« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月30日 (土)

学園祭が始まる。

 今日から3日間大学祭ということで、昨日の午後から講義はありませんでした。明日、明後日は台風が心配ですがなんとか日程通りに行われることを願っています。
 うちの学部の学生さんが部活やサークルなどで模擬店を出しているため、彼らの売り上げに貢献ということでお昼は彼らの作ったものを中心に食べていました。焼きそばや、おでん、お団子、サンドイッチ、フランクフルト、唐揚げ、クリームシチューなど一人では食べきれないので、研究室の4回生らと一緒に食していました。さすがに夜までお腹がはっていました。
 うちの学部の学生さんが毎年育てたサツマイモを材料にした焼き芋やスイートポテトなども食べました。なかなかの味でした。新しく入った1回生もがんばっていたようなので、伝統が引き継がれているようです。
201010291304000

学園祭の目玉であるタレントさんは、日曜日に鶴瓶さんが来るようです。かなりの賑わいになるでしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月27日 (水)

細胞内シグナルの説明。新聞記事紹介。

 午前中は講義、午後は会議などで夕方まで忙しくしておりました。
1時間目の細胞生物学の講義は今日が6回目で、内容は自分の専門の細胞内シグナル伝達でした。いつもより学生さんに理解してもらいたい気持ちが働き、少し気合を入れて話しておりました。アニメーションファイルなどもいれながら、細胞内シグナルの複雑な仕組みをできるだけ分かりやすく説明したので、講義後に提出してもらった感想には面白かったと書いてくれた人が多かったです。細胞内シグナル伝達は、いわば分子の伝言ゲームなわけで、細胞外の情報(伝言)が、細胞の中、ひいては核内までどのような分子が(誰が)、どのように情報(伝言)を伝えていくかということです。その伝言の方法にはいろいろとありますが、今日はその代表的な仕組みについて話しました。ドラマ仕立てで細胞内シグナルの仕組みを話したのも良かったようです。
 2時間目は、フレッシュマンセミナーで、そこでは新聞記事の紹介をしてもらいました。この1週間で興味のあった新聞記事について5分程度でプレゼンしてもらいました。記事内容の要約やなぜその記事を選んだか、記事に対しての意見などです。今回が2回目ということもあり学生さんのスキルも上がってきたようです。選んだ記事も多岐に渡り、COP10がらみの生物多様性の問題や中国の問題、ノーベル賞の話題など議論するのにいい内容でした。それぞれの記事に対して学生さんらの意見も聞くことができて面白かったです。
 今後は、自分の興味あることをテーマにして調べてもらいます。最終的には発表会をする予定です。どこまで成長できるか楽しみです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月26日 (火)

実験発表会

 昨日、今日と遺伝子化学実験の発表会がありました。実験で行った11の課題について発表スライドを作成してもらい、班の代表者だけがしゃべるのではなく、班員全員に発表してもらいました。22班分の発表を行ったので、2日あわせて5時間くらいかかりました。学生さんも最後はかなり疲れていたようでした。司会をする私自身も大変でした。
 春学期にも生化学実験で行っていたので、学生さんのほうもかなり要領をつかんでいたようでした。ただ、プレゼンテーションが上手な学生さんがいる一方で、原稿の棒読みになっている学生さんもおりました。今後、今回のような発表もそうですが、就職の面接などにおいても自分の言葉で話すという訓練が必要でしょう。
 今日でようやく我々の研究室担当の3回生専門実験が終わりました。春学期の生化学実験、秋学期の遺伝子化学実験と合計40回もあり毎年大変ですが、一方でこれだけ学生さんと接していると、こちらもいろいろと勉強になることがあります。来年以降も問題あるところは改善してよりよい専門実験にしていければと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月24日 (日)

教育・就職相談会。申請書類で悩む。ドラゴンズ日本シリーズ進出!

 週末は名古屋に戻らず大学で仕事をしておりました。
昨日は、父母の会の教育・就職相談会があり、面談希望のあった2回生の学生さんのお母さんとお会いしました。勉強のことや部活、アルバイト、今後の就職のことなど40分近くお話しておりました。日頃見ていて分からない学生さんのことについて親御さんからお聞きするのは重要です。うちの大学では春と秋にこのような相談会があるので大変好評とのことです。来月は地方でもあるようです。春学期は鹿児島、福岡に相談会に行ったので、今回は地方に行く機会はないかもしれません。

 今日は、一日、科研費の申請書類を書いていました。ここ2年、不採択になっているのでなんとか採択されるように工夫をしなければなりません。不採択でも上位20%には入っているのでもう一ひねりが必要なのでしょうが、そこがなかなか難しいところです。結局今日中に全てを完成させることはできませんでした。学内の締切が29日なのでまだ時間はありますが、何とか2,3日中に採択されるような申請書類にしたいものです。

 中日ドラゴンズが昨日日本シリーズ進出を決めました。珍しくテレビで最後まで放送していたので、ドキドキしながら見ていました。劇的なサヨナラ勝ちでした。なかなか打てない打線でいらいらしましたが、最後は発散できました。これであとは日本シリーズに勝利して本当の意味での日本一になってもらいたいです。中日ーロッテということで全国的には盛り上がらない組み合わせのようですが、そんなネガティブなことは無視して我々中日ファンは盛り上がって応援します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月21日 (木)

モチベーション高い学生さん。

 1週間経つのが早いです。講義が終わったと思うと、すぐにまた次の講義が来ます。講義準備も前日ぎりぎりになってしまいます。昨日も今日の科学英語の日本語訳をチェックをしておりました。

 そんな中でも学生さんがいろいろと勉強している姿を見るとうれしくなります。今日は、実習終了後に来週の実験発表準備をしている3回生の多くが質問をしにきました。なかなか実験をやっている時は意識していないようで、課題を出して初めて理解することが多いようです。DNAシークエンスの原理がようやく分かったという学生さんもいました。春学期のN先生の講義で分かりやすく説明されているのですが。実験をやった後に勉強するのが一番理解できるのかもしれません。
 1回生の学生さんにも熱心な子がおり、夕方その実験に付き合っていました。シダ植物に興味があるようで、大学の近くの山からシダ植物をとってきて、その前葉体を培養していたようです。今日は、その前葉体をさらに寒天培地に植え継ぐ実験をしていました。シダ植物の本も自分で購入しているようで、かなり分類も出来つつあるようです。このように自分の興味をどんどんひろげてもらえればと思います。
いずれにしてもこのようにモチベーションの高い学生さんを見ると自分も気合が入ります。
昨日、大学のFD懇談会で、ある大学の先生が来て大学活性化の成果を話されていました。学生さんが元気な大学はそれにつられて教職員も意識が高まり活気ある大学になるとのこと。まさにそうだと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月19日 (火)

実習の実験最終日。研究室分属。

 3回生の遺伝子化学実習も今日で実験については終了しました。あとは、実習の片付けや実験結果の発表会だけです。9月中旬からほぼ1ヶ月、かなり時間的にタイトだったので、この実習が終われば少しは楽になります。ただ、10月末までに科研費申請の書類も作らなければなりませんし、学内の様々な案件処理があるのでまだまだ息抜きできないのが正直なところです。
 実習については、3回生の学生さんらが非常にがんばってくれて、結果的に最終目標であったオワンクラゲの光るタンパク質であるGFPを大腸菌で発現し、精製することができました。今日は、SDS-PAGEでその精製したGFPのバンドを見ましたが、ほとんどの班がきれいに精製でき、一本のバンドで見えていました。長い実験工程にも関わらず、しっかりとした結果を出すことができるようになったわけで、学生さんの実験技術もかなり上達したのではと思います。あとは、来週の実験結果発表会でのプレゼンを楽しみにしています。

 3回生の研究室分属も本日、最終結果が出ました。一つの研究室で定員オーバーになってしまったので調整が必要となるようですが、話し合いで今後の方向性も出たようなので、明日あたりには正式に配属先が決まるでしょう。うちの研究室は、最終的には定員人数ちょうどになったようです。どんな学生さんが来るのか楽しみです。
研究室分属では、3人の女学生が取りまとめ役をしてくれました。非常に上手にまとめ役の仕事をしてくれたので、問題なく事が進みました。彼女たちに感謝です。一人の学生さんは、今回こういうまとめ役をして勉強になったと言っておりました。彼女にとってもよい経験になったようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月15日 (金)

ついつい叱責を。ヤワラちゃん引退。

 風邪が流行っているようで、通常の講義や実習を休む学生さんがいつもより多い感じがします。私自身もこの2日間熱っぽい状態で実習をやっているので、少しつらい状況です。
この週末は、ゆっくりできそうもないので体調がひどくならないよう夜はいつもより早く寝ることにします。

