEの優先株の損失、ヘッジファンドの損失、商業不動産の損失などの複数の影響が大きいようです。そして、特に、ヘッジファンドの影響は大きいようですね。そかし、レバレッジを使っていたのでしょうけど、64兆円の負債って、どんな経営をしていたのでしょうか?

それと、株価の下落ですね。リーマンの株価はこの5月頃から下落してきており(実際は3月頃からじりじりと下落)、
リーマンは株価のピーク時には9億5600万ドルもの価値がありました。そして株価が急落した今、それらの価値はわずか4000万ドル。差し引き9億1600万ドル(約1000億円)が失われたことになります(ストックオプションを入れると、100億ドル・約1兆円規模に達すると言われています)。

この経営状態の悪化に追い打ちをかけたのは、かの悪名高い(?)『格付会社』ですね。経営が苦境の折りに、格付けを下げられる(投資家が売りに回る)訳ですから、ますます経営は逼迫するのは当然ですね。

ただ、「マネーゲームの世界は恐ろしい」と思います。確かに、上手く行けば、実態経済で“汗水流して“得るお金なんて、馬鹿馬鹿しくてやってられない位の“身入り”がありますが、一歩間違うと、今回のようなケースに陥る訳です。

実態経済の規模、つまり実需のためのマネーである世界の貿易額は14兆6000億ドル(1606兆円)、そして対外直接投資は1兆1201億ドル(123兆2110億円)に対して、マネーゲームの規模は、770兆4000億ドル(8京7440兆円)、これは1営業日あたり3兆2100億ドルという途方もない資金が取引になります。そして、当然、儲けもこちらの方が遙かに大きい(その代り、リスクも同様に大きく、損失時の影響も同様に大きい)。

マネーゲームは“博打”ですね。ですから、今回のリーマンの破綻でも、ものすごいマネーを掴んだ人が居ると思っています。

日本の“食”の問題は、だんだん酷くなって来ていますね。ところで、今回のコメ問題ですけど、なんで業者ばかりを追求するんですかね~(いつもの事ですけど)。元をただせば、国が“工業用中国米”を輸入したからですよね。確かに「使用は工業用に限る」(だから破格値で売却)って、言ってるから、一応、『責任』は逃れれるような気はしますけど、そりゃ~、商売人、今の不景気な日本で、経営状況が悪いとなると、“非合法”な手段も使おうとしますよね。だから、国も、「工業用に限る」のなら、最初から工業用の“糊”とかに加工した状態のモノを輸入すれば良い訳で、国の責任も追及するべきだと思います。国は、国内では『減反政策』+農家への『補助金ばら撒き』でやって、米の生産を減らしておきながら、なんで中国から米を輸入する必要があるんでしょうか。しかも、ギョウザ問題で、騒がれた“アルミドホス”や“メタミドホス”と言う、日本では使用を禁止されている“農薬”を平気でバンバン使っている国からのコメです。なんかそこに“政治的”(本来の意味では無いですけど)なモノを感じるのはわたしだけでしょうか?

学生さんの就職のお世話、大変ですよね。今の時代、特に大変だと思います。わたしの頃は、以前にも書いたと思いますけど、理科系学部の学生の就職は、教授の斡旋で、担当教授が、
「君は、○○に行け!」
って感じで、決まってました^^;
その他、個人的に企業にリクルートに行く人も少数ですが居ましたし、公務員は当然、自分で申し込んで、試験を受けていました。
わたしの時は、ちょっと“不景気”だったので、大企業の受け入れ人数が少なく、ラスパイレス指数の高めの“地方公務員”に人気がありましたね。でも、今は難しいですね。景気は悪いし、公務員も人員を減らそうとしています。しかも政府や役人は“混乱状態”ですね。エントリーシート、わたしも書いたことがないので、どんなものかも解りません。どうもお役に立てなくて申し訳ありません。

投稿: 阿頼王 | 2008年9月18日 (木) 08時42分

阿頼王さん

マネーゲームの規模ってすごいんですね。リーマンのように破綻する一方で、確実に儲けている人もいて、更にそれが我々が想像できない額だと思うと、なんとも言えないです。逆にそういう世界でマネーゲームという博打ばかり討っていたら、身も心も疲れてしまいそうです。
阿頼王さんが言うように中国からの米の輸入はほんと理解できませんね。ほんと、そこには政治的なものがあるのかとかんぐってしまいますよね。

投稿: Mamoru Matsubara | 2008年9月18日 (木) 21時01分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リーマンやら事故米やら:

« 連休は京都散策 | トップページ | 秋学期はじまる。少し疲れが »