« 三宮到着。明日から学会 | トップページ | 学会終わり。変な年。 »

2008年12月11日 (木)

学会も3日目、少し疲れ気味です。

 今日で学会3日目、かなり疲れています。朝、8時半からプログラムが入っているので、少し早めにホテルを出ています。会場では、午前中は、シンポジウムをしっかりと聞き、昼はランチョンセミナー、そのあとは特別講演、夕方にかけてポスターチェックなどしています。会場では、多くの知り合いにも会いますので、話し込んでしまうと時間もあっという間にたってしまいます。大学の研究や教育の近況など情報交換すると非常にためになります。
 やはり学会にくると研究についてはかなり刺激を受けます。最新のデーターなどを聞くと、こちらも新しいテーマの構想や実験手法も考えることができて非常に有意義です。実際に大学に戻って実行するというのが次の大きなハードルになるのですが。
 特別講演は、初日は、ノーベル賞受賞者の細胞周期の研究をしているポール・ナース教授、今日は分子シャペロンのハートル教授を聞きました。それぞれの発見の経緯から最新のデーターまで1時間の講演時間も非常に身近く感じます。昨日の免疫の岸本先生の講演は聞く時間がなかったのが残念でした。
 
 夜は、毎日、三宮界隈の飲み屋さんに繰り出しています。前の大学や会社の人など四方山話で楽しい時間です。さすがに今日当たりは肝臓が腫れているような感覚ですが。週末は禁酒しないと体が持たないでしょう。昨日までは午前様でしたので、今日ようやく早めに戻ってホテルでこれを書いているという状況です。
 明日で学会も終わりですが、夕方までみっちり演題が入っているので、朝からがんばって聞きます。
神戸は、ルミナリエと学会参加者でほんと混雑しています。飲み屋さんはほくほくかも。

|

« 三宮到着。明日から学会 | トップページ | 学会終わり。変な年。 »

コメント

松原先生へ
学会、充実しているようですね。でも、かなりハードですね。後から疲れを出されないように、週末はゆっくり、お家の近場の“温泉”に浸かって、マッサージなんてのも良いですよね(家族サービスを兼ねて)。

温泉に浸かりながら、実験の構想を練るのもなかなか良いと思いますよ(のぼせちゃうかもデスけど)。

ルミナリエは、昼間と夕方、ちょっと離れた所からしか観た事がないんですよね。
一つは、勿論、スゴイ人ごみだから、なんですけど、もう一つは、“ルミナリエ”を観ると、ブラウン管を通して見ても、なんか今でも“こみ上げて来るモノ”が有るんで、あまり観たくないんですよね。
「皆、どう言う気持ちでルミナリエを観ているのかな~」
って、考えちゃいますね。わたしにとっては、綺麗だなと言うよりも“悲しみ”や“苦しみ”を思い出させるモノです。

多分、神戸市民にとっては、あれは“鎮魂の灯”なんだと思うんですけどね。
楽しみながらとか、綺麗だなとかの前に、込み上げて来るモノがあって、それがイヤなんで、TVで映っていても余り見ないです。

投稿: 阿頼王 | 2008年12月12日 (金) 20時16分

阿頼王さん

そうですね。温泉でも行ってマッサージでもしてもらいたい気分です。土、日はゆっくりとしたいです。
神戸のルミナリエは、震災の鎮魂の灯なのですよね。なのに今年あたりは、屋台も多く、屋台の明かりで雰囲気が今ひとつになっていました。観光とかという意味ではなく、そういう神戸市民の気持ちをあらわすようなものとして原点に戻って欲しいような気がします。

投稿: Mamoru Matsubara | 2008年12月12日 (金) 22時35分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 学会も3日目、少し疲れ気味です。:

« 三宮到着。明日から学会 | トップページ | 学会終わり。変な年。 »