 実習も少し慣れてくると学生さんも気が緩むのか、実験の待ち時間はおしゃべりタイムになってしまいます。おしゃべりですむのならまだしも、大学生らしくない行動などもあり、今日は少しカーッとなって怒ってしまいました。更に、再三、レポートの提出を求めているのにも関わらず、これまでの2回のレポートを提出せずほったらかしにしている学生さんもおり、その学生さんにはかなり強い口調でお説教をしてしまいました。怒るのも結構疲れますし、他の学生さんの視線もあるので、本来ならば避けたいところです。しかし、ほとんどの学生さんは、期限内にしっかりとレポートを提出している(中には徹夜もして)ので、やはりそのような怠慢な態度は許せません。しっかりとタイムマネージメントをして遅れないように課題を行うことが重要だと思います。社会人になって期限内に仕事ができなかったら大変なことになります。

 谷亮子さん(ヤワラちゃん)の柔道引退会見がありました。なんとなく予想されていたとはいえ、こういう形での引退は少し寂しいです。あれだけ柔道で華やかな道を築いてきたのだから、最後も政治の場ではなく、柔道の場での幕引きをしてもらったほうがヤワラちゃんらしかったです。政治家に利用されてしまったということで、少し同情はしますが、最終的には自分で決めた道なので、こうなったからにはスポーツの発展や女性目線での政治活動をして国民の期待に応えてもらいたいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月12日 (火)

3回生、修士1年生の就活が始まる。実習確認試験。

  2012年度春に就職する3回生や修士1年生の就職活動が始まっています。今日は、3月に卒業したO大の大学院生O君が研究室に顔を出していました。今後企業に提出することが多くなる学部の成績証明証などを取りに来たようです。ついでに今後の就職の話もしていました。明日からはある会社のインターンシップに3日間行くとのことです。悔いの残らない就職活動をしてもらいたいです。

 3回生も、専門実習の1時間を使ってキャリアサポートセンターの方が就職への取り組みについてアドバイスをしていました。今年就職が決まった4回生の実体験の話も聞き、いよいよ自分自身の就職への気持ちも高まってきたようです。今後、企業の説明会なども多くなるので、じっくりと企業研究して欲しいものです。
 
 実習は、実験の都合上今日は無く、代わりにこれまでの実習の確認試験を行いました。基本的には実験をしっかりやっていれば解ける問題を出したのですが、こういう試験の形式にすると皆さん難しく考えてしまうのか、思ったよりも出来が悪かったです。平均点80点くらいを期待していたのですが、ほぼ50点で、点数分布も平均点付近が多かったです。こちらの実習の指導法が悪い結果、理解できていないかもしれないので、そのあたりは検証が必要です。いずれにしてもそれぞれのプロトコールの意味をしっかりと考えてもらって実験をしてもらわなければなりません。大きな課題です。

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年10月11日 (月)

連休はテスト前。NHKもCOP10特集

 連休明けは娘が中学校の中間テストということで、行楽というわけにはいきませんでした。昨日、今日と昼は母親が入院している病院に行き少しお世話を。行ける時に顔を見せておかねば。少しずつ良くなっているようですが、まだまだ歩くのには時間がかかるかもしれません。焦らないことです。
 今日から名古屋では、COP10が始まっており、NHKなどでも朝からかなりこの会議の中継に力を入れていました。生物多様性とはから始まり、夜のNHKスペシャルでは、「夢の新薬が作れないー生物資源をめぐる闘いー」が放送され、地球が育む生物資源の利益配分について、先進国と発展途上国の対立について描かれていました。バイオパイラシー(生物資源を海賊のように盗む行為)という言葉も生まれているようです。
 この会議でこれらの問題が解決できるのか注目されます。ただ、この会議、アメリカは参加していないようです。(オブザーバーとしては参加しているようですが) 以前、京都で行われた地球温暖化防止会議にもアメリカは参加していなかったのと同じです。本当に意味のある議定書になるのか疑問です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 9日 (土)

実習は後半戦。研究室の飲み会

実習のほうはようやく後半戦へ。PCRで増やしたオワンクラゲのGFP遺伝子をGST融合型タンパク質を発現するベクターにサブクローニングしました。昨日は、実際に遺伝子が挿入されたかどうかをコロニーPCRで確かめました。コロニーPCRの結果、100発100中の班もいれば、全く当たらなかった班もありました。実験工程が長いので、やはり実験の得手不得手が出てしまうのでしょう。プロトコールに忠実に行っている班は、しっかりとした結果が出ているようです。
 来週は、いよいよDNAのシークエンシングやGST融合タンパク質を大腸菌で発現します。もう一息です。発表会やレポート作成もあるので学生さんにとっては息の抜けない毎日が続きます。

