« 名古屋まつり。研究室くじ引き | トップページ | 寝冷え。蒟蒻畑 »

2008年10月17日 (金)

実験慣れ。バナナを久しぶりにゲット

 朝晩少し寒くなったので、毛布と掛け布団がかかせなくなりました。これからもっと寒くなると今度は朝起きるのがつらくなります。

 昨日は、2回生の基礎バイオサイエンス実験がありました。秋学期に入ってはじめての実習です。春学期に3回生の専門実験を34回もやったので、今回の4回の基礎バイオサイエンス実験は、気分的にも楽です。昨日も、簡単なDNAの抽出実験だったので時間通りでした。昨年、バタバタしてやっていたことを思うとだいぶ慣れてしまったようです。

 今日は、講義のない日なので、朝から来週の講義準備、午後からはようやく科研費の申請書を書き始めました。とはいっても研究内容のところではなく論文リストなど書きやすいところから。週末、じっくり考えてどのような内容にするかを決めなければ。ここ2,3日苦しみそうです。
 いつもより少し早めに帰り、久しぶりにコンビにではなくスーパーマーケットへ。いろいろと買出ししていました。バナナダイエットの影響でここ1ヶ月くらい見なかったバナナが売っていたので、早速買いました。ダイエットとか関係なく普通に食べたいときに食べるものだったので、ここ最近買えなかったの少し怒っていたのですが。以前の納豆のときもそうでしたが、ほんとマスコミなどで騒ぎ出すと皆さん同じ行動してしまいます。こういう現象はかなり問題だと思います。朝バナナした人が皆さんダイエットに成功すると本当に思っているのでしょうか。

|

« 名古屋まつり。研究室くじ引き | トップページ | 寝冷え。蒟蒻畑 »

コメント

松原先生 おはようございます。
本当に、今年は“変な気候”ですね~
1日置きに“夏”と“晩秋”が入れ替わったりと、本当に、身体が付いて行けませんね。
でもまた“暖房”が恋しくなる季節になってきましたね。

3回生の春学期、34回も実験指導されたのですね。週2回ペースですね。スゴイですね。学生さんも大変だったでしょうね。そう言えば、大学って、確か『前期・後期』制でしたよね。高校までは3学期制ですけど、大学は2学期制度でしたね。

『科研費の申請書』って、どこの研究者の方も悩んでおられますね。でも、これで“研究費”を出して貰えるかどうか決まるんですね。ある意味、研究者としては“正念場”ですね。しかし、今、大学の先生って「やる事が多すぎ」ですね。わたしの時代、ウチの教授は、講義(週一位だったと思います)と、たまに研究室の学生の指導をするだけでした。それも、ちょっとしたアドバイスだけで、後は、研究室配属の助手の先生と、大学院生に任せていて、殆ど顔を見なかったですね(でも、この助手先生も、大学院生も、“非線形波動”は解らないようでした^^;)。今の先生に比べれば“天国”のような生活をしていたと思いますよ。

バナナダイエット、凄く流行っていたんですね。そう言えば、

「み○もんたの番組で取り上げられると、急にその商品が店頭から消える」

とか。そんな事に踊らされる“視聴者=消費者”も視聴者ですけど、プロデューサーもプロデューサーですよね。あの“番組”の言う通りやってたら、一日にどれ位のモノを食べなければならないか!! それこそ『健康になろうとして、健康を失う』結果になってしまいますよね。

と、言いつつ、ウチの婆さんは、あれ信じてますからね、確かに、毎回“医師”や“専門家”を呼んで、理屈を並べるので、一般大衆は信じ易いですね。でも、本当に、番組の度に『食べなければならない食品』がどんどん増えて行く訳で、

「そんな訳ないだろ」

って、思いますけど、群衆心理って面白いですね。しかも、ウチの婆さんもそうですけど、次から次に『食べれば身体に良い』ものが変わって行きます。「あれっ、この間まで良いって言ってたのはどうしたの」って聞くと「もう、あれは忘れた」ですからね。本当に揃いもそろって『良いカモ』です。

そうそう、株価ですけど、過去、歴代二位の乱高下が続きましたね。あれは、読めた人は少なかったと思います。確実な情報は無いですけど、あれで、『金持ちはますますお金を儲け』、『一般投資家は大損をした』と思いますよ。これも確証はないですけど、あれは『仕組まれた株価操作』の疑いが濃いですね。多分、“超リッチ層”のターゲットになった『国』か『企業(群)』があったと思います。まず『インサイダー』でしょうね。証拠が無ければ、或いは“もみ消せる”のであれば、インサイダーに引っかかって来ませんから。

今回の株価操作で、どこかの企業の“株”が安値で買い取られた(つまりは『実質経営権』をのっとられた)と予想されます。“細かい売買情報”があれば、分析してみれば解ることですけど、それは中々出てこないでしょうね。

しかし、迷惑を蒙るのは、景気に左右される就職希望者。それに、一般の『株式投資家』。ただ、一般の投資家は「リスク覚悟」で投資しているのですから、まだ“自己責任”ですけど、ファンドや場合によっては公的機関が資金運用の一部に株式を取り入れている場合ですね。出資者は、将来の『保証』のために“出資”している訳ですけど、下手すれば「出資金より少ない額」しか貰えない、或いは下手したら、“投資機関”自体が“破産”=「出資者は殆ど出資金が帰って来ない」可能性もありますね。彼らの“老後”はどうなる事やら、ですけど、これって

「明日は我が身」

ですからね。

投稿: 阿頼王 | 2008年10月18日 (土) 07時09分

阿頼王さん

阿頼王さんのお婆さんも信じてしまったりしているんですね。確かに、次から次へこれがいいというものが出てくるのでキリがないのですが。
 この間の株価の上げ下げも仕組まれた株価操作ということで、株価が低くなったところで大企業の株を大量に安く買って経営権をとるというのもなるほどと思います。一般の投資家とか、退職金などを株にあててしまった人なんかはこの株価の低下はやりきれないですよね。これだとまだ銀行に預けていたほうがいいのですかね。

投稿: Mamoru Matsubara | 2008年10月18日 (土) 21時31分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 実験慣れ。バナナを久しぶりにゲット:

» 振動ダイエット [振動ダイエット]
振動ダイエットがお昼の番組で紹介されてから、人気急上昇。最近では温泉などにもおいてあるところがあるぐらいです。振動ダイエットマシーンがどれほど効果があるのか。 [続きを読む]

受信: 2008年10月18日 (土) 00時28分

« 名古屋まつり。研究室くじ引き | トップページ | 寝冷え。蒟蒻畑 »