« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月27日 (木)

夜は雨が・・。インドでのテロ

 夕方から雨が降ってしまい、今日の夜のウォーキングは止めました。さすがに大雨の中まで歩く元気はありませんでした。そのかわり家のなかで体を少し動かしました。

 大学では、1時限目の講義は、大阪のほうで企業の合同説明会があり、多くの学生さんが行っていたわりには、出席率は良かったです。事前に連絡のあった数人の欠席だけでした。昼からの植物研究室の実習では、実習最後の発表会があったようですが、そこでは半分ぐらいの出席だったようです。全体的には企業説明会のほうを優先した学生さんが多かったようです。本来ならば実習が優先されるべきだとは思うのですが。少し硬い考え方かもしれませんが。

 インドではイスラム過激派によるテロで外国人を含む多くの人が亡くなったようです。出張でムンバイを訪れていた日本人の方も一人犠牲になったようです。最近のインドの急速な経済成長に対して善しと思わない、そしてこういう成長が外国の資本によって成り立っているということで外国人をターゲットにしたとも伝えられています。宗教対立や資本主義に対しての考えの相違など、思想の違いからこのような過激な行動に出る組織は世界に多くいるわけで、今後も急成長を遂げている国などでこのようなテロがあると、経済成長のあしかせになってしまうかもしれません。逆にこういう組織はそれを狙っているのでしょうが。
 宗教対立の問題もかなり根深さそうです。インドやその周辺国では、イスラムやヒンズー教やら様々な宗教が入り混じっているわけで、国の主権を握った宗教に対しては特に敵対的にもなるのでしょう。歴史的にもその繰り返しで国が滅亡、繁栄してきたのですから。そのあたりの感覚は我々日本人には理解しづらいところなのかもしれません。
 
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月26日 (水)

ウォーキングはじめる

 2,3日前に書いたように、昨日から、ウォーキングをはじめました。街中ではないので、夜はかなり暗く、あまり人通りがないので少し心細いのですが。できるだけ電燈のある道を開拓しようかと思っています。
 歩く時間は約1時間くらいで、昨日も今日もかなりの汗をかきました。歩いている時間はやはりもったいないので、iPodで英語の勉強を同時にしておりました。今日はNatureのpodcastを聞いておりましたが、英語に限らず適当に音楽も聞いてリラックスしながら歩くつもりです。
ということで、いつまで続くか分かりませんが、12月半ば以降は出張やら飲み会やらでダイエットの大敵が待っているので、それまではがんばらなければ。

 3回生の学生さんも就職活動が本格的になってきたようで、先週の土曜日あたりから合同説明会が始まっているようです。今日、明日もあるようです。明日の会社説明会に行くので、明日の講義を欠席するという連絡が数人の学生さんからありました。今後、このようなことがかなり増えてきそうです。他の大学の先生が、就職活動がはじまるとなかなか落ち着いて教育や研究できないよと言っておりましたが、まさに今後その先生が言っていた状況になるのでしょう。難しいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月24日 (月)

ピカソ展。ウォーキングをはじめねば?

 この連休は名古屋に戻りゆったりしておりました。京都はおそらく紅葉シーズンで混んでいたことでしょう。京都の単身赴任先のマンション近くにトロッコ列車の駅があるのですが、この時期は予約で一杯のようです。
 昨日は、名古屋市立美術館に、「ピカソとクレーの生きた時代展」というのを見に行きました。ドイツのノルトライン=ヴェストファーレン州立美術館が現在改築中ということで、所蔵しているピカソやクレーの時代の絵画を貸し出しできたということで実現したようです。久しぶりのピカソですが、なかなか難しいですね。娘も最初はどういう絵なのか理解できなかったようですが。芸術の奥深さを分かってもらえればいいと思います。
 夜は、娘の好きな近くにあるバイキング形式のイタ飯屋へ。私自身はあまり最近量は食べれないのですが、こういう店に行くとついつい食べてしまいます。ただでさえ、この1ヶ月くらいで体重増加傾向なのでまずいです。この秋から冬にかけていよいよダイエットのためにウォーキングをしなければ。目標はとりあえず今年中に5~8kg減でしょうか。食事も少し考えなければなりません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月20日 (木)

バイオインフォマtティクスの講義。来月は学会。

   今日の朝は、今秋一番の寒さでした。天気予報では、雪が降る可能性もあるということで心配しましたが、そこまではいかなかったのでよかったです。特に今日は1時間目に講義があったので、少し早く起きて余裕を持って行動していましたが取り越し苦労で終わりました。
 木曜日の1時間目はバイオインフォマティクスの講義ですが、ここ2,3回はタンパク質の構造と機能に関することをやっておりました。PDB(Protein Data Bank)からデータをダウンロードして、フリーの立体構造表示ソフトであるPyMolというもので立体構造を表示させたりしておりました。PyMolはフリーソフトですが、タンパク質の構造を非常にきれいいにグラフィック表示できるので便利です。学生さんのほうも私が与えた課題では、それぞれ工夫を凝らした構造を表示させていました。また、それ以外にも機能モチーフの検索や、細胞内局在部位の予測、膜タンパク質かどうかの予測なども行いましたので、これらのパソコン実習を通じてかなり理解できたのではないかと思います。あと、4回ほどありますが、まだまだ面白い内容が盛りだくさんなので講義準備を充実させなければなりません。
 来月は、神戸で生化学会と分子生物学会の合同学会があります。ただでさえ年末の神戸は混みますが、今回の8日から12日もかなり混むのではないでしょうか。とりあえず宿は三宮駅前のホテルを確保できたので良かったです。久しぶりに大学外での学会への参加なのでかなり楽しみにしております。待ち遠しいです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年11月18日 (火)