 昨日は、実習が早く終わる予定だったので、研究室の懇親会がありました。近くの駅で久しぶりに集まり盛り上がっていました。4回生にとっては、卒論に向けての景気づけになったのではないでしょうか。3回生の専門実験が終われば私自身も卒論生をしっかりと指導できるようになります。それにしても若者が大勢集まって飲み会をするといろんな面白い話が聞けます。違った意味でいろいろと勉強になります。

 他にも大学の仕事がてんこ盛りでなかなかゆっくりと出来ませんが、ひとまず名古屋に帰り母親の見舞いや娘の中間テスト勉強のサポートもしなければなりません。今から新幹線に乗ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 6日 (水)

忙しい水曜日。ノーベル化学賞。

 今日は、朝から夜まで講義、会議で休む暇がありませんでした。会議が終わったのは午後7時半で、その後、明日の実習の準備や講義の準備をしておりました。
 そんな中、先ほどニュースを見ていたら北大の名誉教授の鈴木先生がノーベル化学賞を受賞したことを知りました。有機化学の分野なのであまり詳しくはありませんが、名前は存じ上げていました。「鈴木カップリング」という反応を大学時代に習ったかどうかは忘れましたが、調べてみると確かに非常に意義ある反応です。有機化学というのはいかに容易にコスト安く反応を引き起こすというのが重要ですし、うまく反応を組み立てれば無限の化合物を合成できる可能性があります。
 最近のノーベル賞化学賞はどちらかというと生物系の分野が多かっただけに、今回の有機化学系分野の受賞は化学賞らしいと思いました。日本のこの分野の層の厚さにも驚かされます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月 4日 (月)

卒業生来訪。ノーベル賞週間。

 午前中は、科学英語IVの講義。テキストをひたすら英訳させていました。薬剤耐性菌のお話ということで、つい最近も日本で薬剤耐性菌の問題があったので学生さんも興味を持てる内容でしょう。
 午後の実習が始まる前に研究室にいると、卒業生のFさんとTさんが顔を見せに。彼女等はうちの研究室出身ではありませんが、それなりによく話していたので挨拶に来てくれました。Fさんは食品会社に就職して、来週からは商品企画のほうに配属されるようです。Tさんは、東京に出て自分の夢を実現すべくがんばっているようです。そのうち有名になったらサインでももらわなければ。2人とも自分がやりたいことをしているので生き生きとしておりました。こうやって卒業後も大学に来て元気な姿を見せてくれるのはうれしいことです。

 今週はノーベル賞の発表週間です。今日はノーベル医学生理学賞の発表ということで、事前予想だとiPS細胞の山中先生も候補に挙がっていましたが、残念ながら今年は受賞できませんでした。やはりまだ発見されてまもないということもあるのでしょう。いずれにせよ近いうちに受賞するのは間違いないでしょう。今年は、体外受精技術の開発を行ったロバート・エドワーズ博士が受賞されたということで、かなり臨床に近い技術が対象になりました。1978年に初めて試験管ベビーが誕生して以来、確かにこの技術により不妊治療の重要性が高まりました。一方で、試験管レベルで生命の操作ができるという倫理的な問題も起きましたが、画期的な技術というのはいつもそういう問題に直面します。この技術により一度は子供を諦めていた人たちが子供を持てるようになったということでは、まさにノーベル賞に値するものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月 3日 (日)

今年は名古屋の当たり年

土曜日の午前中は、月曜日の実習や講義の準備などをしておりました。
午後は、名古屋に戻り母親の見舞いに。まだ歩けるのには時間がかかるようです。寝たきりになってしまっては大変なのでリハビリをがんばってもらわねば。

 金曜日にドラゴンズが優勝したこともあり街中はバーゲンやらテレビでは特別番組などで盛り上がっていました。関西だとほとんどやっていなかったので、少し安心しました。名古屋に戻った時は名古屋駅で思わず中日スポーツを記念で買ってしまいました。次はクライマックスに買ってもらって、日本シリーズです。まだまだ野球を楽しめます。サッカーもグランパスが優勝しそうなので、今年は名古屋の当たり年になりそうです。名古屋開城400周年でもありますし(名古屋祭りももうすぐです)、生物多様性条約会議(COP10)もこの10月にあるということで、ここしばらくは街中も盛り上がりが続きそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »