« 梅雨入り。大学院願書。辻井さんの活躍 | トップページ | サッカー完敗。蛍の季節 »

2009年6月14日 (日)

懐かしい培養室。徹夜でがんばる学生

 最近は、なかなかこのブログも更新できていないです。これを始めた頃はほぼ毎日書いていましたが、今は、特に書きたいことがなければ書かなくてもいいかなーというような感じです。

 金曜日は、朝からR研に行きました。7年前にR研を出て以来、研究用の細胞を置きっ放しにしていたので、ようやく今回移動することにしました。久しぶりにR研のほうの培養室を見ましたが、そこには自分の書いた貼紙や、自分専用にしていたスリッパもまだありました。R研のときに自分が培養室を立ち上げたのだなーと思い出し、少し感慨深かったです。あの頃は使用する人は少なかったですが、今はかなりの人が使っているようです。今回は、そのときから一緒に仕事をしていたFさんに大変お世話になりました。チームリーダーのMさんは、今年の4月から近くの大学の教授になられて、その日は講義があるようででいませんでした。なんと専門ではない微生物学を教えているようで少し笑ってしまいましたが。おそらく講義準備が大変なのでは。最初の年度は仕方がないでしょう。また、そのうち近況を聞かなければ。
 その研究室の秘書さんも私がいたときにR研の事務のほうでお世話になっていた人で、こちらのことを覚えていてくれてうれしかったです。午後2時頃R件を出て、途中高速のSAで休憩をとりながら午後4時半くらいに大学に戻りました。
 
 その日は、朝、大学に寄ったときに、4回生2人が徹夜をしていました。R研から研究室に戻ったときもまだがんばっていて、36時間近く起きてNS大学院の願書を書いていたようです。現在の研究テーマの要約や、大学院に入って行いたい研究内容についてしっかりと書かなくてはならないようで、ずっと考えていたようです。実際に細かい実験をしていない現状では、かなり難しいかと思いますが、今回の経験によって以前よりは研究に関する考え方もしかりとしてくるのではないかと思います。

 昨日、今日は名古屋に帰らず仕事をしておりました。今日は、家の掃除もし、ユニクロやホームセンターで買いたかったものを購入したりと慌しく過ごしておりました。梅雨になったのですが、昨日、今日も晴れて暑かったです。毎年、梅雨の宣言がでた後の2,3日は、雨ではなく晴れているような気がします。

|

« 梅雨入り。大学院願書。辻井さんの活躍 | トップページ | サッカー完敗。蛍の季節 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 懐かしい培養室。徹夜でがんばる学生:

« 梅雨入り。大学院願書。辻井さんの活躍 | トップページ | サッカー完敗。蛍の季節 »