« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月28日 (日)

親子懇談会。

  昨日、今日は静岡県の三ケ日に行きました。娘の学童保育も3月で最後ということで、その前に6年生の親子で集まって、泊まりでゆっくりと飲み食いしようということで企画されました。宿泊先は、幹事のHさんが勤めている会社の保養所で、愛知県のトップ企業ということもあり設備もよく、また浜名湖が一望できる非常に良いロケーションでした。
夕方に集合し、豪華な夕食を食べて、その後は、2次会で午前様までいろんなお話をしておりました。皆さんほとんど同じ年代ということもあり、自分たちの学生の頃の話なども共通点があり盛り上がっておりました。
 今日は、午後には名古屋に戻り娘の中学校の準備や25日の娘の誕生日プレゼントを買ったりしておりました。今回は、以前から要望のあった携帯電話を。さすがに中学校に入る前に欲しいということだったので嫁さんと相談の結果、携帯解禁ということにしました。携帯電話を持っているお友達も多いようなので、これでメールなどができるのでしょう。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月24日 (水)

女子フィギアスケートでドキドキ。

 女子のフィギアスケートのレベルの高い戦いはすごかったです。さすがにお昼の中継だったのでテレビは見れませんでしたが、ネットの速報だけでもドキドキしました。結果的には、浅田真央さんは2位でしたが、キムヨナさんのあの演技では仕方がないでしょう。逆に言えば、オリンピックではなかなか逃げ切りでの金メダルは難しいので、気持ち的には浅田真央さんのほうが少し楽にできるのでは。いずれにしても世界成功舞台での戦いというのは、人々を魅了します。
 それにしてもバンクーバとの17時間の誤差は、テレビ中継にとっては難しい時間ですよね。むこうの夜の時間は、こちらの昼間の仕事の時間ですし、午前中は、こちらが寝ている時間になるわけで、まともにオリンピックを見ていたら、仕事にならず、寝不足になるという人もいるのでは。やはり自国開催が一番いいですね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月23日 (火)

出張講義。

 今日は出張講義をしに三重県南部の高校に。名古屋から、特急南紀に乗って約3時間、熊野市駅でおり、更にローカル線に乗りました。1時間の授業をしにいったわけですが、往復で8時間くらいは電車の中にいました。久しぶりにローカルな電車に乗れたし、本もたくさん読めました。
 講義のほうは、大学の理系分野(今回は特にバイオ関連)のことを知ってもらうという主旨だったので、それについては、今日聞いてくれた生徒さんは非常に反応が良かったので、行った甲斐がありました。日頃、こういった田舎の高校生は、特に理系の最先端の講義を聞く機会がほとんどないので、これをきっかけに、このうちの一人でもいいからバイオ関連の分野に入ってくれればと思います。こういう地味なサイエンスコミニュケーターとしての役割も重要なのでしょう。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月21日 (日)

花粉が飛んでいる。入試関連。フィギアスケートへの期待。

 花粉が飛び始めているようで、くしゃみしたり目がしょぼしょぼしております。これからもとひどくなるのかと思うと少し憂鬱です。
 昨日、今日と入試関連業務があり大学にいました。この時期は私大にとっては大切な時期なので受験生や合格者に対してきめ細かな対応が必要です。今日は、合格者懇談会ということもあり、入学前にしっかりと学部の良さを伝えるために誠意をもって接しておりました。
 合格者の中には鹿児島から来られた方もおり、わざわざうちの学部を選んでくれたことに感謝しています。早速、下宿先も決めたようで一安心だとご両親はおっしゃっていました。

 金曜日に学部の卒論発表会が終わり、4回生は卒論の手直し行って再提出し、最終合格判定を受けることになります。発表して少し安心している学生さんも多くいるようですが、最後まで気を抜かずに努力して欲しいです。
 
 オリンピックのほうも後半戦に入ります。いよいよフィギアスケート女子も始まるようで、先ほどNHKスペシャルで浅田真央選手の特集をやっておりました。この時期にわざわざNHKスペシャルで特集されるわけで、期待の大きさというかこれまでの苦労を分かってもらって、みんなに応援してもらいたいといった主旨なのでしょうか。いずれにしても日本人選手は3人の最強布陣なので誰かはメダルをとるでしょう。それが誰になるかは誰にも分からないわけですし、一番自分の演技をした人が夢を叶えられるのでしょう。期待しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月18日 (木)

他の研究室の卒論発表会を聞く。早くも内定。

 自分の研究室の発表が火曜日に終了し、昨日、今日は他の研究室の卒論発表会を聞きにいっています。昨日は、微生物関連の話、今日は食品機能関連の話ということで、この分野に関しては全くの専門外なので、聞いていて勉強になります。もちろん、学生さんの発表ですので物足りない部分もありますし、質問しても全くもってピンとはずれな返答や答えられないというケースもあり、困ってしまう部分もありますが、この2日間そこそこ楽しませてもらっています。
 微生物研究に関しては、目的の菌をスクリーニングするのは、日々の根気強さがいるのかなーと思います。従って、聞いていて、この学生さんはスクリーニングに対して強い思いを持って研究しているというのがすぐに分かります。そうでない学生さんは結果の出し方をみれば、かなりサボっているなーというのが分かってしまいますね。
 食品の機能性を解明する研究については、やはりどのような成分が食品に存在し、そのうちのどのような物質が生体内のどの場所で作用するのかというところを明確にしなければならないという点で難しい研究です。うちの研究室でもある機能性食品が細胞内シグナルのその部分で効いているのかを詳細に解析しようとしているので、その難しさが分かります。また、近年そういう研究も盛んに行われており競争も激しいので、大学レベルでは、企業ができないニッチな部分をどのように展開していくのかがポイントになるでしょう。
 今週始まった卒論研究発表会には、私のフレッシュマンゼミに属する2回生の学生さんも毎日熱心に聞きに来ています。大学院を目指しているということだったので、前もって声をかけて、全ての研究室の発表を聞いて自分なりにどういった分野の研究がしたいのかをイメージしておくといいと言っておきました。まだ、専門実験などやっていないので詳細な研究内容の理解は難しいようですが、4回生が分かりやすく研究発表をしているかどうか、また面白そうな研究は何なのかぐらいは聞いていて分かるようです。今日、いろいろと話していたら、今のところ全体的に分かりやすかった研究室は、うちの研究室だったようです。特に私がやっているプロテオミクス関連の研究発表で、質量分析でいとも簡単に電気泳動で流したタンパク質が同定できる実験についてはとても興味を持ったようです。またうちの研究室の発表では、研究目的がしっかりしているということで、他の研究室の発表に比べて分かりやすいとも言っていました。少しは、私に気を遣っている部分はあるかもしれませんが、そのように言ってくれるのはうれしいことです。

 今日は、うれしいことに3回生で既に企業から内定をもらったと報告してくれた学生さんがいました。幸先がいいです。まだ他の企業もねらうということなのでその調子でがんばって欲しいです。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月16日 (火)

卒業研究発表会

 今日の午後は、我々の研究室の卒業研究発表会がありました。一人持ち時間15分で(質問時間も含む)、16人いましたので、ほぼ4時間の長丁場でした。
 しっかりと練習したこともあり、ほとんどの学生さんの発表はいい出来だったと思います。1週間前の練習会ではどうなることかと思いましたが、この1週間でスライドも見やすくなり、また話し方なども上達した人が多かったです。こちらとしてもなんとか皆が無事に終わったので一安心です。質問に対する対応など問題点などもありましたが、そのあたりは我々指導するほうとしても常に意識させて研究を進めていかなければ解決しないだろうと思いました。
 この1年、1期生の卒論を指導してこちらもいろいろと学ぶこともありました。学生さんによっても指導の仕方を変えなければならないでしょうし、教育しながら最先端の研究領域をどのように行っていくかも今後の課題です。また、大人数の学生さんをきめ細かく指導するための時間作りも必要です。更には、教育以外にも学生のキャリアサポートもしていかなければなりませんし。試行錯誤を重ねていかなければなりません。
 今日は、4月から新しく研究室に来る3回生も聞いていたので、自分がやるかもしれない研究テーマのイメージが少しできたのでは。専門用語など、今は分からないことばかりですが、1年後は今日の4回生の発表よりも更に上を目指して欲しいです。

 明日からは、他の研究室の発表会をじっくりと聞き、学部内でどのような研究がされているか勉強しようかと思っています。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月15日 (月)

ドラマ撮影。チョコがたくさん。

 今日から学部の卒論発表会が始まりました。我々の研究室は、明日ということで最後の追い込み練習をしている学生さんが多かったです。なんとかいい発表ができるといいのですが。
 
 大学内では、あるドラマの撮影が朝から行われていました。うちの研究室の部屋でも夕方からスタッフの方が来て、クリーンベンチや培養装置などの前で俳優さんが演技をしておりました。 エレベーターでは、西村雅彦さんと一緒になりました。背が高くかっこよかったです。学生さんもそのエレベーターには乗っておりましたが、さすがに皆さん声をかける勇気はありませんでした。他に廊下で撮影前の浅野ゆう子さんも見ました。
 たまにうちの学部の建物はドラマ撮影に使われるようで、1ヶ月前にも別のドラマで使われていましたし、3年前は、「科捜研の女」で沢口靖子さんも来ていました。その時もうちの研究室が使われていました。遺伝子研究しているという雰囲気を出すのに最適なのでしょう。

 バレンタインデーで、チョコレートをたくさんもらいました。娘からも手作りチョコをもらいましたし、学生さんからも気を遣ってくれているのか、手作りチョコやお菓子をもらいました。どれもおいしかったです。1ヵ月後のお返しが大変かも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月14日 (日)

オリンピックはじまる。河豚感謝祭。

     バンクーバーオリンピックが始まりました。今日は、ライブでモーグル競技を見ていました。上村愛子さん、最後の最後で4位になってしまいました。自分らしく滑ったとはいえ、本人にとってはこのメダルがあるかないかの差を考えると悔しいのが正直なところでしょう。それにしても、4年に1回の大会で、かつ決勝の1本だけで順位が決まってしまうわけですから、そこに合わせてくる努力は並大抵ではないです。更に言えば、その1回の滑りは、その時のいろんな要素(天候、試合の流れ、自分の精神状態など様々な要素)にも影響されてくるわけですから、ある意味で非情です。それこそ結果は神のみぞ知るという感覚になるのかもしれません。

 昨日の夜は、嫁さんのお父さんの快気祝いとお誕生日をかねて名古屋城の前にあるWホテルで河豚を食べました。河豚感謝祭の期間限定特別プライスだったので、通常の6割程度の値段でした。鉄刺(てっさ)やてっちりもあっさりしておいしかったです。娘は初めてで食べれるかどうか不安でしたが完食していました。2月は娘の誕生日でもあるので、デザートもお誕生日用のものがサービスでついていました。

201002131730000

201002131855001_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月12日 (金)

装置の修理。自己PRは難しい。

  今日は研究室で、あるテレビドラマの撮影が行われる予定でしたが、俳優さんの都合でスケジュールが変更になったとのこと。また来週以降あるかもしれないとのことでした。

 午前中は、3週間前に故障になったG社の蛍光イメージャーであるTPという装置の修理がありました。部品などの準備が遅かったということでかなり待たされました。ちょうど卒論の実験で使用頻度が高かっただけに、この3週間全く使えないということで重要なデーターが出せずじまいになっていました。もう少し早い対応をしていただけると良かったのですが、メーカさんの事情もあるのでしょう。とりあえず修理後、なんとか一人の卒研生のデータが取れたので、急遽、発表スライドに入れることができました。
それにしても、2,3時間の修理なのに出張費で3万円近く費用がかかるということもあり、更に技術料も入れるとそこそこの修理代になってしまいます。支払いのことを考えるとこれまた頭の痛いところです。

 夕方は、3回生の学生さんが就職活動の相談ということで来ました。自己PRやら志望動機やら、大学の間に力をいれたことなどお決まりのことを書かなければなりません。自己分析はもちろん、会社研究などもしていないようだったので、そこらあたりからしっかりと考えていかねばならないようです。最初は、自分のことを分析しろといってもなかなか難しいです。自分の強みは何かなどは、自分以外にも他人からも聞く必要があるでしょう。そろそろ説明会から実際の採用試験も始まるようなので、こちらも早めの対応をしなければ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年2月11日 (木)

祝日は関係なし。

  今日の祝日は名古屋に帰らず大学で仕事していました。学生さんも、数人来ていて来週の卒論発表会のスライドを作っていました。昨日までに練習会を行った学生さんは、それぞれ指摘された点を参考にして、再度作り直しているようです。
 練習会の印象としては、最初はどうしても文字が多くなり、それをただ読んでいるだけということで、聞いている側からすると、スライドを見る意味がなくなるわけです。そうではなく、スライドを見ただけで、聞き手側が理解できるところまで作り上げなければならないでしょう。そのあたりは非常に難しいことですが、発表ギリギリまで追及してもらいたいです。
 一方で、数人の学生さんがまだ練習会をやっていないので、明日なんとか練習してもらわなければなりません。そもそもスライドが出来上がっているのか心配です。
 明日は、研究室内でドラマの撮影などもあるのでバタバタしそうです。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月 8日 (月)

卒論発表練習会。企業の統合は難しい。

  来週の卒論発表会に向けてそろそろ準備ということで、今日、明日は練習会です。さすがに今日は一人しか練習しませんでした。明日、十数人やるとなるとかなり時間がかかるのですが。他の研究室も今日あたりやっていたようで、知り合いの先生に聞いたらかなり駄目だししたようです。我々の発表の感覚と学生さんの感覚ではかなり差があると思うので、どこまで妥協するかでしょう。

 学内のほうは企業説明会がこの3日間行われます。リクルートスーツを着た3回生がかなり来ていました。この3日間で、企業研究をしっかりとして、自分がどうしたらその企業に雇ってもらえるかを真剣に考えなければならないでしょう。今回はまだ4回生で就職が決まっていない人も参加するようで、なんとかこの機会にアピールして内定をもらえるようがんばってほしいです。まだ、諦めてはいけません。

 日本の企業も今日はいろんな決断をしていたようです。キリンとサントリーは予想通り破談になりました。特にサントリーの場合は、非上場企業でオーナ一族が株を大半持っているということで、このあたりが非常にネックになったようです。やはり企業の風土というものがそれぞれある訳で、それを乗り越えてでも統合するという信念が両社には無かったのでしょう。おそらく世界のグローバルな企業は、そのあたりの考え方が全く違うのでしょう。ある意味非情なのだと思います。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月 4日 (木)

実験おいこみ。朝青龍引退。

 定期試験も終わり、学内は閑散としてきました。学内のコンビにも今日から閉店になりましたし、食堂の規模も春休み中は縮小になるので少し不便になります。

 学生さんの最後の追い込みの実験でようやく質量分析計を用いたタンパク質解析にたどりつけました。1年目の卒論生の実験でそこまでいけるかどうか不安でしたが、こういう解析を経験してもらえて良かったです。実際に測定するといろいろと面白いタンパク質が同定できるので、新たに研究の幅が広がっていきます。来年度の卒業研究テーマに展開できそうです。

 朝青龍がようやく引退することになりました。今までいろいろと問題を起こし、更に今回の泥酔暴行事件を考えるとやむを得ないでしょう。やはり大相撲は単なるスポーツだけではなく日本の伝統文化なので、その最高峰である横綱の品格を考えると当然なのかもしれません。25回という史上3位の成績を残したわけなので、なんやかんや問題はありましたが強い横綱だったということです。今後はモンゴルに戻って何年か後には大統領にでもなるのでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 1日 (月)

もう2月。いい結果。トヨタリコール。球春到来。

  今日、明日は入試業務でバタバタしております。私立大学にとって一番大切な一般入試ということで緊張感もって仕事しています。今年の入試は私大には厳しい環境ですが、その中でも我々の学部を志望してくれる受験生がいるので有難いことです。

 2月に入り、まだ4回生の学生さんには追い込み実験や発表準備などでがんばってもらっています。 来週には発表会の練習を予定しているので、今日あたりからスライド作りも始めた学生さんもいます。実験のほうでも粘り強く実験をしてくれている学生さんもいて、懸案事項だった実験系で非常にいい結果を出してくれました。久しぶりに実験結果でわくわくしました。更にうまく実験が進めば卒論発表会では非常に質の高い発表になるかもしれません。

 アメリカやヨーロッパでのトヨタのリコールが拡大しているようです。ようやくリーマンショックから立ち直ってきただけに、今回のリコール問題によって、トヨタが大打撃にならなければいいのですが。トヨタがこけると周辺の企業も影響が出てしまうので心配です。特に愛知県ではすぐにその波がきてしまいます。

 プロ野球キャンプも今日が解禁だったのですね。今年は高校生ルーキーの菊池雄星君に関心が集まっているようです。我が中日ドラゴンズは全く持って話題にもなっていないようです。そういうときにこそ逆にいい結果が出るのではとファン心理としては期待しています。とにかくジャイアンツの4連覇だけは阻止しなければなりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »