« 卒論発表練習会。企業の統合は難しい。 | トップページ | 装置の修理。自己PRは難しい。 »

2010年2月11日 (木)

祝日は関係なし。

  今日の祝日は名古屋に帰らず大学で仕事していました。学生さんも、数人来ていて来週の卒論発表会のスライドを作っていました。昨日までに練習会を行った学生さんは、それぞれ指摘された点を参考にして、再度作り直しているようです。
 練習会の印象としては、最初はどうしても文字が多くなり、それをただ読んでいるだけということで、聞いている側からすると、スライドを見る意味がなくなるわけです。そうではなく、スライドを見ただけで、聞き手側が理解できるところまで作り上げなければならないでしょう。そのあたりは非常に難しいことですが、発表ギリギリまで追及してもらいたいです。
 一方で、数人の学生さんがまだ練習会をやっていないので、明日なんとか練習してもらわなければなりません。そもそもスライドが出来上がっているのか心配です。
 明日は、研究室内でドラマの撮影などもあるのでバタバタしそうです。

 

|

« 卒論発表練習会。企業の統合は難しい。 | トップページ | 装置の修理。自己PRは難しい。 »

コメント

ヤックスオヤジです。

私も社会人になってから「祝日は関係なし」・・そんな生活も間もなく22年。
土日休みが救いですが未だに慣れません。

学生さん最後の追い込み時期ですね。
22年前の今頃、自分も卒論発表の準備をしていたこと思い出しました。
パワーポイントのなかった時代、透明フィルムに原稿をコピーをしてOHPは手で差し替え・・・
何かと手間が掛かり、やり直しは一苦労、でも面倒がゆえに、きちんと考えて取り組んだ記憶があります。
発表はスーツ着用、フォーマルな形式でしたが、今はどうなのでしょうか?

投稿: | 2010年2月13日 (土) 08時28分

ヤックスオヤジさん

そうですね。昔は、卒論は手書きでしたし、発表はOHPに手書きあるいはブルースライドのための原稿を写真屋に出した、スライドができるのを1週間待ってたりしました。その時は、間違えがあったらショックで、今のように寸前までスライドを直せるのは夢のようでしたね。そういう意味では取り組み方が甘いのかもしれません。
今回の発表会では、スーツ着用ではなく、非常にオープンな雰囲気の発表会になりそうです。

投稿: Mamoru Matsubara | 2010年2月14日 (日) 01時09分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 祝日は関係なし。:

« 卒論発表練習会。企業の統合は難しい。 | トップページ | 装置の修理。自己PRは難しい。 »