« 学会終わり。変な年。 | トップページ | 講義が一つ終了。メタボが更に進行か? »

2008年12月15日 (月)

プリンパーティー

 学会が終わり、土曜日、日曜日は名古屋にいました。来週土曜日にある学童保育の忘年会でやる踊りの練習があり、仲間のお父さんらと何回も振りをチェックしておりました。あとは来週始まる前に最終練習をして本番に挑みます。がんばるしかありません。

大学では、学会で得た情報やら試薬や機器のカタログなどを忘れないうちに整理しておりました。午後からは講義もありなんとかこなしました。
 講義後は、以前、ドリアンを食べる会を主催した2回生の学生さんらが、今日はプリンパーティーをするということで私の部屋に。これまでドリアンパーティーの後は、フナ寿司パーティー、チーズパーティーと臭い物を主に食べていたのですが(これは他の先生の部屋でやっていたようですが)、今日は甘い物にしたようです。
10数種類のプリンを持ち寄って、それぞれ味見し、それが一番おいしいかをチェックしておりました。

Purin

 焼きプリン系、パンナコッタ風、キャラメル味、マロン、チョコ、カスタード、ポテトなど様々なプリンが。10数種類も食べると口の中が甘さでおかしくなってきましたが。
個人的には森永乳業の「たまごのとろふわプリン」がおいしかったです。学生さんの意見としても凝った味ではなく、オーソドックスな味のプリンがやはりよかったということでしたが。いろいろと変わった味のものを食べると、やはり普通のありふれたプリンがおいしく感じるようです。
 ケーキは昔バイキングでたくさんの種類を一挙に食べたことがありましたが、こんないろんな種類のプリンを食べたのは初めてで、甘い物好きにとっては非常にいい経験をさせてもらいました。感謝?(またメタボになりそうです)
 

|

« 学会終わり。変な年。 | トップページ | 講義が一つ終了。メタボが更に進行か? »

コメント

松原先生 おはようございます。
学会、お疲れ様でした。
でも、最新の研究情報を得られて、先生にとって“実”になったことと思います。最新情報が、先生の内でどんな形を取ってゆくのか楽しみです。

学童保育の忘年会でやる踊り……思い出しました。わたしも、子供達がまだ保育園の頃、家から生協さんの運営しているキャンプ場に時々行ってたのですけど(嫁がこういうの好きなんで……)、そこでは必ず、マス・ゲームとか、家族芸とかに参加させられるのですが、これが『こっ恥ずかしく』って、仕方がありませんでした^^ (でも、本当によく参加させられました。学校の家族参加のマス・ゲームもありましたけど、これはそれ程はずかしくなかったですけどね、本当に、キャンプのは……でした)

学生さんたち、好奇心が継続していますね~
まあ、一つの“娯楽”兼“コミュニケーション”なのでしょうけどね。
『プリン・パーティー』ですか……。
甘いものはやっぱり限度がありますよね。胸やけしそうな気が……。適度に甘いものを摂取するのは、“脳”と“疲労回復”に良いでしょうけど、過度に摂取するのは、若い学生さんはどうにかなるでしょうけど、先生には少々、負担ですね。それに、確か、先生、メタボ対策に”ウオーキング”されているのでは無かったのでは……また『頑張らなければ』なりませんね。

政治は『雇用対策』案を、与野党共に、同じような案を提出していますけど、どちらもほぼ同じような“案”ですね。言っては何なんですけど、こういう“案”では、根本的解決にはならないと思います。まず二段構(三段構え)えの『経済戦略』が必要だと思います。与野党の、今回の“案”は『目先の短期的な対処療法的案』に過ぎないと思います。
一度、原点に戻って、『根本的な、この国の将来ビジョン』と“その筋道”を『具体的に(リアルに)』計画するべきだと思います。今、『(歴史的レベルで)大胆な、将来計画』を立て直して置かないと、あとは“グダグダ”になってしまうような気がします。
その『日本の未来を見据えた、経済戦略』は、当然、“日本の持てる最高の頭脳”を集めてこなければならないと思います。
いままで、国も、地方も、何でも内々で話をし、『シナリオ』まで作って、『結論ありき』のような事ばかりしてきましたが、もう、いい加減、そんな手法(デキ・レース)は通用しないと言う事を認識するべきだと思います。
でも、どうしても、『今の権力体制』はそこから抜け出す事が出来ないようですね。
彼らの意識変革が出来ないのであれば、議員さんから役人まで、総入れ替えしなければ、変わらないのかも知れません。
その、『最終決定権』は国民が持って居ます。つまり『選挙権』です。でも、そう考えると、『国民の意識改革』の方が“急務”だし、この国にとって、“より深刻”な問題かも知れません。

投稿: 阿頼王 | 2008年12月16日 (火) 08時13分

阿頼王さん

阿頼王さんも「こっ恥ずかしい」出し物をやられたことがあるんですね。結構、本番までの練習とかは一生懸命やられたのでは。私も今必死にがんばっています。

 結局は、国民の意識を高くして、今国民にとってどういうことをしてほしいのか、それをしっかりやってくれる政治家は誰なのか、あるいはそういう人を自分たちで育てていくということが大切なのでしょうね。いくらまた政界再編成といっても、今の政治家らだったら何も変わっていかないのかと思います。本当に今後の日本をしっかりと立て直す政策を掲げる人がたくさん出てこなければならないのでしょう。国民もそうならないのなら別の意味で暴動でも起すくらいの気持ちで団結していかないといけないのでしょうね。

投稿: Mamoru Matsubara | 2008年12月17日 (水) 00時55分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プリンパーティー:

« 学会終わり。変な年。 | トップページ | 講義が一つ終了。メタボが更に進行か? »