« 卒業研究発表会 | トップページ | 花粉が飛んでいる。入試関連。フィギアスケートへの期待。 »

2010年2月18日 (木)

他の研究室の卒論発表会を聞く。早くも内定。

 自分の研究室の発表が火曜日に終了し、昨日、今日は他の研究室の卒論発表会を聞きにいっています。昨日は、微生物関連の話、今日は食品機能関連の話ということで、この分野に関しては全くの専門外なので、聞いていて勉強になります。もちろん、学生さんの発表ですので物足りない部分もありますし、質問しても全くもってピンとはずれな返答や答えられないというケースもあり、困ってしまう部分もありますが、この2日間そこそこ楽しませてもらっています。
 微生物研究に関しては、目的の菌をスクリーニングするのは、日々の根気強さがいるのかなーと思います。従って、聞いていて、この学生さんはスクリーニングに対して強い思いを持って研究しているというのがすぐに分かります。そうでない学生さんは結果の出し方をみれば、かなりサボっているなーというのが分かってしまいますね。
 食品の機能性を解明する研究については、やはりどのような成分が食品に存在し、そのうちのどのような物質が生体内のどの場所で作用するのかというところを明確にしなければならないという点で難しい研究です。うちの研究室でもある機能性食品が細胞内シグナルのその部分で効いているのかを詳細に解析しようとしているので、その難しさが分かります。また、近年そういう研究も盛んに行われており競争も激しいので、大学レベルでは、企業ができないニッチな部分をどのように展開していくのかがポイントになるでしょう。
 今週始まった卒論研究発表会には、私のフレッシュマンゼミに属する2回生の学生さんも毎日熱心に聞きに来ています。大学院を目指しているということだったので、前もって声をかけて、全ての研究室の発表を聞いて自分なりにどういった分野の研究がしたいのかをイメージしておくといいと言っておきました。まだ、専門実験などやっていないので詳細な研究内容の理解は難しいようですが、4回生が分かりやすく研究発表をしているかどうか、また面白そうな研究は何なのかぐらいは聞いていて分かるようです。今日、いろいろと話していたら、今のところ全体的に分かりやすかった研究室は、うちの研究室だったようです。特に私がやっているプロテオミクス関連の研究発表で、質量分析でいとも簡単に電気泳動で流したタンパク質が同定できる実験についてはとても興味を持ったようです。またうちの研究室の発表では、研究目的がしっかりしているということで、他の研究室の発表に比べて分かりやすいとも言っていました。少しは、私に気を遣っている部分はあるかもしれませんが、そのように言ってくれるのはうれしいことです。

 今日は、うれしいことに3回生で既に企業から内定をもらったと報告してくれた学生さんがいました。幸先がいいです。まだ他の企業もねらうということなのでその調子でがんばって欲しいです。
 

|

« 卒業研究発表会 | トップページ | 花粉が飛んでいる。入試関連。フィギアスケートへの期待。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 他の研究室の卒論発表会を聞く。早くも内定。:

« 卒業研究発表会 | トップページ | 花粉が飛んでいる。入試関連。フィギアスケートへの期待。 »