森林と医療の接点

 また寒くなってきました。明日以降も冷えるようで風邪をひかないようにしなければ。
 今日は、夕方、京都府南丹広域振興局の主催する「森々勉強会」がありました。地域で森の恵みをうまく利用するために、府民や森林、農業などに携わる人が力を合わせて考えるきっかけを作る勉強会のようです。
 本日の内容が「森林環境と次世代統合医療」というタイトルで、同じ大学のK先生が声をかけてくれました。講師は京都府立医科大学の今西二郎先生で免疫や微生物、最近では今回の統合医療が専門のようです。 
 話としては、補完・代替医療(例えば、漢方、鍼灸、伝統医学、サプリメントなど様々なものがありますが)、それらを西洋医学と組み合わせた統合医療について。更に、特にスピリチュアリティの向上を目的として現行の統合医療に癒しの空間を大切にする次世代統合医療について説明されていました。癒しの空間として森林を活用し、その環境のなかでスピリチュアリティを高めていくというものです。ここでいうスピリチュアリティというのは、単に精神的というものではなく、生きる喜びとか、生きがい感、生きる意欲、仕事への達成感、自然との共生というような概念のもののようです。これまで行ってきたものとして、森林セラピーを中心とした次世代統合医療について大阪の万博公園記念講演の森でおこなったがん患者さんの治療や一般市民を対象にした予防医学についてのデーターについても示されていました。私自身も質問しましたが、やはりこういう医療では、効果があるのかどうかを評価するのが難しいということです。特にスピリチュアリティが高まったということをどのように評価するのは本当に難しいようです。そのあたりが今後の課題のようです。確かに我々が森にいって癒される、何か「いい気」を持つのはあるわけで、こういう感覚を数値化できれるようになればこの分野ではかなりのブレークスルーになるのではないでしょうか。
 森林を多く持つ市町村の側にとっては、森林資源をこれまで考えても見なかった医療と接点を持たせることで何か新しいものを生み出せるきっかけにしたいというのも今回の勉強会の一つの目的のようです。
 ここ最近、大学外での勉強会に出ていなかったので少し刺激になりよかったです。

| | コメント (2) | トラックバック (3)

2008年11月16日 (日)

学芸会など

 昨日は、娘の学芸会があり見に行きました。展覧会と学芸会とを隔年でやっているので学芸会は娘にとっては5年生の今年が最後になるわけです。
 今回の学芸会の出し物は、春に行った中津川での野外活動を劇風にしたものでした。娘は、中津川での出し物を練習する場面での児童役で、台詞としては4箇所ぐらいだったでしょうか。落ち着いて上手にできていました。全体的には、それぞれミスもなく流れるような劇で最後は歌もありと立派なものでした。指導する先生方も台本決めから配役、練習など短期間に行うので大変でしょう。
 今日も娘は昔いた保育園のバザーがあり、そこで学童保育のメンバーとダンスを踊りにいったようです。バザーということで安い小物をたくさん買い込んでもきました。
 こちらは、週末は学童保育のHPの更新仕事で少し時間をかけていました。家のパソコンのメモリーが小さいので、HPビルダーというソフトを扱うのには少しストレスがかかります。2,3個のソフトを立ち上げるともうどうにもならなくなります。もうそろそろ買い替えも必要かもしれません。
 

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年11月12日 (水)

就職戦線。地方丸投げの定額給付金

 3回生の学生さんも、会社説明会などに行きはじめ、いよいよ就職戦線開始という感じです。今日は学内で、製薬企業のMRの説明もあったようです。これまでMRなどイメージできなかった学生さんにとってはいい話が聞けたのでは。
 就職組みに対して、大学院に進学する学生さんのほうは、特に英語力アップに力をいれているようです。うちの研究室に配属が決まった学生さんも最近は専門実験が終わった後、研究室に来て英語の勉強をしております。毎日コツコツとやっていれば力はつくでしょう。

 定額給付金のほうは、政府が地方に丸投げするようです。もう政府として最低ではないでしょうか。そもそもこれ自体本当に経済対策になるのか疑問ですし、この年末の忙しいときに地方の役所がてんてこ舞いになってしまいますし、更にこれに関する対応のために余分なお金が必要になってしまいます。地方自治体もこのような政府に対して反旗を翻したほうがいいのではと思います。それにしてもこのような訳の分からない政策が国レベルで行われるというのは悲しくなってきます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月 9日 (日)

