« WBCいよいよ決着。粘菌研究。フェデックス | トップページ | 学会シーズン。ミサイル迎撃 »

2009年3月24日 (火)

WBC連覇。イチローは○、一郎は×

 WBCは、韓国に勝ち2連覇を達成しました。生でテレビは見ることが出来ませんでしたが、結果が分かっていても夜テレビを見て興奮しました。最後のイチローの決勝打はさすがです。全体を通してやはり日本は投手力が良かったです。岩隈、松阪、ダルビッシュ、杉内など、メジャーでも上位レベルに入る投手がしっかりとゲームを作ってくれるので、あとは打線がどれくらい点をとるかにかかってきます。準決勝、決勝のように集中打がでれば完全に日本ペースになります。WBCの監督人事のときは結構もめていてどうなることかと思いましたが、ある意味そんなにアクの強くない原監督でよかったのではないでしょうか。ほとんど選手が前面に出ていましたから。野村監督やら星野監督がやっていたらこうはなっていなかったかもしれません。とにかくこの調子で日本自体も元気になっていけばいいのですが。

 野球のイチローは最後にいい仕事をしましたが、民主党の一郎さんはどうも今ひとつですね。泣きながら代表の続投を訴えておりましたが、今後一歩間違えれば民主党にとって誤算になりかねません。今更小沢さんが退任してしまえば混乱するというのも分かりますが、やはり第一秘書が起訴されてしまったのですから、その責任というものはどこかでとらなくてはいけないのでは。民主党はいつもいいところまでいって、このような問題に巻き込まれてしまいます。以前も、ライブドアのメール問題で、一人の議員さんがとんでもない大失態をしてしまいましたし。(結局そのかたは最近自殺してしまって、悲しいことになってしまいました) 政権をとりたいならば、自民党以上にきれいな政党でなければなりません。

 

|

« WBCいよいよ決着。粘菌研究。フェデックス | トップページ | 学会シーズン。ミサイル迎撃 »

コメント

松原先生 おはようございます。
日本野球、本当に世界レベルでトップクラスの実力を確立しましたね。
韓国との決勝戦、ノーアウト一塁三塁で、得点出来なかったときは、もう優勝は韓国だろうな~ って思いましたけど、良くふんばって延長戦に持ち込みましたよね。そして、最後はやっぱり“決める男”が決めてくれましたね^^

民主党は『政権』を目の前にして、これでは、本当に解らなくなりましたね。こういう“腐敗”の問題は、実際は殆どの議員さんが持っていると思います。だから、叩けばホコリの出る方ばかりですね。特に、今回の“献金問題”は与党、自民党の議員さんも多く関わっているようですけど、まるで民主党にターゲットを絞ったような検察の捜査ですね。だから『国策捜査』の匂いがプンプンします。

「権力は腐敗する、専制的権力は徹底的に腐敗する」

とは、イギリスの歴史家、思想家であり、政治家でもあった、ジョン・アクトン卿の言葉ですが、上は“国”から下は“市町村”まで、多かれ少なかれ、当てはまっていると思います。多分、もう、人間の“業”のようなものだと思います。当然、“世界的現象”でしょうね。

兎に角、人間が集まると、もう“自分の仲間”を作る(ボスになろうとする)人が出てきますからね。そう言う意味では“サル”の時代にはもう“サル山”のボスが居て、それに傅くメスザルや、食べ物を貢ぐ下位のサルが居る(彼らは、表面上はボスに気に入られるように、しかし、「隙あらば……」という連中ですね)。

『腐敗』の根源を探っていけば、面白いかも知れませんね。

民主主義は、ある意味“巧妙なシステム”だと思います。昔の封建制の下では、腐敗している権力者は白日の下にさらされる状態でしたけど(「だからどうしたの」で、終わりだったでしょうけどね)、今は、先進諸国は民主主義、“国民主権”です。でも、本当に“国民主権”が担保されるのかと言えば、国民は『選挙』という、ある意味“心もとない”システムしか持っていない。だから(政治に興味が無い人も多く居て)、本当には“機能”していない。でも、『何か』あれば、

「国民という(実態の伴わない“何か”)主権者が選択した」

って、言い訳が効く。しかも、(日本の場合?)多くの国民は『政治離れ』していて、本当は自分の事なのに他人事のように思っている人が余りにも多いですね。だから、実際の“為政者”(政権政党)は、“大義名分”をもって、インサイダーで『好き勝手』な事ができますね。

だから、わたし思うのですけど、

「実際は、国民も、綺麗な政治なんて望んでいないのでは」

って。その国の政治の“腐敗の程度”は、その国の“国民の民度”の表れだと思います。

先生、腐敗しているのは“国”だけではないですよね。“市町村”だって“企業”だって、“自治会”だって皆、腐敗していますよ。日本の政治史(恐らく諸外国の政治史も)は“腐敗”の歴史ですよね。

たぶん『人間』と言う存在が、そこまで成長していないのだと思います(もしも、そこまで成長していたなら“共産主義”は成功を収めていたのではないでしょうか)。

投稿: 阿頼王 | 2009年3月26日 (木) 07時42分

阿頼王さん

「その国の政治の“腐敗の程度”は、その国の“国民の民度”の表れだと思います。」
というのは、そうかもしれませんね。でも少し悲しい気もしますが。確かに腐敗のない社会というのは、おそらく歴史上ないかもしれないですね。我々が人間である限り、腐敗というものがつねにつきまとうのでしょうね。
ただ、やはり腐敗という言葉もそうですが、腐敗がある社会というだけでも、何か受け入れがたいというのも、人間のなかにある気持ちでもあるので、腐敗のない社会、政治というものをめざしたいというのもありますが。

投稿: Mamoru Matsubara | 2009年3月27日 (金) 23時15分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: WBC連覇。イチローは○、一郎は×:

« WBCいよいよ決着。粘菌研究。フェデックス | トップページ | 学会シーズン。ミサイル迎撃 »