« フレッシュマンゼミ打ち上げ | トップページ | 梅雨明けした模様。高速水着問題と科学技術 »

2009年8月 2日 (日)

オープンキャンパスで実験を

  昨日、今日と大学のオープンキャンパスがありました。昨日は午前中大雨が降っていたので、参加人数が少ないのではと心配しましたが、結果的には今日よりも多く来て頂いたようです。
 昨日のオープンキャンパスでは午後に「発行生物の光るタンパク質を体験しよう」という実験を企画しました。予想以上の人数の高校生に参加してもらいました。昨年ノーベル賞の対象になったGFPやホタルの光る酵素であるルシフェラーゼの反応を体験してもらいました。部屋を暗くしてその両方のタンパク質が光ると、やはり歓声がわいたりして楽しそうです。こちらとしても多くの高校生やそのご家族に実験とその科学的な内容についても理解してもらえて良かったです。
 今日は、担当の日ではなかったのですが、学部の相談コーナーなどで高校生の質問に対応しておりました。将来の進路を真剣に考えている高校生と話すのは非常に意味のあることです。こちらも必死に学部のことを分かってもらうように説明しておりました。
夏休み中ということで家族全員で来るケースも多かったです。関東方面など遠いところからも来ており、高速道路が1000円になったことも大きいのでしょう。

 

|

« フレッシュマンゼミ打ち上げ | トップページ | 梅雨明けした模様。高速水着問題と科学技術 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オープンキャンパスで実験を:

« フレッシュマンゼミ打ち上げ | トップページ | 梅雨明けした模様。高速水着問題と科学技術 »