冬支度。西武日本一おめでとう。

 昨日、入試業務が終わった後すぐに名古屋に戻りました。昨日の夕方からかなり寒くなりました。
 そういうこともあり、今日の夕方、少し冬支度のための洋服を買いにいきました。名古屋の栄にあるGAPで暖かそうなセーターやジャケットを買いました。最近、我が家ではユニクロ以外に、GAPやスペインのZARAなどが気に入っています。

 日本シリーズのほうはようやく決着がついて西武が勝ちました。すさまじい試合だったようです。ちょうど名古屋から京都の移動中で見れませんでしたが。
 とにかく巨人の日本一を阻止できたのがうれしいです。今シーズン、セリーグのほかのチームのエースや大砲、ストッパーなど入団させて、更にはこれまでも他のチームの4番をとり、それでも日本一になれないわけですから、よっぽど腐った球団といっていいのではないでしょうか。そもそも巨人の考え方が分かりません。これでもし日本一になってもうれしいのでしょうか。他のチームはこういう巨人に対戦すれば燃えるでしょう。まさに今回の若い西武は、一年目の渡辺監督と一緒になって成長し、最後はこのお金でものをいわせる巨人軍に勝ったわけですから爽快です。渡辺監督も昭和40年生まれということで、同世代が活躍しているとうれしくなります。
 これで巨人軍も、もうそろそろお金で選手を集めてチームを作ることを辞めて、自分たちの育てた若手だけでやってみればいいのでは。でもあの新聞社の会長がいる限りは無理でしょう。

もちろん来年は我がドラゴンズが、この日本シリーズの舞台でがんばってくれるでしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月 7日 (金)

オバマ勝利。トヨタ失速

 アメリカ大統領戦はオバマさんが圧勝でした。勝利演説がかなり良かったという評判ですが、実際に全部聞いていないので分からないのですが、一言一言の説得力があるというのは確かでしょう。Yes, we can!は当分頭に残りそうです。ただ、今のアメリカの経済状況を立て直せるのか、イラクから撤退できるのかも含めてこれから本当の政治的手腕が試されるのでしょう。
日本では、トヨタの決算報告でかなりの下方修正が出たようです。派遣社員もかなり首を切られており、これからもっともっとその影響が出てくるでしょう。トヨタ周辺のお店では消費も控えめになっており、かなり冷え込んでいるとか。特にあのあたりはほとんどがトヨタに関連している人が多いだけに、今回のトヨタの失速で相当なダメージが出てくるのではないかと心配になってきます。つい1年前までは経常利益1兆円以上と安泰だった企業でもこういうことになるのですから経済は難しいです。

 今日、明日は大学の入試業務で出張です。明日は天気が悪く寒くなりそうなので少し心配ですが。とにかくトラブルなく終えることが重要です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月 4日 (火)

研究室顔合わせ。小室さん転落

   11月から3回生の研究室配属が正式に決まり、今日はその顔合わせをしました。17名の学生さんと我々教員2名の総勢19名で、記念すべき我が研究室の第一歩がはじまることになります。今日は、研究ではなく、どちらかというと今後の進路の把握ということで、早急に希望進路を伝えてもらうという連絡をしました。
 個人的には、研究に興味ある人は時間のあるときに少しずつ実際の研究にも参画してもらえればと思っております。そのためにもこちらがある程度いろんなテーマを少しずつ動かしていかなければなりません。それと同時に研究室のほうも整理整頓していかなければなりません。

 朝、テレビを見ていたらあの小室さんが任意同行ということで、びっくりしました。確かに最近は悪い噂が多かったようです。それに、10年前の大ブレーク中でも今ひとつ私生活も派手のような感じでしたので、個人的にはどうかなーと思っていました。いずれにしてもあんなにお金を持っていたのに、このような状況になるとは、最後は人間性の問題でしょう。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月 3日 (月)

連休はゆっくり。大統領選はどうなるか。

   11月に入り今年もあと2ヶ月になりました。一年が本当に早いです。
 この連休は、3週間ぶりに名古屋に帰り、ゆっくりしておりました。
 映画にも行き、今回は、「容疑者Xの献身」を見に行きました。娘には少し難しかったかもしれませんが、私的には結構良かったです。福山雅治さんはもちろんのこと堤真一さんの演技はやはりうまかったです。東野圭吾さんの悲願の直木賞受賞作ということもあってストーリもそこそこ面白かったです。

 アメリカの大統領選も明日の今頃は結果が出ていることでしょう。オバマさんが有利ということではじめての黒人大統領誕生になるかどうか楽しみです。
 日本もアメリカのように大統領制になってもいいのかと思います。特に、4年の任期を任されるわけで、今の日本のようにころころ首相が変わるようなことですといろんな分野で腰を落ち着けた政策を実行することができないと思います。それにやはり国民が直接投票するというのがいいです。自分たちが選んだリーダーという感覚が湧きます。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »