« 入院でバタバタ。成績発表。研究室分属説明。 | トップページ | 学部懇親会の幹事。大学院生の情報交換会。 »

2010年9月14日 (火)

学生指導。菅さんが圧勝。

 1回生、2回生の成績発表があり、私が担当する学生さんが成績を見せに研究室に。思ったより良かったという学生さんも入れば、その逆の学生さんも。ある基準に達していない学生さんについては個別に指導していました。
 教務委員の仕事として2回生の学科説明会で学生さんに話をしました。2回生のこの時期は非常に大切な時期ということで、とにかく勉強してほしいと気合を入れておきました。あまりお説教じみた話にならないよう具体的な例を挙げながら学生さんのやる気を高めるように心掛けたので、秋学期も皆さんがんばってくれるでしょう。

 午後は、来週からの実習のための予備実験や、実験事務室の助手の方との打ち合わせも。あとは本番を待つだけです。

 民主党の代表選挙は菅さんが圧勝でした。党員サポーターの票差がかなりあったようです。国会議員の票はほぼ均衡していたようです。議員さんの考え方と国民の考え方とはどうしても違いが出てしまうようです。このあたりは、党内でのしがらみがある議員さんも多いのでしょう。いわゆる派閥の論理でしょうか。
ほぼ1ヶ月近く政治の空白を引き起こしたのですから、早急にこの国の方向性を示してとにかく日本を浮上させてもらいたいです。

|

« 入院でバタバタ。成績発表。研究室分属説明。 | トップページ | 学部懇親会の幹事。大学院生の情報交換会。 »

コメント

松原先生へ
“学生指導”ご苦労様です。
人を指導し、育てるのって難しいですよね。
わたしは『基本、本人の意志』だと思うんですよね。人間、本当に“やりたい事”があれば、人に言われなくてもやると思うし、それで良いと思っております。
でも、人間って、『自分が何をやりたいのか本当には解っていない』人が大多数ですよね。それに、その時々でやりたい事が変わったりする。
まあ、それはそれで、自然なことだと思うのですけど………。
ですから、指導はその人が何をやりたいのか気付かせて(引っ張り出して?)来てあげるのが“基本”だと思っています。
でも、人間って、放って置くと、
「何もやりたくない」って言うのが実際の所なのではとも思います。
そこに“エサ”が在ると思うから一所懸命走りもする………。

民主党の代表選挙、菅さんの圧勝でしたね。
少し意外な感じもしますが、実質、総理大臣を決める選挙(一般国民は参加出来ない!?)ですし、この国の『最高行政機関』を決定する選挙でもあった訳ですよね。
まあ、実際には、
『菅さんがなろうと、小沢さんがなろうと、この国の“官僚主導(支配)構造”は変わらない』でしょうケドね。
菅さんは、昔、厚生大臣だった頃は『反官僚』だったですけど、もう完全に財務省の手のひらの中ですね。だから、菅首相の下ではこの国は今まで通りに進んで行く(行ける所までですけど)だろうと思います(さすが厚厚生官僚よりも財務官僚ですね)。
小沢さんになった方が“官僚”はやりづらかったでしょうね(小沢さんの手法も、ひっかかる所は多々ありますけどね)。小沢さんの場合は、ダーティーなイメージがありますけど、それを言えば叩いてホコリの出ない人は、特に“権力”周辺では絶滅種だと思います。
それと、米国も小沢さんより菅さんの方が「何かとやりやすい」でしょうね。
『政治主導』と言うのであれば、少し小沢さんに分が有ると思ったのですけどね。
経済政策的には小沢さんの方が正解に近いと思っていました。
菅首相になったので、財務省は『消費税率アップを国民が(本当は民主党がですよね)承認した』と言うでしょうね。
そして、相変わらず、小出しの“金融政策”をするのでしょうね。
わたし的には、菅首相の政策では、日本丸は徐々に沈み続けると思えてなりませんけどね(なんせ菅さんは“経済音痴”。財務&日銀官僚は“確信犯”)。

投稿: Kouryuu | 2010年9月15日 (水) 02時22分

Kouryuuさん

学生指導は大変である一方で、やはり学生さんが育ってきたという実感をもったときはうれしいです。教育のよさを感じます。個人個人考え方が違うので、それぞれに合った教育をするのも難しいですが、トライするべき課題であるとも思います。

政治のほうは、とにかく選ばれた菅さんが死に物狂いで取り組んでもらうことに期待するしかありません。そうでなければ、またすぐに交代になってしまうのでしょう。

投稿: Mamoru Matsubara | 2010年9月16日 (木) 22時36分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 学生指導。菅さんが圧勝。:

« 入院でバタバタ。成績発表。研究室分属説明。 | トップページ | 学部懇親会の幹事。大学院生の情報交換会。 »