« リーマンやら事故米やら | トップページ | 光るタンパク質。王監督お疲れ様 »

2008年9月21日 (日)

秋学期はじまる。少し疲れが

  19日から秋学期が始まりました。秋学期の私の担当は、細胞生物学(2回生)とバイオインフォマティクス(3回生)、更に基礎バイオサイエンス実験(2回生の4回分)があります。バイオインフォマティクスは今年からなので準備をしなければなりませんが、基本的にはパソコン教室での実習講義なのでなんとかなるでしょう。いずれにしても早めに準備していかなければなりません。明日は、細胞生物学の1回目があります。
 週末は名古屋にいましたが、肩こりが激しくほとんど家にいました。嫁さんのほうも完全に体調不良でダウンしていたので、お互いいろんな疲れがこの時期に一挙に出たという感じです。この9月、10月もいろんな行事があるのでそのあたりはセーブしながらやらなければ。

 この週末も、食の問題やら子供が殺人に巻き込まれたりいろんなことがありました。嫌な社会です。政治も自民党の総裁選が明日ありますが、麻生さんで決まっているわけで、いろんな問題がある中でよくもまあ長い期間無駄な選挙運動をしていたことか。国民の多くはしらけモードだと思うのですが。本人たちは、国民に対してどういう気持ちで運動しているのでしょう。いずれにしても次の選挙では、国民もしっかりと政治家を見て判断しなければなりません。

 休み中大学で予期せぬ停電があったとか。装置などに影響が出ていなければいいのですが。明日大学に行ったらすぐにチェックしなければ。

|

« リーマンやら事故米やら | トップページ | 光るタンパク質。王監督お疲れ様 »

コメント

松原先生 おはようございます。
相変わらず御忙しい日々を送っておられるようですね。

またお仕事が増えたのですね!

バイオインフォマティクスって、膨大な生物学的情報を、情報処理して理解・解釈する学問なんですね。『日本バイオインフォマティクス学会』なんて学会まであるんですね。
多量解析に適したPerl(パールPractical Extraction and Report Language)って言語があるんですね。これってしかもフリーソフトなんですね。Windows環境でもUNIX環境でも動くようですね。一応、基本的な生物学的データー加工が出来るライブラリも有るようですけど、特定の目的に特化して使おうと思ったら、少々、プログラミングをいじらなければなりませんね。バールは比較的触り易い言語のようですけど、でも、また“お勉強”しなくてはなりませんね。まあ、またそれも“楽しい”ですけどね。

裏ワザ的に、先生が、基本課題を与えて、学生さんをチーム分けして、解析プログラムを作ってもらって、どの班が一番上手く動くか&現実に合っているかを“競争”して貰うのも良いかと思いますけど、でも、学生さん、色々と質問しに来るでしょうね。それに最終判定は先生がしなくてはなりませんけど……。

「それを自分たちで考えてやるのがこの実習の目的だ」

なんて方法も有りますけどね。そうやって、学生さんと共に研鑽して行く方法も有りだと思います。今の時代、パソコン得意な学生さん、1班に一人位は居ると思いますよ。

先生も、奥様も“体調不良”でダウンだったのですね。今年の“気候”は普通じゃないですからね。ウチも、家内もわたしも“体調不良”です。家内は、最近良く一人ででも“温泉&マッサージ”に行ってますよ。わたしはどちらかと言えば“ヒッキー”気味ですけどね。

政治に期待する気持を、多くの日本人は忘れさせられていますよね。その陰で、政治家は官僚と政財界と組んで、好きに“税金”を使った上に、まださらに“膨大な財政負債”を築き上げてしまっています。
『腐ってもタイ』って言いますけど、やっぱり腐ったら幾らタイと雖も食べれません。この際一度、腐りやすそうですけど、政権を違う政党に担当して貰った方が良いと思います。そうすれば、今までの“不正・腐敗”が一部でも国民の眼に触れる機会が出来る可能性もあります。民主主義で、こんな封建時代的な世襲制の議員制度とってる国って、有るのですかね。まあ、多少は世襲議員さんも居るでしょうけど、日本の場合は“極端”ですよね。こんな状況で、民主主義なんて到底不可能だと思います。麻生さんは御先祖さんがかの“大久保利通”御祖父さんが“吉田茂”と言う、筋金入りの政治家家系。こんなんで“民主主義”なんて良く言えますよね。

まあ、政治家は今や、国家の寄生虫だと思って居ます。しかも性質の悪い事に、こいつに噛まれると、そいつも寄生虫になってしまいます。今、本当に、この国の今と将来のために汗水流して頑張って居る人は、その頑張りに報いられること無く、終わっちゃうのかも知れませんね。でも、もしも、この国が『持ち堪える』事が出来るとしたら、そんな“地道な努力”をした人々のお陰です。

政治家たるもの『今の自分さえ良ければそれで良い』なんてエゴ丸出しの発想は止めて欲しいです。子々孫々に伝えて行かなければならないこの国の将来を少しでも良い方向に向けて行くのが政治家たるものの義務ではないでしょうか。そんな事も解らなくなってしまっている議員さんたち(殆ど全ての議員さんたち)には即刻辞めて欲しいです。

投稿: 阿頼王 | 2008年9月22日 (月) 07時08分

阿頼王さん

今回のバイオインフォマティクスの講義ではPerlなどのプログラミングやUNIXなどの使い方はやらず基本的にWebツールを中心にやる予定です。かなりの初歩のところです。

自民党の首相もこれで4期連続で親が政治家の家系ですよね。結局こういうのが庶民ばなれということです。こういう首相らでは本当の国民の痛みは分からないでしょうね。とにかく今回の麻生さんに期待するものは何もないです。

投稿: Mamoru Matsubara | 2008年9月22日 (月) 22時43分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋学期はじまる。少し疲れが:

« リーマンやら事故米やら | トップページ | 光るタンパク質。王監督お疲れ様 »