« 実習3日目。コミュニケーション能力の大切さ | トップページ | コロニーチェック。父母会。 »

2009年6月25日 (木)

立ちっ放し。健康診断。地方分権。

 午前中は科学英語の講義、午後は実習が6時まで連続であり、座る暇もなく約7,8時間立ち続けていたので、さすがにぐったりです。昼ご飯も食べる時間もなく、水分も途中にとれないのでかなりの体力消耗ですが、学生さんのほうも実習に関しては同じ条件でしょうか。ただ、彼等は途中座ることができるので、やはりこちらのほうがくたくたですが。
 
 昨日は、健康診断ということで、最終的な結果がでるまでは何とも言えないですが、おそらくまた脂肪肝に近い状態でしょうか。腹回りの測定値も昨年はぎりぎり85cmをきっておりましたが、今年はぎりぎり85cm台になってしまいました。85cmが男性のメタボの基準値なのですが、今のような実習が続けば、自然に少しはお腹周りも減っていくでしょう。問題はやはり血圧が高いということかもしれません。昨日も上が150ぐらいで下は93もありました。さすがに今年はどこかで精密検査を受けなければいけないかもしれません。夏休みあたりにゆっくりとすべきかも。今回の健康診断では、骨密度の測定もありました。結果としては、同年代の平均より少し高かったということでよかったです。30台の若い先生で、同年代の70%ぐらいだった方もいたようで、牛乳をこれからたくさん飲まなければと言っておりました。

 東国原知事のほう、自民党からの衆議院選の出馬要請を受け、総裁候補を条件に受けようとのことです。自民党を変えなければ地方政治が変わることがないということでかなり本気だということですが、どうなんでしょう。政治家としては、まだ知事になって2年半くらいで、本当の意味での実績はまだこれからなのでは。毎週末、東京に来てテレビに出て宣伝活動しているわけで、そういう意味では今の自民党やマスコミにとっては格好の人材でしょう。単純に人気があるということだけで、政治の流れを作って欲しくないと思います。もちろん地方分権をとにかく推し進めて、今の自民党と官僚による政治というものから脱却しなければならないという方向性は正しいと思うので、それについては、なんとか宮崎知事としてがんばれるところまでやって欲しいと思います。

|

« 実習3日目。コミュニケーション能力の大切さ | トップページ | コロニーチェック。父母会。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 立ちっ放し。健康診断。地方分権。:

« 実習3日目。コミュニケーション能力の大切さ | トップページ | コロニーチェック。父母会。 »