« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月29日 (木)

明日から学園祭。新カリキュラム

 明日から学園祭ということで午後からの講義は休講に。2回生の実習が予定されていたのですが来週に持ち越しになりました。火曜日の実習の内容と同じであっただけに来週準備しなおさなければならず少し効率が悪いです。
 午後は、その代わりに火曜日の実習を欠席した学生さんがどうしても実習の補講をして欲しいということだったので、研究室のほうでフォローしておりました。ほぼマンツーマンの指導だったので理解しやすかったのではと思います。

 夕方からは、来年の1年生から適用する新カリキュラムの時間割についてS先生とチェックをしておりました。いろいろと細かく見ていくと矛盾点が出てきたりして直しておりました。夏休み前から、学科ごとでかなりの会議をして作り上げてきたものでようやくここまできたかという感じです。かなり自分たちの理念を持って作ったので、なんとか学生さんがこのカリキュラムで勉強して力をつけてもらえればいいのですが。毎年試行錯誤していくことになるのでしょう。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月27日 (火)

検量線の理解。講義の評価。

  今日の午後は2回生の基礎バイオサイエンス実験があり、血清タンパク質の硫安分画や検量線を使ってのタンパク質濃度決定などをやりました。検量線の概念は大切なので今回もかなり意識して教えているのですが、すぐに分かる学生さんがいる一方で、理解できていない学生さんもいて教え方に苦労しています。レポートを書く段階でしっかりと理解してもらいたいです。
 昨日は同じ2回生に対して細胞生物学の講義をしましたが、うれしいことに講義後の出席票に、課題以外のコメントとして、動画を使った非常に分かりやすい講義だったとわざわざ書いてくれた学生さんが数人いてとてもうれしかったです。昨日話したタンパク質の輸送に関しては、どうしても説明だけでは難しくなってしまいやすいので、意識してアニメーション動画を入れて分かりやすくしたのが好評だったようです。もちろん4時間目の講義だったので疲れがピークで夢心地の学生さんもそこそこいるのは仕方がないですが。こういう学生さんに対しても目が覚めるような講義をしなければまだまだなのでしょう。

 夜は科研費の申請書類をひたすら考えていました。今週末が〆切なので、明日あたりには提出できればと思っています。もう少しゆっくりと考えなくてはならないのですが。採択されるための書類をじっくりと考えて書くのはかなりの時間を要します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月24日 (土)

学会参加

 一昨日、実習が終わってから生化学会開催地の神戸に移動しました。
昨日、今日と朝からしっかりとシンポジウムやポスターなどをチェックし夜8時頃帰ってきました。
 昨日は、研究室の学生さん3人も来ていたので、お昼は一緒に食べて、展示ブースなど一緒に回っていました。彼等としては初めての経験だったのでかなり楽しめたようです。いろいろと戦利品を持ち帰ったようです。
 日頃大学で教育モードだったので、久しぶりに最先端の話を聞くとモチベーションがわきます。特にプロテオミクス解析はまだまだ発展があり面白いです。他にもポスター発表をチェックしているといろいろと参考になります。試したくなる実験アイデアもわいてきます。
 学会中は、いろんな知り合いの方とも会いますので、近況なども聞くことができます。こういうのも学会ならではです。
 一昨日、昨日も夜はいろんな先生方と交流会と称する飲み会があり少しメタボ気味です。週末は少し節制しなければいけません。
明日は、科研費の申請書を書かなければなりません。〆切が近いので明日中になんとかしなければ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月21日 (水)

学部学生は学会参加が無料。就職戦線厳しい。

 今日は、大学院が受かっている4回生の学生さんが生化学会に行ったようです。生化学会は、学部学生の参加は無料ということなのでおおいにその制度を使ってもらいたいです。おそらくこのような学会は初めての経験なので、明日その感想でも聞いてみたいです。
1、2年後は、大学院での成果を発表することになるかもしれません。その時は、彼等の晴れ舞台を見ることができればうれしいです。

 先週、朝のNHKテレビを見ていたら、3回生の就職戦線が始まった一方で、まだ4回生の学生さんが就職で苦労している様子がやっていました。今の段階でまだ内定をもらっていない学生さんが全国で15万人くらいいるようで、昨年の2倍の数字のようです。企業側としては、この不景気な状況で、ある一定のレベルに達している学生さんしかとらないようです。更には、これからの景気によってはもっと悪くなる可能性もあり、昨年のような内定取り消しを出してしまうようなことがないように、選考にもかなり慎重になっているようです。いずれにしても、そのような状況で就職活動している学生さんはかなり厳しいです。うちの学部もかなり苦戦しているので、どこかに求人がないかとこちらも日頃から気にしてしまいます。とはいってもなかなか無いのというのが現状ですが。がんばって就職活動している4回生には最後まで諦めず努力してもらいたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月19日 (月)

学会週間。研究室配属決まる。ドラゴンズ第2ステージへ。

 忙しい1週間が始まります。明日と木曜日は、2回生の基礎バイオサイエンス実験があり、実習終了後、神戸に行って、生化学会に参加します。今年は、実習期間と重なってしまったので、学会は4日間のうちの2日しか行くことができません。プログラムを見ると前半の2日間にも面白い内容があるだけに残念です。
12月には分子生物学会もありますが、こちらのほうは講義や卒業研究の関係で横浜までは行けそうにありません。来年に期待します。

 3回生の研究室分属の結果が今日出たようです。ぎりぎりまで希望を変えたりした学生さんもいたようですが、なんとかうまく落ちついたようです。今回は、我々の研究室は、定員19人が来るようで、喜んでいいのか悪いのか。今年は、17人だったのですがそれでも一人一人しっかりと面倒を見ることが出来ない状態なので、2人増えた来年も自信がありません。とりあえず、今の3回生には、就職活動する人は早めに決めてもらって、4月からはしっかりと研究できる体制にしたいと思います。大学院を目指す人も、出来るだけ早く独自の勉強会などを立ち上げてもらって、切磋琢磨してレベルアップしてもらいたいです。

 中日ドラゴンズなんとか第1ステージを突破しました。次は宿敵ジャイアンツです。2年前のように、4連勝して日本シリーズに出場してもらいたいです。楽天も勝ち進んで、中日:落合対楽天:野村という知将対決もなかなかいいのではと思います。ただ、WBCに選手を出していない中日が、今年あたり日本一なんかになってしまったら、ジャイアンツファンはかなり怒るでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月16日 (金)

インフルエンザ感染広まる。

 新型インフルエンザが流行っているようです。学生さんのなかにもインフルエンザで休む人がちらほら出てきています。小学校なども学級閉鎖が多くなっているようです。娘の学校でも同じ学年のクラスで学級閉鎖が出ているようです。
 インフルエンザの影響で、明後日に予定されていた娘の学童保育の催しものであるスポーツ大会が中止になりました。6年生で最後の大会だっただけにとても残念のようです。このインフルエンザはまだまだこれからピークになっていくようなので注意が必要です。
大学も、通常の講義や、これからの入試シーズンを控え非常にナーバスになっております。
最近読んだ、「インフルエンザ パンデミック 新型ウイルスの謎に迫る」(河岡義裕、堀本研子、ブルーバックス)は、新型インフルエンザに関して科学的に分かりやすく説明されています。今は病原性が通常のインフルエンザと変わらないと言われていますが、今後、感染拡大に伴って強いウイルスになる可能性があることが予想されています。そうなると本当の意味でのパンデミックになり、ますます社会経済がマヒしてくるので怖いです。ウイルスは侮れないです。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月13日 (火)

培養室停電騒ぎ。大型ショッピングセンター。講演会

 先週の土曜日は、大学に行ったら培養室が停電になっていて大慌て。1時間ぐらい原因が分からず右往左往しておりました。施設課の課長さんが電力会社に連絡を入れてくれて、その後すぐに担当の方が来られ原因が分かり、なんとか復旧できました。どうも培養室内のある装置に支障が出て、それが原因でその部屋全体のブレーカーがとんでしまい、培養装置も止まってしまったようです。これまで全く起きていなかったことだけにかなりあせりました。ちょうど新しい細胞を4回生が立ち上げていたばかりだったので、学生さんのほうも待っている間は心配しておりました。細胞のほうは問題なくて良かったです。

 連休は、半年前に名古屋の北部にできた大型ショッピングセンターに行きました。このような大型ショッピングセンターはあちらこちらにできます。来年の春には家の近くにイオンモール新瑞橋ができます。こういうものができると周辺道路は大渋滞となるので近くに住んでいる人にとっては大迷惑なのですが、行く人間のほうは、そういうことを気にせずについつい出かけてしまうわけです。車はたくさん集まるは、こういう施設から出る二酸化炭素のことを考えると必ずしも環境にやさしいとはいえないかもしれませんね。

 今日は、午前中、外国人の講演会がありました。この学部に来てからこのような外国人の講演ははじめてだったようです。モノクローナル抗体やエリスロポエチンなどのバイオロジカルドラッグの生産に関する内容でした。あの有名なRoche社で動物細胞によるタンパク質性医薬品の開発に携わった方の話だったので、製薬企業にいたものとしては久しぶりに面白い話を聞けて良かったです。学生さんも結構聞きにきていました。分かりやすい英語だったので比較的内容が理解できたのではと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 9日 (金)

卒研。ノーベル平和賞はオバマさん。

 今日は、朝から夕方まで、主に卒研の指導をしておりました。実験手法を教えるときは、できるだけテーマの似た学生さん2,3人にまとめて教えるようにしております。それでも10人近く学生さんを持っていると全てに目を配らせることは難しいです。そのあたりもう少しやり方を考えなければなりません。
 3回生の研究室配属も大詰めのようです。今日あたり最終アンケートをとっているようです。先週あたりから、希望学生さんが研究室の概要を聞きに来ています。今年は、大学院志望の学生さんが少し多い感じがします。2期生でどのような学生さんが来るか楽しみです。

 オバマ大統領がノーベル平和賞を受賞したとのことです。まだ就任したばかりなのですが、国際政治の新たな潮流を生み、国連中心の多国間外交を強めたというのが受賞理由のようです。確かに核廃絶の演説なども大きな流れになったようですが、正直言って、実績を作るのはこれからなのになぜ今なのかと思ってしまいます。ノーベル平和賞はどちらかというと過去の受賞を見ても政治的な影響がかなりあるようなので、この受賞によってオバマさんに世界平和に対してプレッシャーをかえるという部分もあるのかもしれません。
他のノーベル賞では今年は今のところ日本人の受賞はありませんでした。ノーベル生理・医学賞はテロメア関連に、化学賞はリボソームの構造機能研究が対象になりました。いずれも秋学期に細胞生物学の講義で教えるところなので学生さんに理解させるのにはタイミングが良かったです。ノーベル化学賞は最近はどちらかというと生物学よりが多い感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 8日 (木)

台風で休講。

 台風の影響で、午前7時の段階で暴風警報が発令されていたので(午前7時40分頃に解除されましたが)、午前中の講義が休講になりました。私自身も1限目に講義があったのですが無くなってしまい、今回の分はどこかで補講をやらなければなりません。台風や新型インフルエンザなど、今年は予期しない休講が多いです。朝、車で来るときには大学の近くの小学校の児童さんらは通学していたので、暴風警報の解除時間によって授業があるかないかの判断が学校によって変わってくるのでしょう。
 娘の修学旅行のほうは、今日行く予定であった奈良県の暴風警報が昼まで解除されなかったようで、午前中はホテルで待機だったようです。その後、奈良に行ったようですが予定していた法隆寺や春日大社などのメインの場所に行けなかったようです。予期しない台風で修学旅行も逆に思い出深いものになったのかもしれません。一生忘れないでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 6日 (火)

台風が心配。3回生の就職活動始まる。

  南海上に大型台風が来ており、明後日あたりに本州に上陸するようです。ちょうど明日からは、娘が修学旅行で、京都、奈良に行くことになっているので心配です。この2年ぐらい大きな台風は来ていなかっただけに、どうしてまた明日、明後日なのだろうという気持ちです。なんとか無事に楽しい修学旅行になればと思っています。
 
 10月に入り、3回生の就職活動の時期になりました。未だに4回生で就職が決まっていない学生さんもいるので何か複雑な感じです。この10月の時期に就職活動が始まるというのもいかがなものかと思ってしまいます。場合によっては、講義のある平日に合同説明会があったりします。テレビでも、ある就職支援会社のCMがやっていたりして、違和感を感じます。それこそ、4回生の秋ぐらいにできないのでしょうか。しっかりと卒業研究をやった人が少なくとも就職活動の対象になるぐらいの制度にしてもらえるといいのですが。それこそ新政権の民主党さんあたりがそのような法律でも出していただけないかと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月 3日 (土)

10月も忙しくなりそう。オリンピック招致

 秋学期が始まりあっという間に一週間が経ってしまいました。週2回の講義や卒業研究、更には学部の諸々の仕事など一日が知らぬ間に過ぎてしまいます。
 この10月も、2回生の基礎バイオサイエンス実験や、学会参加、科研費の申請書類作成もあるのでよっぽど時間をうまく使わなければなりません。特に科研費については、今年度は久しぶりに不採択となってしまったので、研究の方向性を見直してしっかりとした申請書を書かなければ。民主党政権になって科学研究費の伸びがどのようになるのか分かりませんが、少なくともこの科研費による外部資金の導入は、私大で勤めている我々にとっては研究ができるかできないかの死活問題になるので大切です。

 オリンピックのほうはリオに決まりました。それぞれの候補地の応援に大統領や首相まで参加してのものでしたが、IOCの委員の方は比較的冷静になって決定したのではないかと思います。特に東京やシカゴではなぜ2回目の開催が必要なのかという素朴な疑問がありますし、マドリードに関しては、ロンドンの次に再びヨーロッパでの開催かという問題があるわけです。そういう意味では南米大陸初のブラジル、リオの開催は妥当なのではと思います。
名古屋、大阪に次いで東京も負けてしまいましたが、将来的には日本での開催に期待したいと思います。特に娘らの世代が自国でのオリンピックに関われるようになる機会ができれば最高です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »