« 在学生も大卒も就職活動。世論と政治家の温度差。 | トップページ | まだまだ残暑が厳しい。新聞で学力を伸ばす。君たちに伝えたい3つのこと。 »

2010年8月29日 (日)

名古屋でいろんなイベント。旧交を温める。

 今週末は、いつになく名古屋の人口密度が高かったようです。恒例になったにっぽんど真ん中祭りやSMAPのコンサート、元JUDY AND MARYのYUKIのコンサートなどがあり、帰りの新幹線構内は混んでいました。特にSMAPのコンサートの後は、必ずと言っていいほど、若い子からおばさんまで、SMAPと書いてあるかばんを持って動いているのですぐに分かります。名古屋開催なのに遠いところからわざわざ来ているようです。

 昨日は、約20年前に名古屋テレビ海外派遣学生として一緒にアメリカに行った仲間3人と会い、旧交を温めていました。たまたま東京で不動産会社を経営しているSYさんが名古屋に用事があるということだったので、新聞社に勤めているSDさんが声をかけてくれて、他に弁理士をやっているHさんにも声をかけて名古屋駅に集合。ランチをしてその後夕方までお茶をしながらいろんな話をしておりました。ほんと久しぶりに会ったので、当時の思い出話や今の仕事の話などで盛り上がっていました。
 名古屋テレビ海外派遣学生の企画は、当時、名古屋テレビが愛知、三重、岐阜県の大学生10人を約2ヶ月間アメリカに派遣してくれるという太っ腹なプロジェクトで、ちょうど我々は28期生でした。この海外派遣旅行は我々10人にとっては非常に思い出深く、それぞれの後の仕事観にもかなり影響を与えたものでした。今でもメンバーとはつながりを持っています。また、再来年はこの企画が始まって50周年を迎えるということで(30回でこの企画自体は終了)、我々の期に留まらず各世代にわたって今後つながりを広げていくような方向にもなっています。そういった意味でも、今後も一緒に行ったメンバーとは密な交流を持つことになるでしょう。それぞれが各分野で活躍しているのも心強いです。

|

« 在学生も大卒も就職活動。世論と政治家の温度差。 | トップページ | まだまだ残暑が厳しい。新聞で学力を伸ばす。君たちに伝えたい3つのこと。 »

コメント

松原先生 こんばんは。
この長引く不況の中、“にっぽんど真ん中祭り”は、元々、『学生や市民の自発的な発想と行動』から生まれたそうですね。
SMAPさん達のコンサートは誰が主催されたのでしょうかね?
兎に角、名古屋市民の方々は『頑張っておられるな~』って感じますね。
こういう“イベント”の経済効果って結構あると思いますよ。行政も全面的に協力するべきだと思います(多分、名古屋県警とか警備面で協力されていると思います)。

『約20年前に名古屋テレビ海外派遣学生として一緒にアメリカに行った仲間』なんて良いですね。しかも『それぞれが各分野で活躍しているのも心強い』ですよね。
そう言う“絆”で結ばれた仲間がいらっしゃるって、本当に羨ましいです。

だんだん“世知辛い”世の中、“荒れすさんだ”世の中に向かっているような気がしてなりませんけど、
武田信玄公の、
『人は城、人は石垣、人は堀。情けは味方、仇は敵なり(どれだけ城を堅固にしても、人の心が離れてしまったら世を治めることはできない。情けは人をつなぎとめ、結果として国を栄えさせるが、仇を増やせば国は滅びる)』
って、箴言が本当に実感されます。

投稿: Kouryuu | 2010年9月 1日 (水) 01時51分

Kouryuuさん

名古屋は最近、市長になった河村さんが議会との対決などで話題にもなっており、また開城400年ということで盛り上がりつつあります。
週末、京都から帰るときに名古屋駅を歩くときは前よりもなんとなく人が多くなったと感じます。
人との絆というのは、どの時代も大切だとされてきているんですよね。確かに、仇で返すようなことをしてしまうとそれで人間関係も終わってしまい、そのことで自分にとっても不利益になってしまいます。

投稿: Mamoru Matsubara | 2010年9月 1日 (水) 16時38分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名古屋でいろんなイベント。旧交を温める。:

« 在学生も大卒も就職活動。世論と政治家の温度差。 | トップページ | まだまだ残暑が厳しい。新聞で学力を伸ばす。君たちに伝えたい3つのこと。 »