« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月28日 (月)

秋学期はじまる。消えた年金問題は自分に。

 今日から秋学期が始まりました。いきなり4限目に細胞生物学があり、約100人の2回生(一部再履修の4回生もいましたが)に講義をしておりました。1回目だったので、ガイダンスと大雑把に細胞生物学の概略を話しておりました。最後は、出席票に自分が不思議に思う生命現象について書いてもらいました。終わってから読んでみると、様々な内容が。いろんな発想があって面白いです。

 民主党政治のほうは、特に国交大臣の前原さんが大変忙しい状況のようです。ダムの問題、JAL問題など解決が難しいものがほとんどです。ただ、方向性はしっかりとしているようなので、そのままの意志を貫いて、なんとか対処してもらいたいです。
 高校の同級生の古川君は、総務副大臣と国家戦略室の室長となりかなり重要なポストです。いろいろと大変なことが多いと思いますが、彼ならいい仕事をしてくれるでしょう。

 年金特別便で、以前から主張していた20歳から26歳に払っていた国民年金の記録漏れについて、社会保険庁からその記録が見つからないということで、もし不服があるなら第3者委員会に請求してくれというものがきました。こちらとしては、その頃の支払いを証明する領収書も捨ててしまったようでなんともなりません。しかし、20歳になったときから学生にもかかわらず任意で払っていたのは間違いがないのです。どうしたらいいのでしょう。民主党政権では、こういう場合はなんとかすると言っていたようなので期待するしかありません。「消えた年金問題」はまさに自分にふりかかっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月23日 (水)

連休も終わり、大学も秋学期に。

  長い連休も終わり来週からは大学のほうも秋学期に入ります。先週末には春学期の成績も発表されたようで、学生さんのほうも夏休み気分からいよいよ勉強モードといったところでしょうか。
 今日は、昼ごろに京都に戻り大学に行きました。連休前に始めていた培養細胞のお世話と今週末に行われるサイエンスパートナーシップのための大腸菌培養の準備をしておりました。講義準備などもあり、来週からはいよいよこちらも自転車操業状態になりそうです。
 4回生の卒業研究もこの秋学期から本格的になるでしょう。まだ就職が決まっていない学生さんもいるので落ち着いて研究のほう出来るのかも心配ですが、そのあたりはメリハリをつけてやっていくしかないです。

 憎きジャイアンツが優勝しました。ドラゴンズも最後の意地というものをこの3連戦で見せて欲しかったのですが。8月に1ゲーム差になったときは逆転できるのではと思っていたのですが、最後は疲れきった感じでした。若い人の力不足が歴然としています。切り替えてなんとかクライマックスシリーズでリベンジしてもらいたいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月21日 (月)

シルバーウイーク

  初めてのシルバーウイークということで行楽地はかなりの賑わいのようです。GWやお盆よりも混んでいるところもあるようで、確かに1ヶ月前に、どこか行こうと思い各地のホテルの予約状況を見たのですが、GWの1ヶ月前よりは明らかに埋まっていた感じがありました。結局、このシルバーウイークは遠出の宿泊旅行は諦めました。
 宿泊旅行ではなく、昨日は愛知県内のドライブに。香嵐渓という紅葉の名所近くにある山に行って栗拾いをしてきました。約2時間くらいがんばって必死に栗を拾いました。家族3人で1kgくらいでしょうか。できるだけ大きめの栗を選んで取っておりました。久しぶりに山の中に入っての作業だったので少し疲れましたが、かなりの汗をかくことができていい運動にもなりました。その後、お昼を食べて、東海環状自動車道に乗り、ハイウエーイオアシスのある2か所のPAでゆっくりと休憩しておりました。最近のPAは、温泉があったり遊び場があったり、ショッピングセンターがあったりと丸一日楽しめるようなところも多く、PAだけを目的に来る人も多いようです。この連休中はこのようなPAも大渋滞になるようです。高速が無料化になったらさらに混むことになるのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月16日 (水)

事業所見学実習。政権交代

  昨日は、2回生の必須科目であるバイオ環境事業見学実習があり、付き添い教員として食品会社のS社とT森林組合に行ってきました。こういう見学実習の付き添いは初めてだったこともあり、また、総勢45人近くの学生さんに何かあってはいけないということで非常に気を遣ったので、家に帰ってからはぐったりでした。
 個人的にもそれぞれの事業所に行ったのは初めてで、そこで聞く話や実際の現場の状況は非常に勉強になりました。S社ではお酒の製造工程についての細かな点がかなり分かりましたし、森林組合では、バイオマスの新しい取り組みについても興味ある話が聞けたので良かったです。学生さんも日頃の講義だけでなく、現場の担当者の方からの生の話を聞くことによって仕事自体のイメージもわいたのではないかと思います。

 今日は、記念すべき政権交代の日です。民主党を中心とした連立政権が発足し、鳩山内閣が誕生しました。閣僚もそこそそこ期待できる人選で、どこまで本格的に政治家主導でできるか見物です。すぐに成果を期待するのは無理かと思いますが、マニュフェストに挙げたものをこつこつとやってもらいたいと思います。1年たって全く期待できない政府にはなってもらいたくないです。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月10日 (木)

SPPの一日

 今日はこの時期の恒例行事となったサイエンスパートナーシッププロジェクト(SPP)が京都府のHM高校の生徒さんを迎えてありました。この高校とは3年目の試みで毎年それなりの評価を得ています。対象となっている学年は毎年1年生ということで、遺伝子関連の実験は、少し難しいこともあるのですが、とにかく高校ではできない実験を体験してもらおうということでがんばってもらっています。昨年よりは、人数が倍くらいになって忙しい一日でしたが、うちの研究室の学生さん3人にもティーチングアシスタント(TA)として活躍してもらったので、準備から片づけまで問題なくいきました。今月は、うちの研究室が担当するSPPが他にも2つあるので、TAの学生さんにはまたお世話になります。学生さんにとってもいい経験になるでしょう。
個人的には、もっと他の研究室の先生方にも、中学生や高校生が興味をもつようなサイエンスの内容を企画してもらいたいと思っておりますが、なかなかそのあたりは難しいのでしょう。我々としても今後更に興味を持ってもらえるようなSPPの企画を考えていかなければならないでしょう。それには高校の先生とのコラボレーションも大切になるのではと思っています。
 それにしても昨日の教授会のあとの懇談会とそれに続く2次会で12時近くまで飲んでいたので午前中は少しつらかったですが、生徒さんと一緒に実験をやっていると元気になってきました。逆に片づけが終わってからは本当にくたくたになってしまいました。節制しなければ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月 7日 (月)

停電対応。同窓会。補正予算凍結?

 土曜日は大学での年に1度の停電だったので対応しておりました。朝8時半から11時半までの3時間の停電だったので、始まる前と終わってから大学に顔を出しました。冷凍庫などは無停電電源につなぎ、質量分析計などは、停電前にシャットダウンして、終わってからまた運転するということで少し面倒ですが、この作業はどこの施設にいっても毎年行うものなので年中行事になっております。
 停電終了後、名古屋に帰り、夜は中学校の同級生との集まりがありました。以前、同窓会を企画した際の幹事の人等を中心に久しぶりに盛り上がりました。2年後には卒業後30周年ということになるので、そのときにどんな形で同窓会をやろうかなんかも話しておりました。
10月末には、高校の25周年の同窓会もあるようなので楽しみです。逆にもうそのような年齢何だなーとつくづく感じます。

例の、最先端研究開発支援プログラムの発表がありました。概ね日本科学界の有名人などのチームが選ばれてということで、それに関して妥当だ、あるいはもう選ぶ前から決まっている出来レースというような批判もあったようです。トヨタなどの有名企業なんかの採択もあったりと、景気対策であるという批判もあるようです。ただこのプログラムは民主党が凍結するかもしれないとの噂もあるので、そのあたりは今後の動向が気になるところです。このプログラムだけでなく、多くの補正予算での事業が一時凍結になっているようです。いずれにしても本格的に民主党政権が動いたときにしっかりとした考え方で無駄なお金を使わないようにしてもらいたいです。
 今日も報道ステーションで古川君が出ていました。日曜日のサンデープロジェクトにも出ていたということで、民主党の論客というイメージがついてきたようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 2日 (水)

政権交代での引継ぎの大切さ。Yell(エール)by いきものがかり

 選挙が終わり、民主党も与党として行動開始といったところです。テレビでも、高校の同級生の古川君(愛知2区)が、年金問題の専門家としてひっぱりだこです。先ほどもNHKの夜のニュースに出演して、民主党が提唱する年金の一本化案についての分かりやすい説明をされていました。期待しています。
 一方で、現自民党政権下での駆け込みでの政策もなされているようです。消費者庁が発足したり、例の90億円を30人の先鋭の研究者に分配する最先端研究開発支援プログラムの選考結果発表が明日にでもあるようです。果たして民主党政権下では、このような先走ったプログラムはどのような扱いを受けるのかも心配です。政権交代が起こる際には、いろんなところでの引継ぎが大切になってくる分けで、少しでも引継ぎが悪ければ経済状況にも影響が出てくる可能性があります。

毎年個人的に好きなNHK合唱コンクールのほうも今週末が各地域のブロック大会のようです。今年の中学校の課題曲である「Yell(エール)」は作詞・作曲がいきものがかりの水野良樹さんで、とてもいい曲です。おそらくこの秋から卒業シーズンにかけて様々な中学校で歌われるような気がします。
NHKの合唱コンクールサイトYouTubeでも見れます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »